海外ニュース、判事はグーグルに顧客データをFBIに渡すよう命令した、サンフランシスコ、カリフォルニア州|インディアナ大学の生徒、ローレン・スパイアーさんの失踪のミステリー 

インディアナ大学の生徒、ローレン・スパイアーさんの失踪のミステリー 

2年後、インディアナ大学の生徒、ローレン・スパイアーさんの失踪のミステリー
Two years later, mystery surrounds disappearance of Indiana University student Lauren Spierer
http://www.foxnews.com/us/2013/06/01/two-years-later-mystery-surrounds-disappearance-indiana-university-student/?test=latestnews

2年前の夜、大学2年生のローレン・スパイアーさんは大学のパーティーへ出かけました。

数時間後、行方不明となった20歳のスパイア−さんが失踪して2年目、彼女の身に何が起こったのかという質問と同じくらい疑問の残る2011年6月3日が、彼女が行方不明となった日です。

当局の話で有力な説が二つあります。一つは、彼女がアパートに帰る途中で誘拐された説。もう一つは、アパートで彼女が死に、死体が処理された説。

元FBIのマイク・ハーキンスさんは、よそ者が誘拐するのは非常にまれなケースで、警察に知られないように死体を処理するのは非常に難しいと話します。

よそ者の誘拐は、あまりなく、彼らは突然実行し、突然起こるものですが、起こりえない。
そして、死体の処理が難しいし個人の消息を絶つことはできないでしょうと話しました。

Rob and Charlene Spierer, the young woman’s parents, said their daughter is likely dead and suspect the male students last seen with her have knowledge of what happened to her.
ロブ・スパイア−、シャローン・スパイア−は彼女の両親で、娘は死んでいるかもしれない。彼女に何が起こったのかを知る男性を疑っていると話しました。(suspectは、複数形現在で、主語を両親にしました。それは、時制がisなので、suspectも現在となるからです。)

私は疑念があるとロブさんは話します。

ジョイ・ローゼンバーム、ミイク・ベス、コーレイ・ロスマンは、生前の彼女を見た人物たちです。ロスマンは、その夜に何が起こったのかを覚えていないと主張し、監視カメラと目撃者によって、確実に立っていられない彼女を人気のあるところから彼女のアパートへ向かう姿が目撃されています。

スパイア−さんはロスマンとつきあっており、彼女は1週間に1回インディアナポリス500で会い、バーへ歩いてAM1:46に向かいました。スパイア−さんは、アルコールを飲める年齢ではなく、若い人のたまり場、砂場のある砂浜みたいなところにAM2:27ごろいました。スパイア−さんは彼女がクツを履いていないのが、監視カメラで確認されており、ロスマンと一緒に写っていました。

アパートには、ロスマンとザッカリー・オークスとの口論があり、オークスがロスマンを殴ったそうです。けんかの原因は不明ですが、スパイア−さんは、オークスと他の人がロスマンに酔った女性を彼女の部屋へ連れてくるよう命令したと彼らに言われたと話しました。怒りの言葉が飛び交いました。

(登場人物が多くなりそうなので、訳はここまで)

判事は、グーグルに顧客データをFBIに渡すよう命令した、サンフランシスコ、カリフォルニア州 

 世界の国々に自国の軍隊を配備していながら右翼のアメリカといわれることのないアメリカ。左翼が中心の日本であるのに、右翼に傾いていると言われる日本。いったいなにをもって右翼とするのかわからない世界情勢です。
 世界中を戦争で弾圧支配しようとするアメリカですが、日本でアメリカが右翼と呼ばれることはなく、第二次大戦後に近隣に対して小競り合いをしていない左翼の平和の日本が、安倍内閣になって右翼に傾いたとされる不思議な情勢となっています。中国やインド、パキスタン、中東アジアは軍隊による小競り合いが続き、軍部によって国民を支配しているのに、どこの国もその国や中国が右翼になったとは言いません。すでに右翼だからですね。日本は、どこの国とも戦争を仕掛けていないのに、なぜか右翼になったと言われている。不思議でなりません。

 アメリカであっても企業の文書を強制的に閲覧できる時代となってきました。愛国者法です。海外ドラマの24でもたまに登場する愛国者法です。自国の安全が守られるならば、個人の尊厳、プライバシー、場合によっては市民の命すら無視しても構わない法律で、国家危機に瀕した場合に適用されるようです。ドラマで出てきたような過激な行動が、個人のプライバシーを憲法で保護する国アメリカでも適用されるようになってきました。
 まさに、海外ドラマのパーソンオブインタレストのようなあらゆる個人情報、電話記録、銀行、保険情報を盗聴し、事件を未然に察知するための動きが活発になってきているように思います。
 
 グーグル関連モトエックス(MOTO X)

 以下、翻訳です。

判事は、グーグルに顧客データをFBIに渡すよう命令した、サンフランシスコ、カリフォルニア州
Judge orders Google to turn over customer data to FBI

連邦判事は、グーグルは、FBIの令状無しの顧客データの引き渡しの要求に従うよう指示し、
rejecting the company’s argument that the government’s practice of issuing so-called national security letters to telecommunication companies, Internet service providers, banks and others was unconstitutional and unnecessary.(訳せません)
国家機密文書といわれる政府の手続き
電話会社、インターネットサービスプロバイダー、銀行その他は、会社の同意が必要
違法で不要とする点について却下しました。
()

FBI対テロ対策捜査官は、秘密文書の発行を開始し、判事の承認が不要です。2001年9月11日の事件による愛国者法が議会を通過しました。

文書については、制限がなく、個人情報、財務情報、電話記録、政府に対する不満も含まれ、国家安全の名の下に集められます。
グーグルのたくさんのサービス、例えば、サーチエンジンやGmailアプリケーションは何百万という人々の日々の習慣となっています。

金曜日を含む5月20付け規則では、連邦地裁判事スーザン・イルストンは、グーグルにFBIの要求に従うよう命令しました。

彼女は、第9回目の控訴裁判で決定するまで、保留しました。

カリフォルニアを基盤とする会社は、 FBIが正しい手順に従っていない限り、グーグルが異議を申し立てた19枚の文書に記載された顧客データの要求について従わねばならないと述べました。
二人のFBIトップ幹部から宣誓供述を受け取り、彼女は、19枚の文書のうち17枚が発行されたことに満足しました。

政府がどのような種類の文書を得ようとしているのか判事の判断が不明確でした。また、政府が誰を標的にしようとしているのかも不明確です。

電子フロンティア財団によって文書が持ち込まれたいくつかの事件について彼女が決定した後、サンフランシスコと基盤とするイルストンの決定は、数ヶ月経過しました。

彼女は、3月にFBIの要求を決定しました。それは、受信者が誰か(顧客を含む)に電話をするのをやめるよう命じること、つまり、彼らが自由に演説する権利が違法とする文書を受け取りました。(訳がむずかしい。)

財団の弁護士、カート・オブサーは、グーグルのケースの文書の合憲性に基づいた裁判所の規則以前に多くの日数が費やされていると話しました。
私たちは、失望しました。
これらの文書の違法性を宣言した同じ判事は、現在文書の遵守を要求しています。
イルストンの5月20日の指令は、グーグルのいくつの言及を除外し、その手続きは、公衆に閲覧できません。
判事は、ニューヨークの裁判所で、4月22日に、申立人がややこしい事件に巻き込まれたと話しました。

公記録では、連邦政府が、グーグルに対して、国家機密文書を強制するための訴訟を申し立てました。企業が政府の要求する協力を拒否した後のことです。

グーグルは、イルストンの決定にまだ抗議しています。グーグルは、金曜日にコメントを拒否しました。

2007年に司法省の検察官は、FBIの文書の中から拡大解釈された違反を発見しました。その中には、正式な手続きをしなかったものや緊急性ではない情報を含みました。FBIはシステムの監視を強化しています。

最近の資料によれば、FBIは、2011年に、7021人に対して、16511部に及ぶ国家機密文書の情報を要求しました。

こちらの記事もどうぞ