cocos2dのちょっと知っておくと便利なコマンド、コード、手法

cocos2dのちょっと知っておくと便利なコマンド、コード、手法
ver2.0です。
iOS 6
(1)画像を何度も読み込まずにメモリに確保して、必要な領域をCCSpriteに格納する場合

UIImage *img_all =[UIImage imageNamed:@”fruites_256by256pixel_50p-hd.png”];
CGImageRef imageRefAll=[img_all CGImage];
fruitsTexture=[[CCTexture2D alloc]initWithCGImage:imageRefAll
resolutionType:kCCResolutioniPhoneRetinaDisplay];
そして、CCSprite tmpSpriteにテクスチャ画像を格納します。
tmpSprite=[CCSprite spriteWithTexture:fruitsTexture rect:CGRectMake(0,0,25,25)];
画像サイズは、2の乗数であれば無駄なメモリを使いません。
たとえば 256*256とか、64*256サイズとかにして画像を作成します。

(2)CCSpriteの画像サイズを幅、高さを取得したいとき
testSpriteはCCSpriteで、すでにtexture画像が格納されている状態とします。

CGSize size=[testSprite texture].contentSize;//spriteの幅、高さを取得できる。size.height とか

こちらの記事もどうぞ