忍者ナルトの成長、夢に見た忍者のNo.1の称号、火影になった少年

忍者ナルトの成長、夢に見た忍者のNo.1の称号、火影になった少年

私はナルトのファンです。でも残念ながらナルトは少年ジャンプの連載が終わりました。私は連載初期の頃の少年ジャンプを毎週買って読んでいましたが、最近は少年ジャンプを読まずにナルトのコミックが発売されてから最新の話を読むようになりました。
70巻を超えるマンガは置き場所に困り、このまま保管するスペースもないので、大体のあらすじをまとめようと思います。今度は、ナルトを読みたくなったら、タブレットで電子書籍として読むことになるのでしょう。

あらすじ

少年時代のナルト

主人公のナルトは孤児でした。しかも、体の中には、九尾と呼ばれる凶悪な怪物が呪文により封じ込まれていました。この九尾は時として強力な武器になったため、忍の里の木の葉隠れの里は、ナルトを守っていました。しかし、里の人達は、ナルトの中の九尾を厄介な存在としていました。それは、九尾は破壊を好みコントロールが上手くできないために、多くの人の命を奪っていたからです。
それは、他の里も同じでした。この世界では九匹の尾獣がいました。一尾から九尾まで尻尾の数で呼ばれていて、尻尾の数が多いほど力も強力でした。

ナルトは、忍者のNo.1の称号をもつ火影に憧れていました。火影とは、木の葉隠れの里の長であり、忍者の世界で一番の実力を持つものに与えられる称号です。初代火影の柱間は、木遁の術を使い、木を使った忍術が得意でした。火影は実力があるとともに周囲の人に認められる必要がありました。
火影となることは木の葉隠れの里に住む子どもたちにとっては夢でした。

でもナルトは忍者学校では落ちこぼれでした。それは、忍者の世界は血筋や遺伝的能力が忍術や体術に都合の良い影響を及ぼしたからでした。
さらに、ナルトはチャクラを上手くコントロールができませんでした。忍者にとってチャクラはあらゆる忍術の中でも非常に重要視されるエネルギーであり、武器でした。
そのチャクラをコントロール出来ないと忍者としては成功しませんし、それは死を意味しました。
チャクラを上手くコントロールできなかったのはナルトの体内に封印されていた九尾と関係があったのでした。

成長するナルト

ナルトは先生でリーダーのカカシや三忍の一人自来也の助けにより、チャクラをコントロールできるようになりました。また、彼独自に必殺技も会得できるように成長しました。彼には同じチームのエリート忍者うちはサスケがいました。
うちは一族は、

忍界大戦

成長し仲間と共に任務をこなすナルトでしたが、世界は大きく変化しようとしていました。
忍びの世界は戦争が多発し平和で安心できる状態ではありません。

火影になったナルト

忍者の始祖ハゴロモの母カグヤを倒し世界を救ったナルトは念願の夢だった火影になりました。
実力もさることながら周囲の

こちらの記事もどうぞ