グーグル検索エンジンは使い物にならない?のでは

グーグル検索エンジンは使い物にならない?のでは

グーグルの検索エンジンはいまや世界一。というかグーグルの検索エンジンに叶うインターネットの検索エンジンはないと言われるくらいになっている。

グーグルの検索エンジンは最高なのか?
しかし、その検索アルゴリズムが複雑になりすぎて、便利なはずが便利ではなくなっているように思える。
本来上位に来るはずのサイトが、グーグルの検索エンジンのアルゴリスの変更により下位に移動させられ、利用者にとっての希望する検索結果と著しく悪い結果を引き起こしているように思える。

人間の視点も必要

グーグルの検索エンジンがまだ世界シェアを持っていないときは人間の視点により検索結果が出力されるようになっていた。
当然人間の作業は遅いため、膨大な量のサイトをチェックをできない。
しかし、プログラムの目を盗むようにして、検索結果の上位に表示させるような悪徳サイトをひと目で見抜くことができるのは人間である。
詐欺まがいのサイトや広告ばかりのサイトをかつてのAIでみぬくことは簡単にできなかった。
それを人間が変わりに判断して、検索結果として上位に表示させるような仕組みが存在した。

結果として、宇宙規模的に増大したサイトのチェックを人間の手だけでは対応しきれず、グーグルの検索エンジンが結果として世界一の能力とシェアを手に入れ、グーグルの検索エンジンが決める検索結果が最良の検索結果とされるようになってしまった。

グーグル検索エンジンは使い物にならない?のでは

グーグルは検索結果に広告を表示させてその収益を得ている。
この売上こそがグーグルの利益の源である。
そのため、グーグルは悪質なサイトや情報の質、量が少ないサイトはできるだけ検索上位に含まれないようにしている。
しかし、一方でその判断はグーグルの検索エンジンのアルゴリズムによって決定される。
同じ情報、質、量が同じ場合、そのサイトの検索順は、おそらく被リンクの数や他のサイトの引用で決定される。
この被リンクや他のサイトの引用は悪意を持って操作できてしまう。
つまり、検索上位に表示させようとすれば、被リンクや他のサイトの引用されるようにすればよく、掲示板やツイッター等のSNSに大量にリンクを貼れば済む。
当然そのような機械的な処理が施されれば、グーグルの検索エンジンはそれを違反として除外するはず。
しかし、検索上位に表示させようとすれば悪質なサイトをカモフラージュすることも可能なはずである。

つまり、機械対機械というかソフト対ソフト、AI対AIのようにいたちごっこで検索上位に表示させようとしていて、本来検索上位に表示されるべきサイトは、もしかすると検索下位に追いやられている気がする。

実際に検索結果を調べたわけではないが、たまに本来上位に表示されないような情報を掲載したサイトがなぜか上位に表示され、とても重要な内容が記載されているサイトが何ページも下の位置に表示されているのをみるとグーグルの検索エンジンが果たして有能かどうか疑問に思えてくる。

グーグルの検索エンジンなくして検索結果を知ることはできない。
独占状態がこれほど害があるとは思わなかった。
独占禁止法はよくできた法律である。
もっと競争を促すべきだ。もっと検索エンジンを増やしてほしい。

こちらの記事もどうぞ