海外ニュース(翻訳)、交通監視カメラが、オハイオ州の小さな村で突然中止 |月の軌道内に隕石が飛んでくる

交通監視カメラが、オハイオ州の小さな村で突然中止 

Red light: Traffic cameras bring Ohio town to screeching halt
Read more:

ドライバーが嫌い、地方の経理担当者が好む交通監視カメラが、オハイオ州の小さな村で突然中止されました。

エルムウッド地方で、6人の村の議員のうち4人が監視カメラの証拠による違反がもとで辞職させられました。(訳としては、「辞職した」としたほうがよいのかもしれません)

その装置は、シンシナティの小さな都市部にとって$2 million(2百万ドル)近くも利益を生み、怒った運転手と店主は、エルムウッドがゴーストタウンになってしまうと不平を言いました。

3分の2の議員がいなくなり、定数に届かない事態となりました。
議員ジェラルド・ロバートソンさんは、
「いったいどうなることやら、どうしたらよいかわからないよ」
と話します。

孤立していたエルムウッドが国民的議論へと変わりました。全国の市や町は、個人企業で働き、スピード違反や信号無視をとらえる監視カメラが設置されています。それらは、アメリカ交通改革とレッドフレックス交通システムのような会社のために利益を上げるものとなっています。
ワシントンポストでは、コロンビア特別区は違反チケットで、会計年度$84.9 millionを集めました。そのうち$29.5 millionが監視カメラによるスピード違反チケットの罰金です。

不平を言うのはドライバーだけではなく、地方の購買者たちも地方での買い物を避ける傾向にあると不平を話しています。

弁護士のマイク・アレンさんは、エルムウッドで反撃しようとしています。
空の中の監視によって罰金を払った人のために、街に対して、訴訟を申し立てました。

私たちは、罰金を取り戻します。とアレンさんは話します。村がしたことは憲法違反です。

議員のロバートソンさんは、混乱していると話しました。
現在新しい二人の議員が選ばれ、辞職した二人の議員が復職しました。このまま彼ら続けるかどうかはよくわかりませんと話します。
健康問題が理由で二人の議員が辞職を申し出ています。でもロバートソン議員は、彼らの決定により規則をもてあそぶことは公衆が抗議すると信じています。(訳としてよくわかりません。)

月の軌道内に隕石が飛んでくる 

月の軌道内に隕石が飛んでくる
Asteroid to fly within moon’s orbit: watch it live today
Read more:
小さな隕石が地球と月の間の距離で通り抜けていくのを、観察できるでしょう。

この隕石は、2013LR6と呼ばれ、16−53フィートの幅で地球に衝突する危険はありません。この隕石を見ることができます。

安全な距離でこの天体ショーを見ることができるんです。天文学者は説明してくれました。

地球表面から3.6 million miles以内の距離で私たちの惑星を取り過ぎていった隕石1998 QE2を9席のクルーズ船に置き換えたサイズです。

2013年は、地球に近づくものが多い年です。2月には、地球から17,200 milesの距離でフットボール球場の大きさのアステロイドが接近しました。関係のない事件で、数百の人々がケガをしました。

こちらの記事もどうぞ