2015 グーグルアナリティクスの使い方、検索キーワードでランディングページを表示させる

グーグルアナリティクスの使い方、検索キーワードでランディングページを表示させる

検索キーワードでランディングページを表示させる

 グーグルアナリティクスを1年以上使っていますが、アナリティクスのユーザーインターフェースは使いにくくどこに何があるのかよくわかりませんし、このページに使用されている日本語、英語の発音をそのまま記載した用語、そして専門用語が混在してでちんぷんかんぷんだったりします。表示させたい項目があっても表示させるだけで実際に使いたい(ここでは該当のページのURLを知りたいなど)のことが見た目ではわかりません。メニューの階層が深すぎて利用者に把握できないのです。

動画

書籍本を見ても、ブラウザで表示される見た通りのことしか書いてなかったり、肝心の部分は記載されていなかったりします。使って覚えるにしても意味不明な表示だったり、データが表示されていなかったりとある程度のアクセス数が蓄積されていないとアナリティクスを使ってもサイトの解析は難しいことがあります。
 私の場合、ようやく検索キーワードに関連したランディングページを表示させる方法がわかりましたので、忘れないようにメモしておこうと思います。
わかってしまうと簡単です。ただし、いくつかの手順があります。
(説明しにくいので動画にて説明予定)

サイトを分析したい

グーグルアナリティクスを使って、どのキーワードでサイトを訪問したのか、どのページを表示させたのか調べてみましょう。分析により人気のキーワードを把握し、該当ページを改善することでページビューが増加するかもしれません。

ランディングページとは

ランディングページとは訪問者が最初に訪問した(表示した)ページのことで、このページが非常に有益なページであれば、そこから訪問者は他のページを訪問(表示)することになり、ページビューが増加することになります。逆にランディングページ(最初に訪問した)からすぐに他のサイトへ移動したり、ブラウザのウィンドウを閉じてしまったりしたらページビューは増加しないことになります。

つまり、ランディングページ数を増やし他の関連するリンクをクリックしてもらい他のページを訪問してもらえるようにするためには、どのキーワードでサイトを訪問したのか、どのページを表示させたのかを把握して、現在、どのキーワードで訪問者が自分のサイトに訪問しているのかを調査することです。
そのためには、アナリティクスでどのキーワードでサイトを訪問したのか、どのページを表示させたのか知る必要があります。

アナリティクスを有効に使う

アナリティクスは膨大なデータをDBに保存しているので過去のデータを表示させることができます(使用していないと過去データは当然のことながらありませんけど)。無料のアクセス解析がありますが、たいてい1年でそれ以前のDBは削除されます(グーグルの気まぐれがなければ今後もずっとDBとして保存されます)。アナリティクスは無料であっても数年前、去年の同じ日、先月の日曜日のデータ、3月から5月までの集計データ等、アナリティクスを使っていれば、その過去のデータから分析が可能になります。
どのキーワードがどの期間に多かったのかわかれば、どのページがアクセス数が多かったのか知るできます。これによりどのキーワードに該当する項目が今話題になっているのか把握できるので、次のアイデアの参考になります。毎年同じキーワードで検索されるのか、一過性なのかでSEO対策も変わってきます。毎年同じであれば、定期ルーチンにすれば良いですし、一過性であれば、随時新しいアイデアを考える必要があります。

検索キーワードとランディングページの2つを知る

 検索キーワードだけがわかってもどのページに訪問したのかわからなければ、ページの内容を改善できません。SEO対策をしたくても、見当違いのページばかりを修正し、SEOが間違っているとかCSSの記述が悪いとか配置が悪いとかデザインが悪いとか、見当外れの対策ばかりで道を誤ってしまいます。
 また、ランディングページだけがわかってもはっきりとした検索キーワードがわからなければ、間違った修正により検索キーワードを削除して本来集客できるページでありランディングページだったものを失ってしまうかもしれません。
 つまり、検索キーワードとランディングページの両方を把握しておく必要があります。そのためには、グーグルアナリティクスで検索キーワードとランディングページを表示させる方法を知っている必要があります。

SEO対策

グーグルは2014年の夏から2015年1月にかけてグーグルサーチエンジンの修正を頻繁に行っています。これによりサイトのアクセス数が増減を繰り返し「アクセス数が減少したのはいったいなにが原因なんだ!!」と大騒ぎをするサイト運営者もいるかもしれません。しかもグーグルはペンギンアップデートやパンダアップデートについてあまり情報を開示しないので、推測や有名なSEO対策会社のツイッター、ブログコメント等を参考にするしかないみたいです。さらに、欧米と日本では対策が異なることも有り余計に複雑な事情があるようです。

 この検索順位変動はペンギンアップデートとかパンダアップデートとか言われるもので、不正な行為をしてページランクを上げているサイトや広告やアフィリエイトだけのサイトに対して、ページランクを下げたり、グーグルの検索結果から除外または検索上位から下位ページヘ格下げして表示させるようにしています。中には、本来格下げ対象ではないはずのサイトもその影響を受けて、その都度グーグルは検索エンジンのアルゴリズムを修正して対応しています。そのため、従来正しいとされたSEO対策だけではグーグルのアップデートに対応しきれず、不当な扱いを受けるサイトも多くあると思います。

 つまり、SEO対策だけではアクセス数が増加することは難しくなったと言えます。グーグルが検索上位から下位ページヘと検索結果を移動させることにより本来上位ページよりも価値のある内容、情報を掲載しているサイトのページであってもグーグルの検索アルゴリズムから悪い評価を受けると必然的に下位ページヘ移動させられてしまい、アクセス数が激減することになります。

アクセス数をアップするには

 単純に人気のあるページを作ることにつきます。つまり、グーグルサーチエンジンに頼らないことです。グーグルの検索エンジンからの訪問者数を増やすのではなく、ダイレクトにURLを入力してもらって訪問してもらう、もしくはブックマークからの訪問者数を増やすのです。
 ただこの人気のページをどうやって作るのか?そのアイデアはありません。目的はわかりますが、その対策がありません。それがわかれば苦労はしないということです。同じ仲間で話をするときも目的はわかるがそのアイデアがなくて、いつも「それがわかれば苦労はしないよ」で終わります。そのため打ち合わせのNGワードは「それがわかれば苦労はしない」にしています。前向きに考えようということです。

ページを作ってみて反応を待つ

作るしかない、作ってみて反応を待つしかありません。
ユーチューブでいえば、小学生、中学生の話題になりそうなネタを使うとか、動物、ペットの動画をアップしてその記事を書いたりすることでしょうか。
 サイトの場合はほしい情報が掲載されているページです。そのほしい情報とは何かがわからないのです。

こちらの記事もどうぞ