海外ドラマ、スーツ シーズン4 無資格弁護士だが天才 論理戦 心理戦 ビジネスで勝つ為に汚い手も使う

海外ドラマ、スーツ シーズン4 無資格弁護士だが天才 論理戦 心理戦 ビジネスで勝つ為に汚い手も使う

無資格とか無免許で思い出すのが手塚治虫先生のブラックジャックです。無免許医師ながら天才的外科医のブラックジャックは高額な医療費を請求しつつも困難な外科手術を成功させて命を救っています
このシーズン4では天才弁護士というイメージが少し変わってきているようになっています。 

 

以下は感想とネタバレを含みます。シーズンのどのパートを見たか分からないとか記憶に無いという場合にお読みください。レンタルで何度も同じDiskを借りてしまうと金額よりも時間を無駄にしたようでショックになってしまいます。

感想

スーツのシーズン4は印象としてルイスのストーリーがメインで、弁護士事務所を引っ掻き回してる印象でした。
動物のビーバーに似ているルイスが何かするたびに、ハーヴィーやマイクに迷惑がかかります。
ルイス自身の失敗で色々なトラブルに見舞われた時に、忠実に尽くしたブロンド美人のカトリーナが健気で一気にファンに成ってしまいました。あんな部下がいたら惚れちゃいますね。会社で不倫とかになってしまいそうです。
でもドラマではルイスはカトリーナには目もくれず、中年のおばさんに夢中という設定ですからもったいない。
ルイスとカトリーナがくっつく話にしてしまったらももしかてもっと面白いドラマになったでしょう。
スーツは法廷ドラマですが、あまり法廷の裁判中にすごい弁論をしたり、判定を覆すような証拠を持ってくることがなくて、その前の設定がほとんどです。

スーツ シーズン4 Disc1 投資家マイク

弁護士事務所を辞めたマイクは投資グループに転職した。
マイクはそこそこの成果を上げていたがヘッジファンドの上司は50%以上の利益を求めており、マイクは上司からハッパをかけられた。

マイクは顧問弁護士として敏腕弁護士ハーヴィーと契約している。
以前とは立場が変わってしまった。

マイクが狙っている企業をハーヴィーの別の契約者も同じ企業を買収しようとしていた。

ハーヴィーはマイクに買収をあきらめさせようとした。
マイクはあきらめないと言ったが果たして成功するか?

マイクが優位なはずだったがハーヴィーは一枚上手で労働組合基金に5億ドルを提供し役員会の票を得た。
それによってマイクは苦境になった。

ギリス産業を買収できなくなった。

スーツ シーズン4 Disc2 マイクとハーヴィーの戦い職

ハーヴィー、ローガンとマイクの戦いが始まった。
それぞれがギリス産業を買収しようとしていた。

ハーヴィーの手の内を知っているマイクはハーヴィーの作戦を妨害する
ハーヴィーはマイクが麻薬の売人だったことをギリス産業の社長に告げると社長はマイクとの契約を破棄した。

マイクはルイスの元恋人シーラが婚約したと嘘の情報を伝え狼狽作戦にでることで勝った。
ロイスは元恋人が婚約していないことで安心したが仕事でヘマをして落ち込む

そしてルイスは反撃してマイクの資金源候補が一つ消えた。

スーツ シーズン4 Disc3 マイクのクビ職

レイチェルが過労で倒れた。病状は大したことはなく一晩寝れば回復出来た。
ハーヴィーはフォースマンに車を譲って取り引きしようとするがうまくいかなかった

ルイスはハーヴィーの許可をとらず株を売却したことでハーヴィーから叱責された
そこでルイスはフォースマンに取り引きを申し入れフォースマンに仕返した。それが一見成功したように思えたが、フォースマンは巧みだった。ルイスは窮地に追い込まれる。

さらにフォースマンはマイクとの約束を反故にしてマイクの立場を危うくする。

マイクは投資グループをクビになった。

スーツ シーズン4 Disc4 マイクの復職

マイクは投資グループをクビになったが、資金提供をしてくれた投資家フォースマンから就職のオファーがあった。しかしマイクはこの投資家が嫌いだった。その為すぐに承諾できないでいた。

レイチェルが浮気したかしれない疑惑により、マイクとレイチェルの関係に亀裂がはいった。

マイクは恋人レイチェルが信用できなくなり、家を出た。
またマイクはどこにも就職先がなく仕方なく嫌な投資家フォースマンの所に行こうとしたときルイスが引き留め再度弁護士事務所で雇うことにした。

再び弁護士事務所で働くことにになったマイクだがレイチェルとの関係は元に戻ってはいない。

ルイスは違法行為をした。しかしそれは事務所を守る為であり、ハーヴィーの為だった。

さらに運の悪いことに証券取引委員会が文書の提出を求めた。その中にルイスにとって違法行為の証拠が含まれているのだった。文書はいろいろな分類に紛れ込ませていたいたので発見しにくいようになっていたが、もしかするとバレる恐れがあった。

金髪美女のカトリーナは健気にルイスに尽くしアドバイスや助言をする。意地悪で性格の悪いルイスの部下にはもったいない美女である。まるで恋人か母親のようにルイスに尽くしているが彼女には付き合っている恋人がいるらしい。またルイスもカトリーナには興味なかった。

ルイスはやっと打ち明ける。
ルイス ハーヴィーはどう切り抜けるのか?
やっと面白くなってきた。

スーツ シーズン4 Disc5 ルイスがクビに

ルイスがクビ

ルイスは逮捕されなかったがクビを言い渡される前に辞職した。
本人にとってはこのピアソン・スペクター弁護士事務所が家だった。
事務所を辞めたルイスに転職先が見つからなかった。
さらにクライアントを確保すためにカトリーナが協力しクビになる

ルイスがマイクの秘密に気付いた。マイクがロースクールにもハーバード大学にも通っておらず無資格であることを。
ジェシカに話すルイス。
そしてルイスはジェシカに認めさせた。

共同パートナーの椅子だった。

スーツ シーズン4 Disc6 ルイス代表になる

ルイスが代表になる

ルイスはマイクの秘密をネタに傲慢になっていた。
マイクの秘密をバラせばジェシカも逮捕される為ジェシカは言いなりだった。

代表になったルイスだが契約に詐欺師を雇うという条項があるため口外できなくなった。

ハーバード大学教授ジェラードが訴えられた
大金を持っていた教授の本当の理由は実は生徒の成績を上げてくれる報酬だった。金で生徒の成績を上げてやったのだった。
結果として学生から金を借りたということになり、生徒は事件が明るみになることを恐れ落第となった。

ルイスの失敗

ルイスはジェラードの案件を寄越せとハーヴィーに言い寄る。
ルイスはその代わり別の案件を受けもったが却って顧客の反感を買ってしまった

そしてレイチェルのアイデアで挽回した。

スーツ シーズン4 Disc7 過去の話 、内部告発

過去の話

マイクがまだ弁護士事務所に働く前のメッセンジャー働いていた。
ハーヴィーとルイスはまだパートナーでもない時代

内部告発

ジェラード教授から電話連絡があり会う
そして教授はマイクの秘密知っていた。
内部告発の案件を依頼した。

しかし事務所は内部告発の案件は受けない方針だった。マイクはハーヴィーを説得する。

そしてマイクは勝つ方法がわかったがこのままでは事務所のクライアントが逃げてしまうことを恐れたハーヴィーはマイクにこの案件をやめさせようとした。

マイクは告発者が告発を繰り返しているタカリ屋だと知りがっかりした。
しかし告発者はセンサーが原因だと主張する。
果たして誰が真実を言っているのか?

ドナが不正に取得した書類によってマイクが勝とうとした。
しかしドナが不正に取得した映像が監視カメラに映っていた。

スーツ シーズン4 Disc8 別れ

ドナの裁判の行方

ハーヴィーはドナを守る為相手と交渉したがダメだった。相手は引き下がらず、却ってハーヴィーは怒りに燃えた。

ドナが訴えられた件は盗んだ証拠は価値のないものだとわかり訴えは下げられた。
と思われたが検事は訴えることにした。
ドナは訴えられた。罪状認否だった。
ドナは裁判が決まり事の重大さを改めて知って青ざめた。

ハーヴィーでは検事に挑発しているようなものだった。だからドナはルイスに弁護を頼もうとハーヴィーに相談するが認めなかった。
ハーヴィーは相手の弁護士の弱みをみつけドナに不利な証言を止めさせた。結果、ドナの訴えは取り下げられた。

ジェシカの愛

ジェシカの恋人で同僚のジェフは辞職した
ジェシカがジェフに嘘をついていたからだった。
ジェシカは愛を失った。

証券取引委員会のショーンケイヒルがハーヴィーに相談しに来た。以前は敵同士だった。

ウッドオールの金の動きがわからない。そして捜査期間の終了が迫っていた。
盗聴器を仕込みフォースマンを逮捕した

マイクはレイチェルにプロポーズした。

一方でドナはハーヴィーにお別れを告げた。
そしてルイスの秘書になると言う。

二人とも愛しているのに。なぜか?

感想

弁護士の資格を持たないマイクはこれからどうなっていくのでしょうか?
そしてハーヴィーから離れたドナはどうなるのか結局はドナとハーヴィーはいっしょになる日が来るのか?

弁護士ドラマは弁護士のプライベートを描くドラマと法廷での勝訴への道のりを描くドラマがあります。プライベートでは恋愛と出世、クライアントが起こした事件の真相などがあります。法廷での弁護でどんなに被告が不利であっても原告側の弱点をつくことで陪審員の心象を良くして結果的に無罪になったりと現実の世界ではなかなかありえない裁判もあったりします。
地味だと思える論説であってもドラマや映画になるととても素晴らしい内容を話したり、人を感動させたりする内容だったりして、見ていて感動することもあります。

このドラマを見ている時に、新千歳空港で離陸しようとした時に日本航空3512便(ボーイング737―800型)のエンジンから煙が発声して緊急停止をして乗客が脱出したというニュースが有りました。大きな事故にはならなかったみたいで、脱出時に腰を傷めた人がいたということです。死者が出なくて幸いでした。事故が起きた飛行機から脱出ができるということはまだ飛行機自体に大きな問題がなかったということですから大きな事故につながらず良かったです。
映画やドラマでは、飛行機が事故にあって墜落をしたりして多くの命が奪われてしまうことがありますから本当に飛行機の整備や点検は、手を抜いてほしくありません。

こちらの記事もどうぞ