iPhoneアプリ開発、cocos2dの今日のエラーや失敗、addChildの設定場所は考えて

iPhoneアプリ開発、cocos2dの今日のエラーや失敗、addChildの設定場所は考えて

・エラー、失敗
エラーや警告、クラッシュは無いのに、スプライトが増え続けて、フレームレートが低下する。

・スプライトが意味不明に増加する原因
addChildをループ文に記載し、スプライトが増え続けました。記載場所のミスと、removeの場所の検討ミス

・事例
CCSpriteで、スプライトを設定します。
そして addChildに加えることで、画面に表示されるわけですが、アプリ起動中の短期間の表示として使用する場合、ヘッダファイルに変数を記載せずに、ローカル変数とCCSpriteを登録することがあります。

このとき、ループ中に
addChild
を記載して、
いくつもスプライトが重複して登録されて、

removeChild(?だっけ)は入れていましたが、60回追加されるのに対して、削除は1回だけ。当然スプライトが増え続けるわけです。

addChildを設定するときは、きちんとremoveする、削除する場所を考えて設定しましょう。

こちらの記事もどうぞ