加藤諦三著 気が軽くなる生き方、読んだら気が重くなったが原因がわかった|心の休ませ方

加藤諦三著 気が軽くなる生き方、読んだら気が重くなったが原因がわかった

もういい人にこだわるのはやめよう

両親との関係が原因

子供は親の顔色をうかがいます。
親が嬉しそうだと子供は嬉しくなりますし、親が不機嫌だと子供はビクビクします。
親の顔色をうかがうことは、子供にとって自然なことかもしれませんが、それが大人になって、性格に影響を及ぼしているのだそうです。

この本を読み、自分が他人に何かを期待した時に、期待を裏切られるのではないかと心配する癖は、小さい時の両親との関係にあったのではないかと考えました。

気が軽くなる生き方を読んで、気が軽くなるどころか考えさせられてしまい、ちょっと気が重くなったが、子供の頃の両親とのやりとりが原因ではないかとわかるようになりました。

心の休ませ方、加藤諦三著

真面目だけではダメみたいです。

こちらの記事もどうぞ