ニューiPad(3)は最初の3日間で100万台以上販売、PSVitaの初週販売台数は約32万台。ゲーム機よりも売れる情報端末

ニューiPadは最初の3日間で100万台以上販売、PSVitaの初週販売台数は約32万台。ゲーム機よりも売れる情報端末

3月16日、アイパッド3に相当するニューアイパッドThe new iPadが発売された。
そして、販売台数は、3日間で100万台を突破し、300万台をさらに越えたらしい。

通常、PCとかの情報端末はそれほどは売れない。使うことがあまりないから。たいして機能的に変わらなかったりするから。値段が高いから。

しかし、ニューアイパッドは、アイパッド2と解像度の性能くらいしか変わらないのに、これだけうれている。
グラフィックチップが4倍の性能を持っていても、画像を表示する程度ならアイパッド2でもアイパッド1でも同じである。
にもかかわらず、これほど人気があるのは不思議。
ネガティブキャンペーンを展開したブログ記事もあったが、逆に宣伝になってしまったようである。

一方、ソニーのVitaゲーム機は、携帯ゲーム機としてはかなりの高機能を持つゲーム機であるのにかかわらず、売れていない様子。
この差はなんだろうか。
ゲーム機で遊ぶ人がいないわけではない。携帯電話で遊ぶ人が多くなったからか。
それならニューアイパッドだって売れていないはず。

新型iPad販売、300万台を突破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120320-00000166-yom-bus_all

こちらの記事もどうぞ