Admob,FIrebaseに登録したあとの設定の仕方、アイフォンアプリ開発

Admob,FIrebaseに登録したあとの設定の仕方、アイフォンアプリ開発

単にライブラリやAPIをプロジェクトにドラッグする方法もあるらしいけど、pod installを使ったやり方
swift3.0 2017/09/14

XCODEの場合
OSXのシェルから該当のプロジェクトのディレクトリに移動して、

pod init
すると
PodFileができるので、それをテキストエディタで開いて

「pod ‘Firebase/Core’
source ‘https://github.com/CocoaPods/Specs.git’
pod ‘Firebase/Core’
pod ‘Firebase/AdMob’

以下は例です

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target 'HiyokoTwo' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for HiyokoTwo
pod 'Firebase/Core'

source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'

  pod 'Firebase/Core'
  pod 'Firebase/AdMob'


  target 'HiyokoTwoTests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

  target 'HiyokoTwoUITests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

end

を書いて保存して
またシェルから
pod installとすると
別のプロジェクトファイルが作成されるので、その新しくできたプロジェクトファイルを使用します。

そして、所定の箇所にコードを記入するすれば
(場所とかはあとで)

広告が表示されます。
でもプロジェクトを実行すると色々とエラーや警告が表示されます。

こちらの記事もどうぞ