今日買った漫画バクマン。10巻、編集会議で多数決

今日買った漫画バクマン。10巻、初めて読みました。

とりあえず、十巻から読み始めました。
二十巻で完結というので。その中間くらいから読めば面白さが中間かなと。

感想、
文章、セリフ多すぎて読むのが結構大変なんですね。

これが人気?だったとは思えませんね。でも二十巻まで続いているので人気はあったのでしょう。

少年ジャンプは小学生、中学生がターゲットなので、この層はあまり読んでないのではないのかな。たぶん、漫画を目指したいと思っている人か、社会人に人気だったのかなと思います。
漫画好きな方でも、かなり読むのに苦労します。

ワンピースもセリフが多くて読むのに大変と思っていますので、この漫画家裏話は。興味がない人にとっては、つまらないお話です。

結構、リアルなジャンプ編集部の動向らしいという評判と噂を知りつつよみました。

20120901-133615.jpg

その後の感想
前回の感想で、バクマン。がつまらないと感想を述べました。
その後、最終巻まで読んでみると、この10巻の前後のお話のつながり、人間関係がわからなかったので、バクマン。がつまらないと思いこんでいたようです。
吉田氏と平丸先生のやりとりが面白かったです。藤子不二雄先生のまんが道とは登場人物が異なる点でもおもしろかったです。藤子不二雄先生のまんが道は基本的に、自分が主体で、編集側がどのような基準でマンガを採用しているのかあまり登場せずに、多くの漫画家が登場する点で面白かったと思います。



バクマン。漫画家への道、少年ジャンプは友情と努力一覧

  1. バクマン。1巻から9巻の感想


  2. 今日買った漫画バクマン。10巻、編集会議で多数決 

  3. バクマン11巻感想ネタバレ、タイトルとキャラデザ、最高と秋人、亜城木夢叶(あしろぎむと)は新妻エイジに勝つためにシリーズもので勝負
  4. <バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、/a>あらすじ感想ネタバレ、平丸のプロポーズ、アニメ化決定、最高と亜豆プロポーズ、編集吉田氏「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」

こちらの記事もどうぞ