田舎暮らしの週末 2016年9月25日 

田舎暮らしの週末 2016年9月25日 

実家に帰ると栗が干してあった。栗ご飯にすれば美味しいだろう。
と思って、自宅に持って帰って栗の皮をむくとほとんどが腐っているか虫に食べられていて、栗ご飯に使える栗は2個でした。やはり自宅の木になる栗は殆ど食べられないみたい。

今回も草刈り。
先週刈った草が枯れていて、軽くなり捨てやすくなった。
電動草刈機でも刈ったほうが楽かもしれない。エンジンタイプは音も大きいし振動も強いから電動草刈機の方が良いかもしれないが使える時間は約20分ほどらしいので予備バッテリーは必須らしいです。

餅原の畑にいって、植木の剪定の手伝いです。切った枝を運び出します。
サッパリしましたね。

カット1img_1875

畑1

<広告>

麦わら帽子というと小さな子供がかぶるようなイメージがありますが、大きなツバの部分が暑い日差しを遮ってくれるし、麦わらの編み目の隙間が空間があるので、通気性に優れ風通しが良くなっています。一般市場に販売されている野球帽のような前面につばのあるタイプはポリエステルとかが石油繊維で作られ、設計的に網目状にしてありますが麦わら帽子に比べると隙間が狭く、暑い日は麦わら帽子に比べて快適性が低くなります。昔ながらの麦わら帽子が季節に合う最適な帽子みたいです。
つばが大きいと風が強い日は飛ばされそうになるので、そこそこの大きさを選ぶと良いですね。

畑2

%e7%95%91img_1880

猫が遊んで欲しそうに車の下で待ってます。

猫

広告

以前は鎌で草を刈っていたのですが、広い畑では手作業は大変面倒です。やっぱり機械の力を借りまそう。ガソリンか混合油を使った燃焼エンジンタイプもありますが、こちらは騒音がすごいので近所迷惑になりそうです。
バッテリータイプのモーターで草を刈る草刈り機タイプなら、音も静かで週末の静かな住宅街で使っても安心です。

こちらの記事もどうぞ