日本語は難しい文章1:孫の親権を得るために祖父母が息子と別れた嫁を生き埋めにして殺害

日本語は難しい文章1:孫の親権を得るために祖父母が息子と別れた嫁を生き埋めにして殺害

記事とは関係ありません。

文章1は祖父母
息子 別れた嫁が登場する

問題となる文章
「孫の親権を得るために祖父母が息子と別れた嫁を生き埋めにして殺害」

パッと読むと祖父母が、息子と別れた嫁の二人を殺害した、と理解できるし
祖父母が息子の元嫁の一人だけ殺害したとも理解できる

祖父母が二人を殺害したなら、文章1のままで理解できるが、一人だけなら息子の元嫁とか離婚した嫁一人とか、何人殺害したかわかるように記載すべきだ。

祖父母と息子は血縁関係であるのでそうすれば、祖父母が実の息子を殺害することはないとも取れるので文章1でも理解できなくはないが、鬼畜殺害ニュースから連想すると孫に会いたいがために息子と元嫁とも殺害したと想像することもありえる。

日本語の文章はどちらとも解釈できることもあるので必ず一つの解釈となるように文章を限定させるか補足的な説明が必要だ

こちらの記事もどうぞ