(2)アイフォンからアンドロイドアプリ移植、ボタンに画像を設定した

(2)アイフォンからアンドロイドアプリ移植、ボタンに画像を設定した

 アイフォンの場合は、ストーリーボードに標準のボタンを配置して、customを設定して、画像を読み込み、設定します。
ほとんど、画面上で設定します。
 アンドロイドは、xmlで設定します。
 
・ボタン、アンドロイド
1.drawableに、button用のxmlを作成します。作成のときはselectorを選択します。
そしてレイアウトに、button用のxmlを指定します。そうすることで、レイアウト、button用のxml、ボタン画像というように設定されていきます。

レイアウト.xmlの記載
ボタンに画像を設定した場合とイメージボタンを設定した場合、どちらもcustom.xmlを選択可能
[c]
<!– custom button, custom.xml –>
<Button
android:id="@+id/buttonStart"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_gravity="center_horizontal"
android:scaleType="centerInside"
android:background="@drawable/custom" />

<!– custom Imagebutton, custom.xml –>
<ImageButton
android:id="@+id/imgButtonStart"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_gravity="center_horizontal"
android:scaleType="fitXY"
android:background="@null"
android:src="@drawable/custom" />
[/c]

button用のxmlの記載 startはstart.png,今は1種類しかないので、プレス、フォーカスとも同じファイルを指定
[c]
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<selector xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" >
<item android:state_pressed="true" android:drawable="@drawable/start"></item>
<item android:state_focused="true" android:drawable="@drawable/start"></item>
<item android:drawable="@drawable/start"></item>

</selector>
[/c]

ボタンの角丸
[c] <corners android:radius="5dip" /> [/c]

【Androidアプリ作成】ボタンのカスタマイズ

こちらの記事もどうぞ