ワンピース98巻感想ネタバレ、カイドウの子ヤマト 2021/02/04発売

2021/02/04

ワンピース98巻の感想、ネタバレを含みます。

赤鞘九人衆は裏切り者カン十郎を討ち取る

カイドウの娘であるヤマトがルフィと合流する。
彼女はおでんにあこがれて自分がおでんになるとルフィに話す

カイドウは将軍オロチを倒し、自分の娘ヤマトをワノ国の将軍に据える予定だった。
しかし、そこに赤鞘九人衆ほか、うどんの家来たちが押し寄せてきた。

カイドウと同盟を組んだビッグ・マム。
彼女はルフィに恨みを持っていて、ルフィを倒そうとする。

ルフィは
カイドウのもとに急ぐが、ビッグ・マムほか多くの敵が彼の行く手を阻む。

元海軍将校の恐竜ドレークは、スパイがバレてしまいルフィの味方をすることになる。ドレークは海軍の元軍人だった。

太っちょクイーンはウイルスを悪用した「氷鬼こおりおに」と呼ぶ兵器を使用し、鬼ゾンビを作り出す。
この氷鬼と呼ぶ銃で打たれると鬼になってしまう。そしてこの鬼になった者から触られると鬼なってしまう感染を利用した武器だった。
この症状を治すにはワクチンが必要だった。
クィーンはワクチンをアブーに渡して、誰がワクチンを奪えるかというゲームを楽しむのだった
敵味方まじってワクチンを奪うためにアブーを追いかけるゲームが始まる

結末

追い詰められたヤマト、モモの助、くノ一のしのぶたち。
ヤマトは敵に追い詰められてもモモの助たちを助けるのだった。
次回99巻へ

 

良かったシーンビッグ・マムと対峙するナミとフランキー

ナミ:だめよフランキー逃げよう「四皇よ!?」

フランキー:「四皇」だから逃げる?おいナミ お前あんのか・・・!? うちの船長”海賊王”にする気はよォ!!!

こちらの記事もどうぞ