映画100選 エイリアン SFスペース物でホラーなんて体に寄生する生物がいた

alian2

エイリアンは、オドロオドロしいホラー映画というよりは、舞台が宇宙で女性宇宙乗組員リプリーが、襲ってくる異星人エイリアンを倒す映画です。
つまり、エイリアンはジェイソンやエルム街の悪夢のフレディーみたいに襲ってくる怪物から一方的に狙われて逃げるだけの映画ではありません。女性の強さ、タフさ、生きる強さを強調した映画です。男性はほとんど死んじゃいます。ちょっと差別です。でも若いころのシガニー・ウィーバーの下着姿も登場するというサービスカットありです。

映画100選 

エイリアン SFスペース物でホラーなんて体に寄生する生物がいた

日本でホラーというと幽霊、お化け、妖怪が浮かびます。
暗い雰囲気で、後ろにだれかいそうなのに、振り返ると誰もいない。
でも鏡に写るのは自分ではない誰か? なんともじっとりジメジメした感じがホラー映画の特徴です。
ホラー映画というと主人公たちが、恐怖に襲われて逃げ惑うだけで受け身です。なんでもかんでも「キャー」と女性の叫び声が恐怖をより増強します。

でも映画エイリアンでは、怪物エイリアンに戦いを挑みこの現状から生き延びようと必死です。観ていて頑張れー、エイリアンでてくるなーと言いたくなります。戦う女性は素敵です。

なので、ホラー映画は苦手という人も多少大丈夫です。
ただし、エイリアンは口の中からさらに小さなワニの口みたいにニューと出てきますので怖いですよ。
あんなのが出てきたら、誰だって逃げます。

alian1

あらすじ

あらすじは、簡単に言うと宇宙生物と遭遇した人間は寄生されて腹からエイリアンの子供が生まれリプリーが倒し脱出します。

惑星に着いたリプリーたち探査チームの一員が惑星を調査するとそこには宇宙人たちの遺跡が見つかりました。
そしてある隊員の顔に生物が張り付いてしまいます。その後その生物は死んだのですが、張り付かれた隊員の体から別の生物が腹を破って出てきました。

こちらの記事もどうぞ