トランスフォーマー 最後の騎士王感想ネタバレ

トランスフォーマー 最後の騎士王感想ネタバレ

地球はオートボットたちトランスフォーマーを敵とみなしていた。
ケイドはオートボットたちを政府から守っていたので、いわゆるアウトローだった。

イギリスの考古学者ビビアンは魔術士の末裔

地球を救う鍵は大昔の魔法使いが使っていた杖だった。
オートボットの執事が現れケイドにあなたは選ばれたと伝える。

イギリスに向かう
そこでトランスフォーマーに深く関係する伯爵に会うケイド
ケイドは選ばれた勇者だと言うのだった。

彼らは隠された杖を探す。


感想
全体的に面白い。
どこがよかったか
ビビアンは美人

少女が出演する意味がわからなかった。

敵の親玉が映画スピーシーズに出てきた女エイリアンに似ている。

こちらの記事もどうぞ