ワンピース53巻、感想ネタバレ、ポアハックの島国アマゾンリリー

ワンピース53巻、感想ネタバレ
ネタバレOnepieceワンピース53巻のストーリーは、九蛇の戦士で、王下七武会の一角であるポアハックの島国であるアマゾンリリー

・他のリンク一覧
ワンピースブログリンク一覧

  1. ワンピース88巻、感想ネタバレ
  2. ワンピース86巻
  3. ワンピース85巻ネタバレ ウソつき プリンちゃんの本性
  4. ワンピース84巻
  5. ワンピース52巻、感想ネタバレ

ワンピース53巻は女海賊ポアハックの島国であるアマゾンリリーの内容である。

 ワンピース52巻のシャボンディ諸島の場所で、海軍大将黄猿との戦い、そして、バーソロミュークマによってルフィたち全員は、どこか知らない場所に飛ばされた。

以下ワンピース53巻のネタバレ

 ルフィは、男子禁制の女人国アマゾンリリーへ不時着する。
そして、アマゾンリリーの島民である女戦士マーガレットたちに助けるられるも、男であることを理由に殺されようとする。その島に男は一人もいない。

 なんとか脱出したルフィは、一坦はジャングル、に逃げこむ。
だが、この島から出国するには、船が必要であるので、ボアハンコックの住む居城へと替入し、船を貸してもらえるように依頼しに向かう。

 しかし、絶世の美女であり、九蛇の戦士で、王下七武会の一角であるポアハックにとらえられ、ゴルゴン姉妹とたたかうことになる。

 予想に反して強かった覇気を使うゴルゴン姉妹だが、背中の入れずみを見せたくないハンコックが、たたかいを中止する。

たたかいが終わり、ポアハンコックが自分たちの生いたちを話す。
そして、ルフィのために船を貸すことを約束してくれた。
その後ルフィは、エースが処刑、されることをおばぱから
聞き、ボア、ハンコックへお願いしル再度訪れる。
だが、ボアハンコックは、
病にふせっていた。恋煩いである。

ワンピース53巻の名言

 恋は、いつでもハリケーン

こちらの記事もどうぞ