ガーディアンズギャラクシー 感想ネタバレ

ガーディアンズギャラクシー

感想

評価:3点
つまらないだろうと思って見なかった。
でも見るとそこそこ面白かった

吹き替え版のロケットがちょっと悪い。ロケットはアライグマで可愛らしい見かけによらず、荒くれ者と言った感じ。
吹き替えと雰囲気があっていかなった。

主役の クリス・プラットは、ジュラシック・パークの映画にも出演した人気者みたいです。

あらすじネタバレ

ピーター はスターロードと名乗る地球人で小さい時に地球でUFO宇宙船でさらわれた。ピーターは軽い男で女に弱い
ピーターはオーブを奪った。

ロナンは危険な宇宙人。

ガモーラは緑色の宇宙人で女性。オーブを狙う。

アライグマの宇宙人ロケットはハンターでピーターを狙う。人工的に作られたらしい。
木人のグルートは木の宇宙人で言葉はほとんど話せない。アライグマの仲間。
私はグルートしか言えない

四人は逮捕されて刑務所に連れて行かれる。
四人は敵同士だがオーブが高値で取引できるため手を組んで脱獄する。

オーブを買い手に渡せたがオーブを盗もうとしたメイドによってオーブが暴走し取引はできずその後ロナンに奪われた。

以前仲間だった育ての親と協力してオーブをロナンから奪う。この育ての親はオーブを売るつもり。
でのピーターはできればこのオーブは誰にも売らずに保管しておきたかった。

ロナンからオーブを奪う時直に触ると死ぬのだがピーターはロナンからオーブを守るため直に触ることでオーブを守った。

ロナンを倒し敵はいなくなり平和になった。しかし育ての親がオーブを要求したので仕方なくオーブを渡す。
でもそれは偽のオーブだった。