荒野はつらいよ アリゾナより コメディー映画 感想ネタバレ

荒野はつらいよ アリゾナより コメディー映画 感想ネタバレ

荒野はつらいよ 感想ネタバレ 

評価: 星2.5(5つが満点)

抱腹絶倒コメディーというよりは、ラブロマンス系のコメディーでした。
そこそこ笑えますが、おすすめというほどはありません。
コメディーによくある下品なところはちょっとお腹を壊してしまい下すところですがそこのシーンが面白くもあるので、汚い系のギャグが嫌いな人はその部分だけ注意してください。

あらすじ

時代は西部時代でガンマンが好き放題に生きていた。強い者が弱い者を支配する世界

アルバートは羊飼いで可愛いルイーズと付き合っていた
でもアルバートは気弱で貧乏で優しいだけだった。
そんなアルバートに愛想を尽かしたルイーズはお金持ちと付き合うようになる。

ある時酒場で喧嘩が始まった。喧嘩の争いに巻き込まれそうになった女性アンをアルバートが助けた。
アルバートとアンは仲良くなる。いわゆる友達である。

ルイーズは元彼女でアルバートは今でも彼女のことが忘れられない。

アルバートはルイーズが付き合っているフォイと決闘することになった。でも全く銃の扱いがわからず的にすら当たらない。
アナは銃の名手で
アナがアルバートに銃の撃方を教えてくれた。

次第にアルバートとアンは親密な関係になるが、アンの夫は凶悪なガンマンでありそのことをアルバートに黙っていた。アンが凶悪なガンマンの妻だと知られればきっは話もしてくれないとアンは思ったから黙っていた。

アルバートとアンがキスをしたことを知った夫はアルバートを殺害しようとする。
一旦は逃げたアルバートだが、インディアンの知恵と協力を得て決闘に勝つ。

そしてアンと幸せに暮しました。
THE END

こちらの記事もどうぞ