カテゴリー別アーカイブ: マンガ感想

ワンパンマン1巻、感想ネタバレ

ワンパンマン1巻、感想ネタバレ
Webマンガとして発表、公開された作品をアイシールド21の作画作家が商用版として、発行した作品。

いわゆる素人が趣味で描いた漫画が話題になって、プロのマンガ家が描くとどれくらい迫力が増すかわかる。

Webマンガをアイシールド21の作画担当者が描いた作品ということで、アマゾンで売り切れとなっていたの気になって読みました。アマゾン、楽天でも売り切れで、本屋を探してかいました。

あらすじ、ほぼ一話完結
・ドラゴンボールのピッコロに似た怪人ワクチンマンが、街を破壊する。そのニュースを見たワンパンマンが登場する。彼は趣味でヒーローをやっている。周囲から「ワンパンマン」と呼ばれているわけではなく、誰も知らない。「サイタマ」が本名。
姿は、ハゲ頭で、マントを羽織っている。胸には何もマークはない。

見かけとは裏腹に、圧倒的パワーで、ワンパンマンはワクチンマンをぶっ倒す。

・三年前の話。
まだ、髪の毛があったときの話。

・蚊の女王のような怪人。昔の仮面ライダーの女の敵みたいなコスチューム。
蚊の怪人を倒そうとどこからか、サイボーグの「ジェノス」登場。
ワンパンマンの圧倒的パワーを見たジェノスは、弟子にして欲しいと懇願する。

・進化の家という組織がワンパンマンたちを襲う。がワンパンマンの圧倒的パワーに降参する。

・番外編、200円
ワンパンマンがヒーローになる前の学生の話。

感想
とてつもなく強く無敵というだけのシンプル設定でありながら、ワンパターン化の飽きやすさを巧みにかわすストーリー展開と、適度に醸し出されるギャグが面白い。

カッコいい二枚目ヒーローではなく、ブサイクヒーローである!

絵がシリアスであり、迫力もある。
オリジナルの方の画風もこれはこれで面白い。
しかし、プロのマンガの方が面白さが増すかな。

ハンターハンター32巻、感想ネタバレ、ハンター協会会長選挙、亡き会長の息子とは

ハンターハンター32巻、感想ネタバレ

内容
ハンター会長選挙
ゴンの復活
カイトとの再開
亡き会長の息子

30巻の感想はこちら

感想
ゴンの復活があっけなさすぎて、31巻の内容が無駄に思えてしまいます。
しかも、キルアもゴンも全く無事。あれ?って感じでした。
ナニカはドラえもんみたいに、何でも治せて終わってしまいました。
ゴンは、切られたはずの腕もちゃんと元どおりです。

ハンター会長選挙は、亡き会長の息子の登場の伏線でした。新しいハンター会長が亡き会長の息子となのる人物に対してどう対処するのか?
そしてゴンは何を目指すのか?
コミック派なので、現在のジャンプのハンターの連載がどこまで進んでいるのかわからないので、早くコミックを発売して欲しいです。

キルアの執事の男性は、やっぱり死んじゃったんですかね。
首を切られたと見せかけて、代わりの首を持ってくるとか。

バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、あらすじ感想ネタバレ、平丸のプロポーズ、アニメ化決定、最高と亜豆プロポーズ、編集吉田氏「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」

バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、あらすじ感想ネタバレ、

バクマンについて紹介します。平丸のプロポーズ、アニメ化決定、最高と亜豆プロポーズ、
吉田氏の名言「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」
などいろいろとおもしろい内容が多い。

バクマン12巻、感想ネタバレ

  1. 順位が上になり連載が決定する。
  2. アシスタントが漫画家、白鳥さん。
  3. それぞれが作品を発表。

今回の内容はほっとしました。とりあえず、連載となりました。
ドラマを作るための要素として常に言われている事件がバクマンのお話にきちんと盛り込まれています。これがストーリーを面白くさせるコツらしいです。

バクマン13巻

この13巻が20巻中で最も面白い。理由は平丸先生と少年ジャンプ編集者吉田氏のやりとりが面白い。

  1. 読みきりのエントリーで2本目の連載を狙う
  2. 吉田氏、平丸先生と蒼樹先生の恋の進展、
  3. ライバル出現か?

バクマン14巻

  1. 新人賞に応募した新人作家との対決、
  2. 新人作家七峰透の作家の秘密
  3. アンケート結果は、
  4. あせる七峰

バクマン15巻

平丸先生と吉田氏のやりとりシーンは面白い。

  1. 七峰にアンケート投票で勝った亜城木
  2. 同窓会で特別の道を歩むことを再認識した2人。
  3. マンガの中に登場するキャラクターpcpをまねた犯罪に苦しむ秋人、しかし自分たちの作品に自信を持ち、元気になって仕事に専念できるように復活する。
  4. 平丸先生のアシスタントになる。

バクマンの感想、早く読みたいと思って15巻を読みました。読んでみるとあっさり対決が終わってちょっと残念なストーリー展開。平原先生の連載が決まったシーンが感心しました。

バクマン16巻、新人とベテラン

  1. 新妻エイジの権限
  2. ベテラン作家たちの持ち込みの中に川口太郎の元アシスタントもいた、50歳の売れない作家
  3. 岩瀬の落ち込み、

バクマン17巻,七峰の再登場

  1. 漫画のアイデアを量産するシステム対作家と編集者の二人三脚の対決
    マンガを量産する会社ができたとして、きちんと原稿料が会社の従業員に支払われる額であれば、今後のマンガの世界はシステム化、細分化されたものとなるでしょう。
  2. 佐々木編集長、少年ジャンプを異動
  3. 新しい読み切り「王道バトル」漫画を考える亜城木

バクマン18巻,余裕と修羅場

  1. 新妻エイジと亜城の読み切り対決、
  2. 平丸先生と蒼樹先生の婚約、
  3. コミックの販売部数で差が開く、なぜ?
    コミックで売れるマンガ、週刊連載のほうが人気があるマンガはあります。
    ストーリーが一話読みきりでない場合は、コミックでまとめて読んだほうが話がわかって読みやすいことがありますので、週刊連載を読むよりはコミックの発売を待って読みます。

編集者吉田氏の心に残ったセリフ

「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」

平丸のプロポーズを考えてるときの台詞。
編集者吉田の、今までおだてて平丸に漫画を描かせていたことに対する罪悪感から出た台詞だろうか。

バクマン19巻

・アニメ化決定
・最高と亜豆との関係がネットでばれる
・亜豆はラジオで二人の関係を認め、告白する。最高も電話でラジオ出演することになる。

バクマン20巻、最終話

・亜城木のマンガ、リバーシのアニメの声優に亜豆が選ばれる
・リバーシは人気絶頂で連載終了
・そして、フェラーリに乗って白馬の王子となる最高はプロポーズ、お姫様の亜豆とキスで終了。

バクマンを読んだ感想

最高たちの目標はアニメ化、そして、最高たちの結婚ですが、アニメ化と結婚までがあっさりと終わりました。
まあ、ハッピーで良かったです。脇役のキャラクターたちをもうちょっと描いて欲しかった。
平丸先生とか白鳥ジュン(アシスタントのその後)とか。

その後の最高とあずきさんの二人は、結婚して幸せになるのか、読んだ後になって非常に疑問に思いました。うまくいかないでしょう。
まあ、マンガなのでどうでもよいのですが、、、

いわゆる、メールのみの文通での男女交際みたいなもので、けんかもほとんどしないし、デートもないし。
しかも、かたや声優アイドルで人気漫画家。
いそがしくて、結婚しても自宅にいてもほとんど顔を合わせることのない生活がこれから続くわけですから、現実の場合は別居婚か通婚とか、数年後にすれ違いから離婚という感じでしょうか。

少年マンガだけど、未来が悪夢になるような結果と思えてならなくなりました。

蒼樹先生

登場の当初は、すごく嫌な性格の女性でした。わがままそうで、他人のことなど構わないという性格。
それが、じょじょに、かわいらしい性格の女性に変わってきました。
特に平丸先生とのやりとりはほんわかしました。

関連リンク

バクマン。11巻の感想
作画担当 小畑健先生の作品:ヒカルの碁 15巻,17巻 感想ネタバレ、佐為サイが消えた15,17巻

バクマン実写映画

2015年に公開予定のバクマン。の実写映画のキャスト情報
真城最高役の佐藤健さん、高木秋人役の神木隆之介さん、ヒロインの亜豆美保役はモデルの小松菜奈さん

バクマン11巻感想ネタバレ、タイトルとキャラデザ、最高と秋人、亜城木夢叶(あしろぎむと)は新妻エイジに勝つためにシリーズもので勝負

バクマン11巻感想ネタバレ、タイトルとキャラデザ

最高と秋人、亜城木夢叶(あしろぎむと)は新妻エイジに勝つためにシリーズもので勝負

他のバクマン。の感想バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、感想ネタバレ、

以下は、バクマン11巻の感想とネタバレが含まれます。
バクマンの10巻の感想のページ。

感想
前回10巻を読んで、バクマンという漫画作品はつまらないと思ってました。
マンガ道のような内輪ネタかと。
単なる人間模様を表現しただけかと。

しかし、作品の絵柄は綺麗ですので、とりあえず、マンガを書くときの絵柄の参考にしようかと思って、今回バクマン11巻を読んだら面白くなってきました。

マンガ作家と編集者との協力関係が気になります。

ジャンプの編集者同士でも、作品の順位を競っている点に共感を覚えます。
どこかの漫画家が編集者は不要だとコメントしていた記事、ツイッターかな?があったので、少年ジャンプはそのようなことがないことを祈ります。

でも、バクマンの登場人物大杉。あと、作品と作者が一致しないから、忘れるから、話について行きにくい。

11巻あらすじ
最高と秋人、ペンネーム亜城木夢叶(あしろぎむと)は新しい連載に取り掛かる。
完全犯罪党Perfect crime party , 略してpcp 小学生が学校でイタズラをばれないように実行するストーリー。

この作品で、新妻エイジのクロウ、プラスナチュラルに対抗しそれを超える人気を取ることが連載継続の条件となる。

必死になって原稿を描く最高たち。

連載開始一話は、なんと一位。結果は良かったが、徐々に順位が降下してきた。しかし、落胆するほどのことではなかった。人気はあった。

しかし、編集者である服部、タコの口をした尖ったヘアースタイルで大柄な担当者、はこのままではクロウなどの作品に勝てないことを心配する。

しかも新妻エイジは亜城木夢叶、最高たちには負けない自信があった。

絵である。新妻の表現力は、pcpを上回っていた。絵の表現で優っている新妻エイジに勝つために、絵柄を変更する最高たち。

しかし、それでもクロウに人気投票で勝てない。
そこで最高たちは、一話完結でなく、シリーズものにして、人気を取ることにした。

これは一発勝負だった。

さてどうなるか、バクマン12巻へと続く。

Q&A6巻あだち充、最終回、感想ネタバレ

Q&A6巻あだち充、最終回、感想ネタバレ

ネタバレを含みますので注意してください。

厚は、陸上部に入り、コーチからしごきをうけていた。

その状況は指導とは呼べるものではなかった。
それをみて遊歩は止めにはいる。
飽きやすかった厚はそのような状況でも部活を続けていた。

ある日、買い物にでて、小銭を落とす。
小銭が転がって、車道に転がっていった。
小銭を追う厚。そこへ自動車が迫り、厚をはねる?
かと思われたが、、、

そこで夢から目が覚める。そこは肉屋の二階だった。
買い物に来て、倒れたらしい。しかも、なぜか、過去で引っ越しをして来た日だった。

遊歩と厚はここからはじまる。

感想
あだち充にしては、三角関係恋愛もなにもスポーツも進まず、単に淡々として進行して、面白さが全くない。
しかも最終回が夢落ちという、ストーリーとして使ってはならない進行である。これは読者としてガッカリ。手塚治虫先生も夢の落ちは使わない方が良いとして、推奨していない。まさかベテランの先生が使うとはよほどネタに困ったと見える。

よく六巻も掲載されたなと思えます。
少年サンデーの掲載マンガの質がこれほど低い状況がうかがえます。これでは売れない。

ガラスの仮面49巻、感想ネタバレ、速水さんはもう紫のバラの人をやめるのか、腹心の部下の聖さんにナイフを投げる速水さん、昼ドラ化した

ガラスの仮面49巻、感想ネタバレ、

腹心の部下の聖さんにナイフを投げる速水さん。どんどん話が昼ドラ風になってきました。ガラスの仮面50巻の発売は一体いつになるのか、誰か教えて。(2013年11月2日現在において50巻はまだ発売されておりません。)

ショック状態になって廃人同様の病人となった詩織さん

ショック状態になって廃人同様の病人となった詩織さんを見舞う速水さん。
ブツブツとつぶやくだけで、寝たきり状態になってしまった紫織さん。

マヤとの関係を進めようと思った矢先に、元婚約者が精神的に追いやられてしまった。
一時はマヤと良い方向になるつもりだったが、速水さんは自分のしたことに罪の意識を感じて、元婚約者と結婚することを決意する。

一方、マヤは速水さんを信じていた。マヤの気持ちに気づいて、速水さんも本当の気持ちに素直になってくれると。
しかし、突然、速水さんに冷たくあしらわれてしまい動揺する。
動揺したマヤは、紫のバラの人の使用人聖さんに直接会いたいと懇願する。理由を知りたくて。

紫のバラの人をやめる

聖さんは速水さんにそのことを告げるが、速水さんはもう紫のバラの人をやめると明言した。

それを聞いた聖さんはマヤに、自分が紫のバラの人であると嘘の告白をすると速水さんに進言する。

驚きうろたえる速水さん。
立ち去る聖になんとナイフを投げつける。大丈夫か速水さん。行動が突発的過ぎ。

(まだ途中。)

ガラスの仮面の感想

昼ドラよりも行動が過激な速水さんでした。
まさか腹心の部下である聖さんにめがけて、ナイフを投げつけるなんて。

話の展開を予想すると、バッドエンディングは速水さんが自殺をして、マヤがそれを発見し、ショックを受けるも、速水さんの思いを秘めて、紅天女を演じ続けるで完結でしょうか。
まるで尾崎一連の場合と同じ。

速水さんナイフを投げるシーン画像

それだけは、やめてくれ。です。
それだけ、はやめてくれ。ではありません。

ガラスの仮面

ガラスの仮面48巻感想ねたばれ|目が見えなくなった亜弓さん、速水社長修羅場

ガラスの仮面50巻はいつ発売されるのか?

一体いつになったらガラスの仮面50巻は発売されるのか?
さっぱりわかりません。出版社はどうしてしまったのでしょうか?

 出版上、ガラスの仮面50巻が発売できない理由があるとすれば、著作権者の許可が下りていないからとか、漫画の内容に不備がありその許可を取る必要があり、その許可がおりないまたは、許可を取る人物と連絡が取れていない、などが考えられます。
 もしくは、漫画の内容の一部に掲載できない内容が含まれており、その部分の修正をしているとかでしょうか。
早く読みたい50巻です。

その後の経過

2014年5月15日現在もまだ、ガラスの仮面50巻は発売されていません。

2018年4月30日現在もまだガラスの仮面50巻は発売されていません。
これは死ぬまでに発売されるのでしょうかね

その他のマンガの感想寝たばれページメニューへ

ナルト62巻 感想ねたばれ、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」、イタチの別れ、2012年10月4日木曜発売

ナルト62巻 感想ねたばれ注意、「皹ひび」2012年10月4日木曜発売、にせマダラ(トビ)の正体は?イタチの別れ

ナルト61巻、感想ネタバレはこちら
ナルト60巻の感想寝た晴れはこちら

今回のナルトはいろいろと大きくストーリーが進行しました。しかし、まだまだ肝心の部分がはっきりしません。
マダラが強すぎて、いったいどうやってマダラに対抗できるのでしょうか。
九尾のナルトは偽マダラと闘っています。五影を助けるのは誰でしょうか。やっぱりナルトなのでしょうか

以下は、ナルト62巻の感想とネタバレを含みますので、まだ62巻を読んでいない方はご注意ください。

(1)イタチとカブトの結末(大蛇丸の復活)

 禁術イザナミによってカブトを催眠状態にしたイタチ。穢土転生を解除すれば、イタチも現世から消える。イタチは戦争を終わらせ、忍びの世界を救うために、カブトに穢土転生の解除を命じる。
穢土転生により、あの世に戻る前に、真実をサスケに告げる。イタチはサスケに里へ戻ることを望んでいた。
しかし、サスケの復讐心は消えなかった。
 そこへ、水月たちがあらわれ、秘密の巻物をサスケに手渡す。その巻物を見たサスケは、大蛇丸の力が必要となり、大蛇丸を復活させる。大蛇丸はサスケの頼みに応じる。
 そして、サスケは「すべてを知る人物」に大蛇丸と共に会いに行く。
Mr.ITACHI ordered Mr.KABUTO to release EDO-TENSEI-JUTSU.
Mr.SASUKE ant Mr.OROTIMARU go to meet person who knows everything.

(2)五影とマダラの戦い(強大すぎるマダラの力)

 

最強の忍者と呼ばれ、伝説的な強さを持つマダラの前に、5人の影たち五影の力は全く歯が立たなかった。
ほぼ全員が捨て身になってマダラと闘う。巨大すぎるチャクラと強大な威力を持つ忍術に今の五影では太刀打ちなどできなかった。マダラに対抗できるのは初代火影の千住柱間だけだった。
 しかし、ここであきらめるわけにいかなかった。いかにうちはマダラが強くとも、あきらめは、人類の滅亡を意味した。

 マダラが攻撃を仕掛けてきた。そのマダラの攻撃を綱手が防いだとき、ちょうどそのタイミングで、マダラの穢土転生が解除されそうになる。穢土転生が解除されれば、マダラの魂は天に帰り(地獄か?)、マダラが消滅する。皆そう思った。

 綱手はチャクラを使い果たしたが穢土転生が解除された思い気を抜く。しかし、マダラの穢土転生は解除されなかった。そして、マダラが綱手に攻撃を加え、綱手が攻撃を受けるかと思われた。が、かろうじて逃げ切った。

 穢土転生の解除により魂が自由になった元恋人のダンが霊化の術で綱手に乗り移って攻撃をかわしたのだった。ダンは綱手のかつての恋人で戦死した。今回の戦争により穢土転生で、カブトによりこの世に呼び戻されていた。

 精神の中で再会を喜ぶ二人だった。わずかな時間であったが、二人は、想いを寄せる。綱手は、ダンや弟ナワキの夢だった火影になることで、二人の夢を叶えようとした。そして、ダンは綱手を励ます。
Mr.MADARA is most powerful ninja. Five KAGE ninjas did not fight him. He is strong. But Never give up.

 

(3)にせマダラとナルト、カカシたちの戦い(徐々にわかる偽マダラの正体)

 偽マダラのトビに苦戦するナルトたち。トビはたくみに攻撃をかわす。
しかし、カカシがトビの時空忍術の弱点を見破る。
つまり、カカシのカムイとトビの時空忍術が同じ次元空間を使用するものだった。
それは、カカシの左目の写輪眼の持ち主だったオビトと関係があるように思われた。
トビの目とカカシの左目とは同じ写輪眼の関係をもっており、時空間がつながっているのだった。
 はたして、偽マダラの正体は誰なのか?オビトと関係があるのか、それともマダラと関係のある人物弟なのか。

そして次の63巻は、2013年の1月の発売かな。そのまえにワンピースが発売されますね。ナルトはつぎで偽マダラの正体がはっきりするのでしょうか?

ますますおもしろく、また、謎も追加された62巻でしたので63巻も待ち遠しい。早く内容が知りたくて週刊少年ジャンプを毎週買おうか悩んでしまいますね。

ナルトの他の感想ネタバレ

ナルト63巻、感想ネタバレへ
NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ「兄弟、共闘!!」
NARUTOナルト60巻の感想ネタバレ 八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決

ナルトの画像

20121008-061451.jpg

マダラ画像

ナルトが実写化されるとしたら、誰が演じるか

ドラゴンボールの実写、北斗の拳の映画の実写化等があり、結局、興行収入、作品の出来もひどいものとなりました。作品がひどかった原因は、監督、脚本家たちが、原作の漫画をほとんど読んでおらず、彼らが原作を評価していないことです。映画バイオハザードは監督自身がゲームのバイオハザードをプレーしその面白さを十分に知った上で、映画バイオハザードを撮影したと聞いています。また、脚本に関して、著作権を管理するカプコンが数回に渡り、脚本の修正、チェックをできる契約にしたことも映画バイオハザードが成功した理由でもあります。

ナルト役は誰?ヒナタはグラビアアイドルか

では、もし仮に、なると実写化されるとすると、誰が演じるのがよいでしょうか?
日本人か外国人か、というのがまず課題として浮かびます。
忍者ですので、日本の文化、日本人が演じるのが適していそうですが、髪が金髪の日本人は似合いそうにありません。
かと言って、外人というのも難しいものです。
ナルトについては、ちょっとあとで考えましょう。

ヒナタについては、グラビアアイドル系からFカップ以上を入れたいところです。

ナルト:日本人OR外国人
サクラ:日本人
サスケ:日本人OR外国人
カカシ:外国人
ヒナタ:グラビアアイドル
手綱:外国人


今日買ったマンガ、めしばな刑事タチバナ2巻、総特集吾妻ひでお2011年4月発行

今日買ったマンガ、めしばな刑事タチバナ2巻、総特集吾妻ひでお2011年4月発行

めしばな刑事のコマの一部を何処かのサイトで見て、面白そうだなと思って読んで見ました。2巻を読んだのは、面白ければ3巻4巻と続けて読もうかと思いました。

感想
文字大杉、説得力が大げさすぎて、チェーン店にいかない人にとっては、よくわからないウンチクが並び理解できずについていけない。
絵柄は丁寧なので、見やすい。

そう考えるとこち亀はウンチクを語っていても飽きさせず、わかりやすく描いている。
違いがわかると、今後の漫画の参考になりそうです。

吾妻ひでお2011年特集

個別の作品が面白くないのですが、女の子のキャラクター可愛いので、好きな作家さんですq。ストーリーが脈絡なくてよく編集者は文句言わないのかと思ってます。

画力と想像力が他者から抜きんでいるのだと思いました。

本人の写真を見てちょっとびっくりです。なんか浮浪者そのままですね。ちょっと怖いです。

なるほど、漫画の本人は可愛らしいので、どれくらいデフォルメされているのか本人の写真を見るまでわかりませんでした。

本の内容は、インタビューが充実していて読み応えありです。全部まで読んでません。そこそこに壮絶な内容があり、読んでいると自分の気分がおちこみそうなのでゆっくり読もうかと思います。

また、アイデアスケッチが掲載されているので、吾妻ひでおタッチのキャラクターが好きな人にはオススメです。
ただし、鉛筆画デスので、はっきりとした線が印刷できていないところもあります。しかし、、十分に見て取れます。

20120917-131055.jpg

今日買った漫画バクマン。10巻、編集会議で多数決

今日買った漫画バクマン。10巻、初めて読みました。

他のバクマン。の感想バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、感想ネタバレ、

とりあえず、十巻から読み始めました。
二十巻で完結というので。その中間くらいから読めば面白さが中間かなと。

感想、
文章、セリフ多すぎて読むのが結構大変なんですね。

これが人気?だったとは思えませんね。でも二十巻まで続いているので人気はあったのでしょう。

少年ジャンプは小学生、中学生がターゲットなので、この層はあまり読んでないのではないのかな。たぶん、漫画を目指したいと思っている人か、社会人に人気だったのかなと思います。
漫画好きな方でも、かなり読むのに苦労します。

ワンピースもセリフが多くて読むのに大変と思っていますので、この漫画家裏話は。興味がない人にとっては、つまらないお話です。

結構、リアルなジャンプ編集部の動向らしいという評判と噂を知りつつよみました。

20120901-133615.jpg

その後の感想
前回の感想で、バクマン。がつまらないと感想を述べました。
その後、最終巻まで読んでみると、この10巻の前後のお話のつながり、人間関係がわからなかったので、バクマン。がつまらないと思いこんでいたようです。
吉田氏と平丸先生のやりとりが面白かったです。藤子不二雄先生のまんが道とは登場人物が異なる点でもおもしろかったです。藤子不二雄先生のまんが道は基本的に、自分が主体で、編集側がどのような基準でマンガを採用しているのかあまり登場せずに、多くの漫画家が登場する点で面白かったと思います。

NARUTOナルト61巻が7月27日に発売とな 待ち遠しい。

NARUTOナルト61巻が7月27日に発売とな
ナルト60巻が5月に発売だったので、てっきり61巻は8月かと思ってました。
といっても7月下旬なので、8月上旬との違いは、1週間か。
たいして変わらないけれど、少しでも早いほうがよいです。
ということはワンピースも早まっているのか?

ナルト60巻では、ナルトと九尾くらまが仲良くなりました。
そして、マダラとトビの正体が次回の61巻で判明するのでしょうか?
週刊ジャンプを読まずにコミックのみを読んでいるので、61巻が発売されるまでの状況がさっぱりです。街通し。まちどおしい


NARUTO―ナルト―(61) (ジャンプコミックス)