好きなことを仕事にできないなら、趣味でやれ

好きなことを仕事にできないなら、趣味でやればよい。もし好きなことがプロ級ならそのうち仕事にできるし、そうでないならそのまま趣味でいればよい。

 例:甲子園に出場し優勝した高校の野球部の選手がいたとする。プロからスカウトが来ると思ったらぜんぜんなし。プロ野球選手になろうと社会人まで続けても結局スカウトはなかった人がいるとする。もし、その人が将来有望ならスカウトされたはず。結局はプロ野球に向いていないということ。もし野球が好きなら同好会を作ればいい。
 歌手になりたい人がいたとする。作詞作曲ができて歌が上手ければレコード会社からスカウトされてデビューできる。下手ならユーチューブに動画をアップして愉しめばいい。

好きなことを仕事にして収入を得たいなら、その分野でビジネスモデルを作り会社を興すしかない。
ビジネスモデルができないなら、収入がないから仕事にならない。
だったらちゃんと働いて週末に趣味をたのしめばよい。

好きなことを仕事にするなら、
まずは好きなことで一番かトップ5に入ることが必要。お金にならなそうな分野でもアイデア次第でちょっとだけの収入が得られることもあるはず。

でも好きなことが仕事や収入につながらなくてもボランティアとかいろんな道がある。

なにもお金を得ることだけが好きなことを続ける動機ではないはず。

こちらの記事もどうぞ