アナと雪の女王のフィギュア、アニメも良かったね フィギュアーツZERO アナ 『アナと雪の女王』エルサ 『アナと雪の女王』|ハローキティの超合金はロケットパンチ付き

アナと雪の女王のフィギュア、アニメも良かったね感想 フィギュアーツZERO アナ 『アナと雪の女王』エルサ 『アナと雪の女王』|

アナと雪の女王、感想あらすじネタバレ

暖かくて小さな王国アレンデールに二人のプリンセスがいました。
姉のエルザ、妹のアナは仲良しでした。でも、姉エルザは不思議な魔法の力を持っていました。
雪を降らせたり、凍らせたりする力があったのです。
でもエルザはこの力を悪いことに使ったりせずに遊ぶことに使っていました。

ある夜、エルザとアナはふたりきりで遊んでいました。でも、ふとしたとこから、エルザはアナに魔法をかけてしまい、アナの容態が悪くなりました。すぐに良くなりましたが、国王は、エルザの魔法の力を使わせないように誰からも会わせないようにして部屋に閉じ込めました。

(これから)

Let it goとLet it beの違いは?

ディズニーのアニメ映画は基本的にハズレはありません。多少のハズレというか面白くない作品は当然ありますけど。
ディズニーのアニメ、アナと雪の女王は、雪の表現も良かったし、歌が特に良かったことが今回のロングヒットにもつながったのでしょう。

Let it Goという歌は英語がわからない日本人が聞いてもなんとなく女性の力強さを前面に出していく様子が描かれていて、独立心が旺盛な若い女性の気持ちを歌った歌です。ビートルズ世代ならLet it beでしょう。Let it go, Let it beと似ていますが、実際の使用は異なるのだそうです。Let it beの意味は、あるがまま、構わないで、放っておいて、などあり、精神的な部分を指すのだそうです。Let it goも放っておくという意味があり、諦める、手を離すという意味があり、周囲の環境から放っておいてという意味が含まれるそうです。そのため、このLet It GoをLet It Beにすると意味が変わってくるのだそうです。
ビートルズを聞いている世代はLet It Beを聞き慣れているので、Let It Be(なんとかなるさ、そのままで行こうよ、あるがままさ)が良いと思いがちですが、このままでは女性の自立、エルザの独立心とは異なる意味になってしまいます。そのため、このアナと雪の女王ではLet IT GOになったのでしょう。
ただ、Let IT GOの日本語訳の「ありのまま」という意味を強く印象づけてしまった部分があり、本来の正しい訳としては違っているのかもしれないそうです。

フィギュアーツZERO アナ 『アナと雪の女王』


フィギュアーツZERO アナ 『アナと雪の女王』[バンダイ]《07月予約》
ディズニープリンセスの特徴的なパッチリ目とボリュームたっぷりのまつ毛を造形にて表現することで、立体感を演出しています。

エルサ 『アナと雪の女王』


フィギュアーツZERO エルサ 『アナと雪の女王』[バンダイ]《07月予約》
ディズニープリンセスの特徴的なパッチリ目とボリュームたっぷりのまつ毛を造形にて表現することで、立体感を演出しています。

ハローキティの超合金はロケットパンチ付き


【超合金 ハローキティ(あお) バンダイ 予約】バンダイ 超合金 ハローキティ(あお)【5月予約】
ハローキティの超合金はロケットパンチ付き