モチベーションを上げるコツ 

モチベーションを上げるコツ 

モチベーションが下がった。やる気がでない。勉強しない。ダイエットが続かない。試験勉強をしなくては、でもやる気ができない。禁煙が続かない。習い事が三日坊主。
などなど、続ける必要がある物事があるのに続かないことがあります。

モチベーションを上げたり、やる気を出すコツは

・ポジティブになる

モチベーションを上げたり、やる気を出すには、「前向き」になること、「ポジティブ」になることが必要です。

うまくいかない、勉強がはかどらない、試験の結果が悪かった、ピアノが上手く弾けない、などネガティブなイメージを持ってはいけません。
うまく進まなくても、これだけ自分は精一杯頑張ったのだと思ってください。
後ろ向きになったりネガティブな気分になって、うまくいかないと思ってはいけません。
そんな時ほど、前向きに考えて、ポジティブになることです。

次はきっとうまくいく。成績も上がるし、勉強も仕事もはかどる。
そして、試験に合格し、ダイエットも禁煙も成功する。
そんな風に前向きに気持ちを切り替えて、どんな時もポジティブにいることです。

人に励ましてもらう、自分を励ます

家族、友人に励ましてもらうことも前向きでポジティブになります。
特に、親から励ましてもらうことは、非常に大事。でも、すぐ近くにいなかったり電話やメールで連絡が取れない時があります。
また、一人暮らしだったり、引っ越しをしたりして、新しい友人ができなかったりしているときなどは自分で自分を励ますようにします。

ある動画では鏡を見ながら自分に向かって話すと良いと説明していました。
私は、鏡を見ながらはちょっと抵抗があってできませんが、部屋の中を歩きながら、元気を出すように声を出して自分に悟らせるようにしています。
直ぐに効果ができるわけではなく、数時間、数日かかることはありますが、徐々に落ち込みモードから立ち直っているように感じで、落ち込んだことを忘れています。
「私は◇◇だ」◇の部分に、自分を励ますような言葉を入れていきます。

「私は強い」
「私はラッキーだ」
「私は元気だ」
「私は健康だ」
「私は成功した」(過去にして、すでに成功体験を感じる)

関連リンク

シーサーブログ自分を励ます言葉1
シーサーブログ自分を励ます言葉3
私はうまくいく私は楽しい

できれば定期的に例えば2ヶ月間隔で、鏡に向かったり、自分に対して励ますようにしましょう。

・運動をする

机に向かって座ったままでいると肩がこったりおしりが痛くなったり、時には椅子から立ちあがったときに、脚がガクガクしたりします。
そんな時は、軽く運動をしましょう。
少しウォーキングをしたり、ストレッチをして体の筋肉をほぐしましょう。

・糖分を摂取する

(これから)

こちらの記事もどうぞ