MacBookPro(2012Mid製造)のHDDからSSDへの交換、MacOSX Yosemiteのクリーンインストールまで(2)

MacBookPro(2012Mid製造)のHDDからSSDへの交換、MacOSX Yosemiteのクリーンインストールまで(2)

HDDからSSDへの交換の経緯

MacBookPro(2012Mid製造)のHDDが認識しなくなり、検証も修復もできずタイムマシンも設定していなかっため復旧できなかっためHDDを取り外して交換することになりました。修理を依頼すれば、おそらく1,2万円の修理作業費に交換用のHDDの代金が請求されると思われました。
そこで、ネットで調べてみると多くの人が自分でHDDを交換していましたので私も自分でHDDを取り外し、SSDに交換することにしました。
前回のMacBookProが起動しない、、(1)についてはこちら(単にクラッシュした状態と回復のために試行錯誤した状態を記載しています。)

先週の水曜日にHDDが故障して、いろいろ試してやっと1週間で復旧出来ました。

作業概略

ハードディスクの交換からMacOS Lion、YosemiteまでOSのインストールに約4時間ほどかかりました。その後必要なアプリをインストールしました。
コマンドキー+Rキーで復元モードです。私の場合は、OSはLionからヨセミテに段階を経てインストールとなりました。他の人のを見るとヨセミテからインストールができているひともいるので、MacBookProの機種、製造年によって最初にインストールできるOSが決まっているようです。
MacOSのインストールにはインターネットに接続できる環境が必要です。MacOSのクリーンインストールに、起動システムが入ったHDD等は必要ありません。インターネットを通じてインストール用のデータをダウンロードするようです。
ただし、Lionが最初にインストールされるので、その後最新のOS(現在はヨセミテ)に無料アップグレードする必要があります。
バックアップがあれば、もっと早く完了すると思いますが私はバックアップもタイムマシーンもありませんでした。ちょっと後悔しています。

ハードディスクの交換の感想

交換は簡単でした。
通常の十字ドライバーを使って10本のネジを裏蓋から外し、HDDの止板のネジを外します。
動画

ただし、HDDの側面のネジがT6ドライバーを使う必要があります。私はこのために、ドライバーセット(約1200円)を買いました。ネットではペンチで外した人もいるので、ネジが緩い場合はペンチでも良いのかもしれません。
HDDを取り外してSDDに交換するのは1つの接続箇所を交換するだけでした。

OSのインストール状況

インストールは最初はLionをインストールすることになります(2012年製造マシンのためかな)。インストール用のデータファイルをネット経由でダウンロードをして、インストールプログラムが起動します。
そして、最新のOSにしたい場合は、AppStoreからダウンロードをしてインストールです。
インストールが完了するのにHDDの交換から約4時間程かかりました。タイムマシンがあればもっと早かっただろうと思います。

もしまたSSDが壊れた時は

MacOSXヨセミテのインストール後にアプリをインストールしました。
1つ失敗したのは、Macには便利と言われるユーティリティの移行アシスタントがありますが、これは人によっては使用しないほうがHDD、SSDの容量をムダにしないと思います。
移行アシスタントを使うときに間違った選択をするとすべてのデータファイルを移行先の新しいMacに移すことになり、いわゆる不要なファイル、多分おそらく使わないであろう無駄なファイルまでまるごとコピーしてくれます。
全く同じ状態のマシンを2台作りたいときは便利な移行アシスタントですが、新しい環境にしたいときは記憶容量の無駄になります。

アイチューンズやアイフォトのデータ移行が面倒だったので、移行アシスタントが便利だと思って使ったら、アプリごとに設定できずに、古いマックのデータを全部MacBookPro、SSD版にコピーし始めました。これでは、古い不要のデータまでもが新しいSSDへコピーされてしまうことになり、記憶領域を無駄に消費してしまうことになります。
そこで中止ボタンを押したいのですが、中止ボタンがありません。そこで、MacBookProのLANケーブルを抜きました。MacBookPro側はネットワークに接続できません等のアラートが表示されてデータの移行は中止されました。古いMacはそのまま移行中のままだったので、強制終了しました。
強制終了したあとは正常に起動できていますが、あまり強制終了はしないほうがよいでしょう。

そのため、アイチューンズやアイフォトのデータはできるだけ、手動で移したほうが得策だと思います。その時に、元データをコピーしないように設定をチェックしましょう。コピーされても後で探して捨てればOKです。

こちらの記事もどうぞ