Macでアンドロイドアプリ開発、開発環境構築、開発、デバッグ、実機テスト、公開まで、2015年2月27日

Macでアンドロイドアプリ開発、開発環境構築、開発、デバッグ、実機テスト、公開まで、2015年2月27日

アイフォン向けにゲームアプリを公開しようと思っていたら、所有しているアイフォンの機種がアイフォン4でiOS6と古くて実機確認が困難と判断して、比較的新しいアンドロイド端末ネクサス7を所有しているので、アンドロイドアプリの開発を始めようと思います。気が変わってアイフォンアプリの開発に切り替えるかもしれません。まずはやりたいこと、金がかからない簡単なところから始めようと思います。

私はアンドロイド向けアプリは3つほど作ったことがあります。1つがシンプルなゲーム(ゲームフレームワークAndEngine)と2つが資格取得向けのアプリです。
アイフォンは多分4つほど(3つがゲームアプリ(cocos2d)、1つが資格取得向けのアプリです。)
アンドロイドアプリ開発中の状況やエラー対処、デバック、実機テスト等をメモしていきます。

・アンドロイドアプリ開発環境構築、ソフトのインストール等(使用ハード:MacOSXヨセミテ MacBookPro)

必要なもの、アンドロイドアプリの場合
JAVA SDK
Android Studio(開発環境とAndroid SDKがパッケージ化されたもので、もしEclipseからの場合は個別にいろいろなものがインストールが必要らしいので、このStudioにしましたが、Android SDKが必要であって、Unityを使用する場合は開発環境自体は不要みたいです
Unity(すでに、4.6.3をインストール済み、無料版)
XCODE(インストール済、なおアンドロイドの場合は不要。アイフォン向けに作る場合に必要です。iOSプログラムに加入しているのに一向にその恩恵を受けていない)

まず、JAVA SDK(JDKともいう、JAVA SDKの略)が入っていなかったので、まずはインストール。(以前、MacのHDDがクラッシュしたため、SSDに交換してインストールをしていなかったみたいです。SSD交換の時の様子はこちら「Macが起動しなくなった」

今回はjdk-8u31-macosx-x64.dmg
参考にしたサイトに説明されたJAVAのバージョンは7だったので、もうバージョンアップが進んでいます。
インストールは解凍してダブルクリックしてOKとかパスワードを入れればOK。

次にhttps://developer.android.com/sdk/index.htmlからAndroid Studio(開発環境とAndroidSDKがパッケージ化されたもの)ダウンロードします。
画像1
1Download_Android_Studio_and_SDK_Tools___Android_Developers

参考サイト
Android Studio のインストールから一通り設定するまでのメモ

5分、10分くらいしばらく待ちます。
ダウンロードして解凍して、アプリアイコンをApplicationsエイリアスフォルダにドラッグするとそのままアプリがコピーされます。
画像2

2Android_Studio_1_1_0
ダイアログで設定を読み込むかどうか尋ねられますが、今回は設定自体がないので、I do not の方でOK。

画像3
3Android_Studio_Setup_Wizard
ウェルカムの画面
NEXTを押して、Acceptボタンを押して各種のアンドロイドSDKがダウンロードされていきます。
ここでしばらく待ちます。

画面4終了
4Android_Studio_Setup_Wizard 2
画面5 Configureを選択して、SDKManager を選択
5Android_Studio_Setup_Wizard 3

画面7 インストールしたもの アンドロイドOSバージョン4関係をインストール
インストールパスは /Users/maseda/Library/Android/sdk
でした。SDKのパスを聞かれた時に忘れないように

7Android_SDK_Manager_と_Android_Studio_Setup_Wizard
さらにインストールが始まってしばらく待ちます。
かなり時間がかかります。30分ほどでしょうか。

インストールが完了。
なお、Unityを使用するので、Unityでのアプリ開発が終わるまで、アンドロイドスタジオの出番はしばらくなし。
つまり、Unityで開発して、アンドロイド用に出力したものをアンドロイドスタジオで読み込み、広告等のコードを追加して、ビルドしてAPKを出力して、グーグルプレイに公開となります。(たぶん)

備考:
Unityのアンドロイド向けビルドにおいて、Android SDKが必要であって、AndroidStudioとかEclipseのような開発環境は不要みたいでした。
私はてっきり、iOSのようにUnityが出力したプロジェクトファイルを一度、AndroidStudioで読み込み、APKを出力するものと思っていましたが、UnityからAPKが直接出力されるようです。
(また違っていたら修正します。)

・開発状況メモ、スマートフォン向けゲームアプリ

はじめに、ゲーム企画の検討とUnityの勉強

いまのところAndroidをターゲットにしてゲームアプリを作っていこうと思います。
ゲームのフレームワークはUnity(もしかすると違うものになるかも)です。
以前Unityを触っていましたが、忘れている部分もあるので、まずは公式Unityのチュートリアルをまた勉強します。

Unityチュートリアルリスト、動画

開発にとりかかる

(これから)

Unity、アンドロイドアプリ開発エラー対処

スマートフォンアプリ開発、Unity4.5.5、C#スクリプトエラー対処法、チュートリアル

Androidアプリ開発、今日のエラーまとめ(1)ー(6)分、2013年9月22日〜11月7日

Unity,C# 今日のエラー Object reference not set to an instance of an object

こちらの記事もどうぞ