海外ニュース(翻訳)、マイケルJフォックスがファミリータイズの制作者グレー・デービッド・ゴールドバーグの死を悼む|バニービジネス、プレイボーイはヘブライ版の限界を押し広げる|アン・ハサウェイが憎たらしい映画?うっとおしい映画に出演?Lifeboatライフボート

バニービジネス、プレイボーイはヘブライ版の限界を押し広げる 

 プレイボーイ最近見てませんね。グラビアが一般化して、インターネットできれいなお姉さんをいつでも見ることができる時代に雑誌のグラビアが男性の興味を引く材料にならなくなりました。
 それでもやっぱり紙の印刷されたものが良いときがありますので、インターネットやパソコン、スマートフォンがどれだけ発達しても印刷媒体はなくならないのでしょう。
 
Bunny business: Playboy hopes to push boundaries with Hebrew edition

プレイボーイマガジンはヘブライ版のプレイボーイをイスラエルで出版しました。しかし、誰か本当にその記事に気づいて読んでいるのでしょうか?

イスラエルのモデルであるナタリー・ダダンさんを起用して3ヶ月前に出版しました。ヘブライ版プレイボーイです。イスラエルも現代国家の一員に参加するときが来ました。プレイボーイは現代文化のグローバルの一部です。ダン・ポメランツさんはそう話します。彼はシカゴからイスラエルに15ヶ月前に移住しました。

イスラエルではこのブランドは非常に人気があり、ヘブライ語の雑誌は、市場全体に行き渡ります。それに対して英語版は本当にニッチな商品です。

新聞売り場でヒットする3番目の論点について、ポメランツさんは次のように主張します。講習は雑誌の内容に満足するようになり、効果的な広告、インタビュー記事、プレイボーイバニーたちにより興味を持ち、雑誌のウェブサイトはモデルたちが登場します。

私たちに否定的な反応はありません。保守的な人や伝統派の人はこのような本を見ることをいやがることを知っています。

当初の計画はこのような大人向けの雑誌がイスラエルで大きな争点になることなのです。

ガリ・アルビンさん1989年にペントハウスマガジンを紹介した出版者で、そのタイトルを発売する以前の情熱的な11ヶ月を覚えています。宗教グループによる反応はすさまじいもので出版記者は放火で脅されました。

簡単なことではありません。プレイボーイに幸運があるのことを祈ります。彼らは勇敢です。イスラエルはオープンですが雑誌についてはNOです。
アルビンさんは興奮が起こるような市場のしかけをしたいと思っていますが、雑誌を紹介するには、リベラルな人や保守的な社会を味方につける必要があります。

何人かの人は、ヘブライ版プレイボーイを読むことが政治的発言をするように見られると信じています。

プレイボーイは特別な主張をしています。ヒューゴ・シュワイザーさんは話します。ジェンダー研究をしているアメリカの作者でコメンテーターです。それ雑誌は政治的なものではありませんが、快楽と性的なものと女性の権利を主張していることが政治的なものにあたります。他の国では政治的な意味がなくてもイスラエルでは、密接に政治的なつながりがあるものとなります。

しかしながら、イスラエルにも自由主義の人はいて、ヘブライ版プレイボーイが過去の遺物を振り払うと思っています。

女性の服を着ていない体が見たければ、インターネットがあると話すのは、サラ・ツートルシンガーさんイスラエルのタイムのブロガーです。

私は大騒ぎを見ていません(雑誌が発売されたとき)。もし彼らが興味を持っていたなら、ショールを身につけた女性を見るべきです。ショールだけの、コテルの前に立つ女性を。
それはスキャンダルなことで議論すべきことでしょう。少なくとも私たちは見たことがありませんでした。その記事に良いことが書かれていない限り、私は興味を持たないでしょう。ヘブライ版フェースブックにはたった5800のいいねがあっただけでした。

出版側について、雑誌が発売されたとき非常によく知られたブランドでしたがビジネスのリスクがありました。彼らが欲しいものを探すときにはインターネットを使います。それもただで。

私たちは自分たちを雑誌出版会社とは見ていません。ポメランツさんは話します。高い質であることは認めます。ウェブも公開し私たちはまじめにやっていることを示したいのです。

ビジネスの見地から言えば、出版に関するビジネスは下降線をたどっています。実際にプレイボーイのロゴは雑誌に印刷されたものよりも、洋服、宝石、かばん、コンドームの方がよくみかけます(要約)。

ポメランツさんは、印刷物と議論のあるコンテンツは、雑誌の可能性を押し広げられると期待しています。ウェブサイトやフェースブックでイスラエルに住むアラブ人やパレスチナ人のフォローを得ています。私たちは、アラブのマーケットに向けて特別なコンテンツと共に前進していきます。私たちはできる限り、後押ししたい本当の興味あることを知りたいと思っています。

アン・ハサウェイが憎たらしい映画、うっとおしい映画に出演?Lifeboatライフボート 

ANNE HATHAWAY IS MAKING THE MOST ANNOYING MOVIE EVER

関連映画サイト
アン・ハサウェイ、洋上の過酷なサバイバルを描く新作に出演決定こちらにも、アンハサウェイに関する情報が掲載されています。

アドホック無線システム:専用の基地局を用いず、端末装置自体が持つ中継機能を利用することにより、一時的に相互接続される端末群で構成されるネットワークシステム

プリンセスダイアリー愛好者の外側にいるひとにとって、世界で最もきれいなアンハサウェイが憎たらしいようです。

どれくらい私たちに高校生活のころを印象づけたシアターキッド、または賞を好んでマイクを盗み、私たちはバンドワゴンにジャンプしています。(意味不明)
彼女は新しい夫を失ったらライフボードのようになるのでしょうか?

質問の映画は、シャーロットローガンの小説、ライフボードであり、ハリウッドレポーターのレポーターたちがレミゼラブルのスターを未亡人とポセイドンの被害者グレース・ウィンターをキャストに加えました。

 お話は、1914年、グレースは、海で起こった壮絶な事件に関して殺人の罪を問われていました。サンキンオウダンエキスプレスの乗員を避難場所であるライフボートに移すには人数が多すぎることがわかった後で、ボートに乗り、船の人の数を減らす必要があると彼らの蝿の王Lord of the Fliesのアドホック無線システムが認識しました。
 そこで、私たちは、泣いたり猛烈な非難が起こる中で、彼女の生きる権利を、感情のない平等で下品な裁判所のシーンでフラッシュバックのように進行するのをみることになります。このようなシーンでは、次第に楽しい音に切りかわっってほしいと願いました。

マイケルJフォックスはファミリータイズの制作者グレー・デービッド・ゴールドバーグを覚えていた 

画像
マイケルジェイフォックス
 マイケルジェイフォックスがパーキンソン病を患っていることは有名です。原文で「remember」とあるのはおそらくパーキンソン病が認知症障害をわずらうことが多いことから、記憶に関する記事が記載されていると思われます。
認知症を伴うパーキンソン病

マイケルとといえば、バックトゥーザフューチャーです。パート2,3を同時に撮影しパート2からパート3の話のつながりがすばらしい作品でした。過去から未来、未来から過去へとストーリーが展開しました。
 いろいろなハプニング続出する中で、どうやって現在に戻るかがキーとなり、タイムパラドックスの問題もありました(一説によると同じ時間、同じ場所に同じ人間が存在すると宇宙が爆発するとか、でもそんなことは映画上描かれていなかったように思います)。
タイムマシン自体が発明されていないので、SF、空想の正解になりますが、想像したものは発明されると言うことですので、いつか発明される日が来るのでしょう。

Michael J. Fox Remembers Family Ties Creator Gary David Goldberg

有名人の死亡記事、ベストセラー作家ヴィンスフリン

マイケルJフォックスは1980年代のNBC家族ドラマファミリータイズで人気を博しました。彼はグレー・デービッド・ゴールドバーグの死に当たり喪に服しています。グレー・デービッド・ゴールドバーグが日曜日に亡くなりました。

「私のメンターであり恩人であり、パートナー、第2の父、親友であるグレー・デービッド・ゴールドバーグに向けてさようならという気持ちでいっぱいです。彼は偉大な才能と寛大な精神を備えていました。彼は私の人生を大いに変えました。彼の妻ダイアナと家族にお悔やみ申し上げます。」
マイケルは話しました。

1989年にファミリータイズの放送が終わったとで、フォックスはゴールドバーグの作品スピンシティーでスターになりました。
ゴールドバーグは脳のガンで闘病生活を送っていました。彼は68歳、妻と成人した二人の娘を残してさきに旅立ちました。

こちらの記事もどうぞ