切り株を引っこ抜くのにチェーンブロック使った2017/09/30

切り株を引っこ抜くのにチェーンブロック使った2017/09/30

田舎暮らし植木の切り株2本をを引っこ抜くのに三週間ほどかかりました。
切り株の周囲を50cmほど、深さも30cm-50cmほど掘りました。根っこが邪魔でなかなか進みませんし、暑くてバテ気味で30分も作業すると腰が痛くなってしまい少しずつしか進みませんでした。

重機を入れるスペースもなく、お金もそんなにかけたくないので、
結局はチェーンブロックを使ってやっと切り株を地面から抜く事が出来ました。
チェーンブロックと支柱を揃えたり鉄のワイヤーとかでもろもろで約2万円ほどかかりました。

切り株を撤去する手順として
切り株の周囲に穴を掘り根っこを切断します
これで切り株が抜ければおk
しかし全く動かないときはチェーンブロックか切り株にワイヤーかロープを巻きつけて車で引っこ抜く

今回はチェーンブロックを使いました。根っこを持ち上げつつ、残っている根を電動ノコギリで切断していきます。
今後は、切り株を引っこ抜く前に、除草剤で切り株を枯らしてから抜こうと思いますそのほうが根っこを切断しやすいかもしれません。

チェーンブロックの足場が柔らかいと支柱がめり込んでいくので傾いたりして倒れる危険があるので注意が必要です。

ユーチューブでみると、重機を使ってもなかなか根っこを掘り起こすことはできないみたいです。
スムーズに切り株を撤去するには、切り株の周囲を掘って根っこを切断して、切り株本体を掘り起こしたり摘んで抜くというのが良さそうです。手間はかかりますが、そのほうが確実みたいでした。
切り株を直接抜こうとしたり、根っこを全部の揺さぶっても一向に撤去できていませんでした。
切り株を引っこ抜くかドリルや円盤の切除を使った専用の重機なら5分ー10分程度で終わるみたいです。
専用の重機はたぶん限られているでしょうし、日本ではレンタルすら無いでしょうね。

これから20本くらい引っこ抜かなくては

ほうれん草の種をポッドにまく 1日目

以前、春まきのほうれん草を畑にまいたところ、ぜんぜんそだたなくて失敗したので今回はポッドに入れてある程度育ってから畑に植えなおそうと思います。

こちらの記事もどうぞ