ワンピース102巻、天王山、「俺に勝てる可能性でもあんのか!?」2022年4月4日発売、感想ネタバレ

ワンピース102巻、2022年4月4日発売、感想ネタバレ 101巻の感想ネタバレ

以下はネタバレを含む

ルフィは、海賊潜水艦に救われた。そしてジュクジュクの実の力によって、大人になったモモの助は、カイドウと同じ大きな龍となった。その桃色の龍に乗ってルフィはカイドウに再戦する。

ルフィ
龍になった桃の助の背中に乗ってカイドウの場所に連れて行ってもらう
カイドウと戦う

サンジは、体の異変に気づいた。本来父親の研究により生まれたときから改造人間として成長するはずが、強靭な肉体は得られず、父親たちから失敗作と罵られた過去があった。それが、ここにきてサンジの体は強靭な肉体に変化していた。

ゾロはキングと戦う
キングは伝説の種族の生き残りだったルナーリア族
そして政府に居場所を知らせるだけで一億ベリ貰えるお尋ね者だった
研究所にいた時脱走するカイドウによって助けられて一緒に行動するようになった

ゾロが持つ3つの刀の由来がわかる。ゾロの住んだ村にいた老人が刀職人だった
三代鬼徹きてつ 天狗の格好をしたワノ国の男
和道一文字 刀鍛冶 霜月コウ三郎
閻魔 刀鍛冶 霜月コウ三郎

一コマ

カイドウ「俺に勝てる可能性でもあんのか!?

ルフィ「生きてんだから無限にあんだろ!!

次回103巻へ

こちらの記事もどうぞ