退職するときの引き継ぎについてアドバイス

退職日を決めたら、上司と相談して、できるだけ退職する前は仕事が完結するようにスケジュールを調整しましょう。

退職直前で引き続きをすると、退職者も引き継ぎをする人も時間を調整できなくて、十分な説明をする時間がありません。

といっても仕事が多いとそう入っていられず、結局は満足に引き継ぎができずに終わってしまいます。
ですが、引き継ぎをする人の今後の仕事量、スキル、その仕事を引き受けてさらに残業が増えるなどを考えると
できるだけ丁寧に説明をしたり、書類を残すようにしましょう。

情けは人の為ならずといいますので、いつか巡り巡って自分に還ってきますから自分が引き継ぎをする立場になって
考えると良いと思います。

自分の場合

有給が20日以上余っていたので、1ヶ月を有給消化期間にして、
最終出社日は月末で、書類上は翌月が退職日としました。
なので最終出社日と退職日は同じではありません。以前務めていた会社では
そのような退社方法を知らなかったので、有給をあまり使えず退職してました。

・退職する前に仕事を受けるときは

人情で仕事を受けてドタバタするより、冷酷になって仕事は受けない
そのほうが、お互いにすっきりします。
できる人ほどつい引き受けがちですが、仕事が完結できないよりは担当者が
在籍している方がましです。
私はギリギリまで頑張ってしまい、退職日前日前休日出勤する羽目になりました。

・上司はどうするか

退職する人は、退職1ヶ月前から他の会社に移る気持ちのほうが、増してきて
退職直前の業務は少し手を抜きがちです。つまり退職者にとって、退職直前の仕事は
うっかりすると他人事になります。
できるだけ、退職前の仕事は、当人ではなくて他の人に割り振るようにしましょう。
そのほうがトラブルが減ります。
退職予定者が暇で時間が余って、引き継ぎに時間を割けるようになるぐらいが
ちょうどよいと思います。

こちらの記事もどうぞ