楽天証券のマーケットスピード2、エクセル、別のブックのセルからコピーする案

作業はこれからで、アイデアだけをまとめておく

楽天証券の「マーケットスピード2」(2)のRSSと「マーケットスピード」(1)のRSSは構成が異なる。
「マーケットスピード」(1)(以下(1)とする)のRSSは実行形式であり、(1)を起動してRSS.exeを起動する必要があった。
一方「マーケットスピード2」(以下(2)とする)のRSSは、(2)を起動すれば使用できる。(2)用のRSS.exeは存在しない。
なお、エクセルのアドイン登録がどちらの場合も済んでいるものとする。
(1),(2)は同時に実行が可能である。

やってみたこと

(1)の場合VBAでループ処理により、株価の取得からいくつかの処理を行っていた。
(2)で(1)の同様な機能を実行しようとしても、動作しなかった。
具体的には(1)を別名保存して、(2)用の関数名に置換した。大まかに置換することで実行可能。
必要な関数の変更を行ったが、(2)では実行できなかった。エラー等の発生はないが、マクロとVBAの組み合わせの相性が悪いようだった。

改良

よって、
(2)で(1)と同様な機能を実行する場合、(2)で取得したデータをブックのシートのセルに貼り付け、その貼り付けたデータを別のブック(VBAコードあり)へコピーすることにした。
つまり、(2)のブックで株価等のデータを集め、別の処理をするブック(B)を作成し、ブック(B)にループ処理を行うVBAコードを記述することにした。

ブックA(マーケットスピード2のRSS):株価等の情報をセルに確保

ブックB(VBAコード):株価等の情報をもとに適宜必要な処理を行う。

VBA,マクロ

ブックAのマクロ
(これから)

ブックBのVBAコード
(これから)

以前のRSSを利用したマクロ

こちらの記事もどうぞ