映画 スティーブジョブズ エックスメンのマイケルファスベンダー版 感想ネタバレ

映画 スティーブジョブズ エックスメンのマイケルファスベンダー版 感想ネタバレ

スティーブジョブズの映画は幾つかあって最近ではアシュトンカッチャー版のスティーブジョブズがあります。
アシュトン・カッチャー版はApple1を開発、販売する前後の話とアップルを創業し、ジョン・スカリーからアップルを追い出されるところが今回の映画よりも多くのシーンで登場します。そして、ビル・ゲイツとの電話シーンでは、裁判に訴えてやると猛烈に抗議するシーン(このシーンでビルは出てきませんけど)があります。いかにもアイデアを尊重し守る企業の姿が見えます。

でもこのアシュトン・カッチャー版でもアイフォーンについては語られていません。

あらすじネタバレ

Macintoshの発表会での裏話やスティーブジョブズの娘リサとの確執、スティーブウォズニアックとの喧嘩など、かなりスティーブの私生活に踏み込んだ内容であってMacintoshの開発秘話とかアイフォーンの開発話は一切なし。
見る側としては、もっとアイフォーンやアイパッドの開発秘話が見られるかと思いましたが、そういった話もなく、マイクロソフトのビルゲイツとの確執のほとんど出ませんでした。

ジョンスカリーのスカウト話から絶縁状態などいろいろな話が出てきます。スカリーが悪者っぽい印象を受けていましたが全てはスティーブジョブズの性格がみ招いた自業自得みたいです。
スカリーは会社の利益を守るためにスティーブジョブズを追放したのです。

感想としはスティーブジョブズが好きな人には面白い内容ですが、映画的には感動がありませんね〜

(絵を入れるか写真を入れる予定)


ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1スティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

写真は映画と関係ありません。
猫2

こちらの記事もどうぞ