MacOSX,MacBookProでMySQLをインストール、テーブルの作成手順、忘れないための備忘録

MacOSX,MacBookProでMySQLをインストール、テーブルの作成手順、忘れないための備忘録。
2017/3/1

MySQLのDB領域とDBアカウントを作成
を参考にしました。

MySQLの実行

()パスワード設定

$ /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password ‘pass自分のパスワード’

(インストールしたときにダイアログで一時的なパスワードが表示されている時があるのでそれを忘れずにメモっておくこと)
「De********D」>>こんなかんじのパスワード

()ログイン

$ /usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p
Enter password:
「De********D」>>こんなかんじのパスワードだった。毎回違うだろうけど。

()データベースの作成

//UTF−8で設定

これは、rootのパスワードを初回設定から変えていないぱすわされるらしいので、
初期のパスワードを変更する。
いまは、初期パスワードでログインしてるので、
この状態で、
mysql> ALTER USER ‘root’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘パスワード’;//新パスワードを入力します。

もう一度
mysql> create database masedaDB CHARACTER SET utf8;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)
作成できた。

データベースを作成してから、ユーザを特定する。

()MySQLのDB領域とDBアカウントを作成

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON masedaDB.* TO maseda@localhost IDENTIFIED BY ‘パスワードです’;//「ユーザの別パスワード」
(;がないと、入力が終了しない。)

mysql>exit
一旦抜けます
Bye
aidayota-no-MacBook-Pro:~ maseda$


設定後にユーザーでログインします

()ログイン

$ mysql -u ユーザ名 -D データベース名 -p
$ /usr/local/mysql/bin/mysql -u maseda -D masedaDB -p;

exitで一旦抜ける

aidayota-no-MacBook-Pro:~ maseda$ /usr/local/mysql/bin/mysqlshow -u maseda -p;
パスワードを入力

とりあえずここまで

こちらの記事もどうぞ