スティーブ・ジョブズI, II 感想 スティーブ・ジョブズの性格は最悪だったらしい

スティーブ・ジョブズI, II 感想 スティーブ・ジョブズの性格は最悪だったらしい

個人的にスティーブ・ジョブズを尊敬しています。初代のマッキントッシュを世に送り出しアップルを追放されながらも再度アップルにカムバックして、アイフォンを発表し、アップルを立ち直らせた功績は賞賛に値するものです。たいていの成功者は2度の成功はありません。しかし、スティーブ・ジョブズは2度成功しています。しかもアイチューンズ、アイフォン、アイパッドとマイクロソフトの追撃をものともしていません。

特に、スティーブ・ジョブズ IIには、アップルの成功とスティーブ・ジョブズの気性の荒さ、その側近の苦労が語られていて、スティーブ・ジョブズを賞賛しつつもその性格は最悪であることが書かれています。
スティーブ・ジョブズのファンにとってはちょっと残念な内容ながらも賞賛だけの本よりは真実味が増している内容です。
スティーブ・ジョブズのカリスマ性だけでアップルが成功したのではなく、スティーブの負けん気の強さ、ビジネスセンス、気迫によってアップルの製品が完成し、様々な交渉(協力会社、広告会社、製造会社)を乗り越えていったみたいです。

優秀な人の周りにはその人とサポートしてくれる人達がいる

優秀な人の周りには、なぜかその人をサポートしれくれる人達が集まります。
 例えば、本田宗一郎氏、松下幸之助氏など本人の能力だけでは乗り越えられない壁があっても、周りにいる同僚や部下たちがサポートしてくれてその壁を乗り越えています。
つまり、サポートしたくなる要因が優秀な人の中にあって、その要因に引かれたりしているようです。
時には、サポートする側の手伝う理由として、名声が欲しかったり、お金が必要だったりすることもあると思いますが、そのことも優秀な人のもつ力かもしれません。

頑固さも長所になりうる

 頑固なだけでは物事は解決しませんし、誰も相手にしません。ただし、短所と思われる頑固さが長所となることもあります。
 ジョブズは徹底して自分の信念を貫き、はたから見れば頑固なおっさんそのものです。しかし、その頑固さが、より良い製品を作り出す根源でもあるように思われました。

強い意志をもつ

 頑固さだけでは良い製品を作り出すことは難しいでしょう。殆どの人は妥協の連続です。本当はもっと、デザインにこだわりたかったけれども開発サイドとの打ち合わせで、無難な形状にするしかなかったり、予算が足らずに機能を削ったりします。
そんな時に、強い意志を持って相手を説得できたら、予算が足らなければ、どこからか予算を持ってくるとか、少ない予算で本当に欲しい機能を実現できるようにできないかを検討したりする強い意志が必要なのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ