スーパーナチュラル シーズン11 チャックが神? 感想ネタバレ 日本でのレンタルはいつ?

モンスターハンタードラマ、スーパーナチュラル シーズン11 日本でのレンタルはいつ?

supernatural
スーパーナチュラルはシーズン11になりました。(モンスターハンタードラマといっても、ゲームのモンハンとは違って、ファンタジーの世界ではなく、現実世界です。フィクションの現実の世界です。モンスターは主にバンパイアとか悪魔であり、人間の形をしたものが多く、モンハンのような動物をハントするシーンは少ないです。)
チャックが神? って本当か
IMG_1377

人気のあるドラマはいつまでも続いてほしいものです。
内容は毎回似たようなもので悪魔、シェイプシフター、バンパイア、狼男、幽霊、モンスターが登場します。幾度と無く兄弟げんかをしつつ仲直りをし、たまに死にますが生き返るという設定です。しかも、収入源がクレジットカード詐欺という犯罪行為で得られたお金で生活しているという変わったヒーローです。正義を貫き人助けをしているから許される設定でしょうか?

日本でのスーパーナチュラル、シーズン11のレンタルは、2017年くらいでしょうか?
早くみたいです。来年かと思ったらもっとレンタルは早かった

レンタル開始は
2016年9月16日です。

Supernatural 11×19 Promo “The Chitters” (HD)

スーパーナチュラル11がやっとレンタル中です

シーズン11 DISC1、2 、3 ダークネスとは 感想ネタバレ

ディーンは刻印を消すことができたがそのせいでダークネスが解放された。ダークネスは神が作り出したものの中でも最も最悪なものだった。
そしてカインの刻印がダークネスに移った。

ダークネスが赤ん坊に乗り移り人間の魂を食べて成長する。
クラウリーは赤ん坊から少女に成長したダークネスを仲間に取り込もうとする。

キャスはクラウリーの母の魔女の魔法によって体調不良になっていた。
ウィンチェスター兄弟はクラウリーの母を捕らえキャスの魔法を解除させようとした。

サムの前に死んだはずの父親が警告する。ダークネスに注意しろと。「神は自ら助くる者を助く」とその父親は話す。サムが見た夢に出現した父親は神だったのか?

ダークネスは少女から美女へと成長する。人間の魂を食らっていた。
ダークネスはクラウリーの保護を必要としなくなりクラウリーのアジトを後にした。
そしてダークネスは神の姉であることが判明する。

感想

とうとうダークネスの正体が判明と言うか
ダークネスは神の姉ってどんな設定ですか?
じゃあ神の母とかもいるってことか?
脚本家の考える神の存在はよくわかりません。
神の存在自体どんな存在でいつから存在するのか非常に難しい。宇宙も神が作ったのかとか、宇宙が存在する前は何が存在したのかとか、考えてもよくわかりませんな。

なぜスーパーナチュラルを見るのかというと他に見るドラマが無いからという理由と
内容が面白いわけでも無いけれど無難に見ていられるドラマであるからというのが理由です。
天使や悪魔が登場ししかも天使のキャスティエルと悪魔の王クラウリーとウィンチェスター兄弟はある意味仲良しなところも面白い。

そんなこんなでシーズンが始まるとレンタルしています。

スーパーナチュラル シーズン11 DISC4〜10見えない友達、キャスの娘クレア、神の登場感想ネタバレ

Disc4 見えない友達サリー

サムには子供の頃自分にしか見えないし話せない友達がいた。彼は妖精ザナで名前はサリーだった。
ザナの仲間ユニコーンや人魚が何者かによって殺害され、サリーがサムに犯人の追求を求めた。
ディーンにはサリーが見えなかったがサリーが見えるようにした。

ザナの仲間が徐々に殺害されるなか、捜査中にディーンが誘拐され犯人はサムにチャットしてサリーをおびき寄せた。
犯人はかつてサリーが担当した双子の子供だった。サリーを恨んだのは、サリーと双子の妹が遊んでいた時には交通事故で死んでしまい、サリーもいなくなったからだった。
犯人はサリーが自分を慰めをせずに突然いなくなったことに腹を立てサリーを見つけるために魔女から呪いを買い、ナイフももらった。

犯人とサリーはその時の様子を話し和解できた。

Disc5 堕天使ルシファーがキャスに乗り移る

<広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水晶玉 水晶丸玉 60mm 天然石 パワーストーン
価格:2600円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)

水晶というとまじない師が何か呪文を唱えると水晶に見たいイメージや探している人物が写ったり、未来の映像が表示されるようなシーンが映画やドラマで見られます。水晶には、魂を浄化したり、エネルギーを増加させる力があるとされています。だから、スーパーナチュラルでも魔女やまじない師が水晶を使って自分の力を増幅させて魔法を使うシーンが見られます。

水晶

フロイト水晶 & クラック水晶 ブレスレット パワ−スト−ン 天然石
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)

Disc6 キャスの娘クレア、保安官ジョディ、アレックス

キャスの娘クレアとアレックスはウィンチェスター兄弟を知る保安官ジョディの家で養女として生活していた。アレックスは学校にも慣れて順調に適応していたが、クレアは学校になじめずハンターになりたがっていて、未熟な捜査で警察沙汰になろうとして面倒を起こしていた。

Disc7 神の手

全てを滅ぼすと言われるダークネス、人間の名前アマラを倒す方法をウィンチェスター兄弟は探していた。

一方ルシファーが乗り移ったキャスはクラウリーをまさに犬のように扱いなんと悪魔の王になった
天使が悪魔の王とは奇妙だが、堕天使ルシファーは悪魔なので、まさにうってつけかもしれない。

Disc8 ソウルイーター

魂を捕獲し食べる怪物ソウルイーターが家に取り付いていた。過去にボビーが封じ込めた怪物だったが封印が破られて再び魂を捕獲していた。

Disc9 オオカミ男とサムの瀕死

オオカミ男に襲われた夫婦を救うウィンチェスター兄弟だがオオカミ男との戦いでサムは腹に銃弾を受け瀕死の状態だった。
サムは重症だということをわかっていたので自分を置いて逃げるようにディーンに話すがディーンは一緒に連れて行くと言って聞かない。
しかし早く逃げたい夫はサムを殺そうとした。サムが死ねばディーンが一緒に行動すると思ったからだった。
サムは夫に殺されたがディーンはその事情を知らずサムが死んだと思った。しかしサムは死んでいなかった。仮死状態だった。
サムはその後蘇生しなんとか自力で追ってきたオオカミ男たちを倒し病院に向かう。
一方病院ではディーンが仮死状態になって死神を呼び出してサムを生き返らせるように交渉する。
でもサムは死んでいなかったので交渉はできるはずもなかった。そしてディーンは生き返る。

神の武器
神が触れたことで神の力が宿るとされるヨシュアの角笛をクラウリーが手にれた。
その角笛を使いダークネスを倒そうと計画した。
しかしダークネスはその武器のエネルギーをものともしなかった。

Disc10 神が登場

ウィンチェスター兄弟の小説を書いていた作家のチャックが神だった。

神の書記メタトロンを神が呼び寄せた。
そして神の自叙伝の編集作業を依頼する。
なぜ神は身を隠し人々の前にあらわさなかったのか?
などいろいろな疑問をメタトロンが神に問いただす。

一方ダークネスの毒霧が街を覆い尽くそうとした。
サムが霧を吸い込み、住人も全員死ぬかと思われた時神のチャックがみんなを救いウィンチェスター兄弟の前に登場した。

Disc11 神と対面するウィンチェスター兄弟
作家のチャックは預言者と言われていた。実際は神だった。そしてとうとう神がウィンチェスター兄弟の前に現れた。そして神とウィンチェスター兄弟は話し合う。
なぜいままで神は何をしなかったのか?

父である神は答える。
過保護はいけない。なんでも親が解決してはならない。子供たち自身で解決しなくてはいけないから、神は何もしなかったと話す。

Disc12 神とダークネスが仲直り、そしてディーンの母蘇生?
神はダークネスとの戦いで力を失い、そして死ぬほどの瀕死の状態だった。ダークネスを倒すにはディーンが魂を爆弾としてダークネスとともに自爆するしかなかった。

神と神の姉のダークネスは和解した。そして地球に平和が戻った。ダークネスはディーンに意味深な言葉を残す。
最愛の人を渡す
ディーンが道に迷っていると声がした。その声の方に向かうと死んだはずのディーンの母親がいた。彼女は本当にディーンの母親なのか?

ここでスーパーナチュラルシーズン11が終わる。そしてシーズン12へと続く。
スーパーナチュラルシーズン12では、母親とともに狩りをするかと思われたが、母親とディーン兄弟の確執があり、母親とは別行動を取ることになる。

スーパーナチュラルシーズン9,Disc7 脂肪を吸う怪物、ケビンの母、天使のキャスに仲間が増える

<広告>

[ハンバーガー]

十勝バーガーセット (バンズ5個 パテ5個 ハンバーガー)
価格:1980円(税込、送料別) (2016/9/29時点)

ディーンはジャンクフードが大好きです。コレステロールが高くてもチーズバーガーやスナック菓子など食べています。モンスターたちを追いかけ、傷を負いながら、安宿に泊まって食べる食事はテイクアウトくらいなものです。そんなディーンも美味しいハンバーガーの前ではきっと喜びいさんで食べることでしょう。

こちらの記事もどうぞ