アイフォンアプリ開発 バージョンのときにエラー発生 ERROR ITMS-90087 REALM

アイフォンアプリ開発 バージョンのときにエラー発生 ERROR ITMS-90087 REALM

ERROR ITMS-90087 REALM

ERROR ITMS-90087: “Unsupported Architectures. The executable for Etango.app/Frameworks/Realm.framework contains unsupported architectures ‘[x86_64, i386]’.”
ERROR ITMS-90087: “Unsupported Architectures. The executable for Etango.app/Frameworks/Realm.framework contains unsupported architectures ‘[x86_64, i386]’.”

ERROR ITMS-90209: “Invalid Segment Alignment. The app binary at ‘Etango.app/Frameworks/RealmSwift.framework/RealmSwift’ does not have proper segment alignment. Try rebuilding the app with the latest Xcode version.”
ERROR ITMS-90209: “Invalid Segment Alignment. The app binary at ‘Etango.app/Frameworks/RealmSwift.framework/RealmSwift’ does not have proper segment alignment. Try rebuilding the app with the latest Xcode version.”

複数のFrameworkが登録されていたため
削除してもエラーは消えない。



BuildPahase
のRunScriptに貼り付けて
ArchivesのUploadtoAppStoreボタンを押す
しかし、エラーは消えない。

そこで、アーカイブをやり直すことにしたら、
エラーが変わった。
どうやら、アーカイブのウィンドウが出たままで、プロジェクトの設定を色々変えても変化はないようだ。
だから、XCODEのメニューのアーカイブから選んで実行するようにしたほうが良さそう。

Unable to validate your application.
The path ‘/var/folders/kt/7xldx1cd6dd93vs_dvlmcmlh0000gn/T/XcodeDistPipeline.dx1/Packages/Etango.ipa’ does not contain a file.

いったんXCODEでCleanを選択してもう一度アーカイブを実行してみる。

エラーが発生。どうやらRealmのデバッグのパスを探しているようだが見つからないみたい。
サーチパスRealmのデバッグのパスを削除した。

RealmのFrameworkを実際のファイルから選択するようにした。
デフォルトのFrameworkで選択すると実態のない場所を選択させるようになっていたみたい。
だから、Realm.frameworkをコピーした実体のファイルを選択した。

警告が2件あるがアーカイブから、UploadToAppStoreのボタンを押せるようになった。
これでクリックしてみる。
これでだめなら、今日はおしまい、また明日頑張る

諦めたら、成功した。

そして、アイチューンズコネクトのビルドで登録ができるのに20分ほどかかる。

こちらの記事もどうぞ