映画100選 ダイハード 離婚の危機から一転してヒーロー

見どころは
援護も無い状態で行き当たりばったりで仕方なく戦っているのになぜか敵を倒していくマクレーンにかっこよさを感じるところでしょうか。

中年のおっさんで スタローンやアーノルドシュワルツェネッガーみたいな肉体でも無い男が、武装したテロリスト集団に一人で挑みます。

24のジャックバウワーですら、味方に情報を提供してくれるクロエがいました。ジャックも彼女なしではテロリストにはたちむかえません。

映画100選 ダイハード 離婚の危機から一転してヒーローに

ダイハードの意味は頑固者、粘り強い、なかなかくたばらないなどの意味があるそうです。まさにジョン・マクレーンは、なかなかくたばらない、粘り強いやつでした。

あらすじ

中年刑事が別居中のキャリアウーマンの妻に会いに行ったらテロリストと一人で戦う羽目になってしまった。妻の仕事がうまくいけば二人の別居は長引きゆくゆくは離婚への道に向かっていた。

マクレーンが使う武器は敵が所持していた銃を奪って応戦する。
たまたま妻に会うだけの予定が、テロリストによってメチャクチャになる。
テロリストたちがビルの社員を人質にしている時別室にいたブルースウィリス演じるジョンマクレーンはテロリストたちに見つからずに一時隠れていた。しかし妻が人質になっている。しかも自分は刑事。このままだまってじっとしているわけにはいかない。

警察に知らせそしてFBIもやってきた。

これでテロリストたちもすぐに捕まると思ったが、

 

こちらの記事もどうぞ