海外ニュース、火星探査機が、火星のネズミを発見か?(ゴシップ?)|円相場は1ドル=96円台前半まで上昇|汗をかくとアトピー性皮膚炎が悪化するのは

火星探査機が、火星のネズミを発見か?(ゴシップ?) 

Curiosity Rover leaving ‘Mars rat’ behind

NASAの火星探査機がねずみのような動物にみえる赤い惑星の岩の研究に注目しないことで、火星の哺乳動物学の発生分野に風を吹き込みました。

火星のネズミ(Mars Rat、マーズラット)と呼ばれ、後にインターネットで高い注目を集め、何人かのUFOマニアは、土着の火星生物であると主張したり、秘密の実験により、地球から火星に持ち込まれたものだと騒いだりしました。

興味を持った科学者は、2012年9月に撮影された写真を引き伸ばし、まだら模様からして、火星のネズミが岩であると認めました。

天候による化学的な変化によって形状が変化した岩でした。
そこで、火星のネズミを調査しようとするモチベーションは大きくありません。石化したネズミから遠く離れたところから撮影する実験が始まりました。
1トンもあるロボットは、山のふもとに移動し、この山は、5.5Kmの高さがあります。

3つの作業を終えた後で、壮大な旅を始めます。探査機は、異なる岩盤の水素の含有について調査し、ある地点の周辺を調査します。

探査機が撮影した、岩の中にネズミやトカゲなどの認識される形状を人々がみて楽しんでくれたことが興味深いと科学者は話します。
でも、そのような主張は、パレイドリアと呼ばれる心理現象の結果です。人間の脳が、ランダムな画像から似たようなものを想像します。

そのような現象は面白いもので、公衆の興味を引きつけ、火星について少しでも知ってもらえるきっかけになります。

円相場は1ドル=96円台前半まで上昇 

突然の円高に変わり、FX参加者が、青色吐息となったみたいです。実際、一気に円安が進行すると予想する人は多かったはずであり、突然の円高は、なにか別の動きを知って動いたものなのでしょうか?
一番に考えられるのは、ドルと円の2つの貨幣価値のうち、ドルが世界市場を席巻していますが、いったんドルを捨てて、円を一時的に保持して様子を見ようという動きがあります。円は基本的に日本でしか使えない通貨ですが、世界に向けて日本技術、製品が広まっており、日本製の自動車は有名です。また、日本は経済が不景気、低迷している経済と言われますが、アジアの中では、中国、韓国と比べて、不安材料は少ないことがあげられます。
 そのため、いったんドルを売って、円を買い、円高が進行したみたいです。このような動きは長くは続かず、すぐに円安へと舵が取られることになるでしょう。
 
円高進行で全面安=東京株、一時300円超下落-円は96円台前半に上昇

「円相場は1ドル=96円台前半まで上昇した。東京市場で96円台を付けるのは4月16日以来、約1カ月半ぶり。正午現在は96円54~54銭と前日比2円72銭の円高・ドル安。」

汗をかくとアトピー性皮膚炎が悪化するのは 

私は小麦アレルギーがあって、汗をかくと皮膚が炎症を起こして、じんましんが発生し、かゆくなったりします。
一度汗をかくとその後の発症は少ないのですが、最初の一回目がひどいときは腕が赤くはれ上がったようになりまるで蚊に刺されたようにふくれあがります。
今回のカビが皮膚に付着して、それが原因になっているという記事を見て、手だけを洗うのではなくて、腕全体を洗うようにしてみようと思いました。
カビとかハウスダスト腕から洗い流すことで、炎症を抑えることができるかもしれません。
汗でアトピー悪化の原因を特定か

「汗をかくとアトピー性皮膚炎が悪化するのは、皮膚に付着したカビの作るたんぱく質がアレルギーを引き起こすためだ、とする研究結果を広島大学のグループがまとめました。」

こちらの記事もどうぞ