カテゴリー別アーカイブ: 映画

ピクセル 感想ネタバレ アーケードオタクが世界を救う

ピクセル 感想ネタバレ アーケードオタクが世界を救う

感想

つまらないと思っていたら結構面白かった。
宇宙人が、地球から送信したアーケードゲームのプレー中を記録したビデオを見て宣戦布告と勘違いして、地球にゲーム戦争を挑むというシナリオは良かった。
ゲームオタクとアメリカの大統領が親友だったという設定もうまい。
アーケードゲーム、ゲームセンターでお金を入れてゲームをしたことがない人でもそこそこ楽しめるかも。
逆にアーケードでゲームをしていた世代からすると物足りなさを感じるかも。

ドンキーコングのゲームの舞台をリアルにして、ドンキーコングを倒すシーンはあまりにもゲームのシナリオ過ぎてつまらない。

アフター・アースを借りたつもりが、パッケージを間違ってインタープラネット借りた感想

アフター・アースを借りたつもりが、パッケージを間違ってインタープラネット借りた感想

以前アフター・アースを借りようとして保留してて、今日はレンタルで借りたい作品がなかったので、パッケージを見てたぶんこれが、ウィル・スミスが出演していたアフターアースの惑星のストーリーだと思い込んで、インタープラネットを借りました。

続きを読む

デッドプール 感想ネタバレ、性格の曲がったヒーロー

デッドプール 感想ネタバレ

ウェイドは姑息な金の集金人みたいに金を巻き取ったり脅しとったりして生計を立てていてヒーローらしからぬ人物である。
彼には恋人がいて幸せだったが彼はガンを宣告される。
続きを読む

セブンスサン 魔法使いと魔女の戦い あらすじ感想

セブンスサン 魔法使いと魔女の戦い あらすじ感想 星0.1くらい

あらすじ

魔法使いが魔女と戦い、魔法使いが勝つ

感想

話がシンプルすぎて、中身が無いし、何も書くことがない。
魔法使いが魔女と戦うだけ。
主人公の成長が無く、師匠の魔法使いが魔女を倒してしまい面白みがない。

星1個の価値もなくて0.1個くらいでしょうかね。

パディントン ぬいぐるみじゃなくてクマが話すでも18禁ではないよ

パディントン ぬいぐるみじゃなくてクマが話す

ぬいぐるみが話す映画はテッド、でもこのパディントンは生きた動物の熊です。しかも礼儀正しい子グマさんです。

熊が人間の言葉を話しお互いに意思疎通ができちゃいます。
そしてテッドと違って小さなお子様でも見ることができます。

あらすじ

ロンドンの探検家がペルーの熊一家と知り合いになった。そして探検家がいつかロンドンに遊びに来いと誘った。この熊たちはジャングルの中で、まるで人間のような生活をしていた。なぜ動物が人間のような生活をしているのかは不明。
続きを読む

アイアンマンとキャプテンアメリカが敵対 シビルウォー アヴェンジャーズ

アイアンマンとキャプテンアメリカが敵対 シビルウォー アヴェンジャーズ

ネタバレあらすじ

アヴェンジャーズは今日も悪党たちと戦っていたが、戦いに寄って一般市民が巻き添えになることも多々あった。そのためアヴェンジャーズを国連の監視下に置こうという動きがあった。

しかしアヴェンジャーズのメンバーの中には皆が同じ意見ではなく賛成と反対の者がいた。
キャプテンアメリカは昔の親友バッキーが国連を襲撃した犯人では無いと信じ真犯人を捕まえようとしていたがアイアンマンたちはバッキーを逮捕しようとしキャプテンアメリカたちはそれを阻止しようとしていた。

続きを読む

映画 スティーブジョブズ エックスメンのマイケルファスベンダー版 感想ネタバレ

映画 スティーブジョブズ エックスメンのマイケルファスベンダー版 感想ネタバレ

スティーブジョブズの映画は幾つかあって最近ではアシュトンカッチャー版のスティーブジョブズがあります。
アシュトン・カッチャー版はApple1を開発、販売する前後の話とアップルを創業し、ジョン・スカリーからアップルを追い出されるところが今回の映画よりも多くのシーンで登場します。そして、ビル・ゲイツとの電話シーンでは、裁判に訴えてやると猛烈に抗議するシーン(このシーンでビルは出てきませんけど)があります。いかにもアイデアを尊重し守る企業の姿が見えます。
続きを読む

ズートピア 感想ネタバレ うさぎと狐が主人公のアニメ

ズートピア 感想ネタバレ

感想
ディズニー映画らしいストーリーです。夢は諦めなければ叶う。
単調なストーリー展開ながらもキャラクターの表情が可愛い。毛並みがツヤツヤしているところが素晴らしい。
目と眉毛の動きが感情を見事に表現しいまなにを考えているのか見ている側にもきちんとわかります。微妙な雰囲気の表情も理解できるところが素晴らしい。日本の大半のアニメだと特定のシーンを見てもどういった感情を今キャラクターが思っているのか理解できない。
偶然詐欺師のキツネが事件の被害者と接点がある事でトントン拍子で進んでいく、というのはよくある展開。
全体的に面白さやワクワク感の起伏が少ない感じはありましたが、楽しめた。

ズートピアのネタバレを含みます。
続きを読む

映画感想 インターテスラー 時空を越えて娘にメッセージ ブラックホール

インターテスラー 時空を越えて娘にメッセージ ブラックホール

滅亡に瀕した地球はまるでテレビアニメの宇宙戦艦ヤマトの地球のように滅びようとしていた。
作物は育たず 人類の食物は実らず人類だけでなく地球も滅びようとしていた。
元ナサのパイロットだったクーパーはある日娘の部屋で不思議な現象に遭遇した。部屋のある場所だけ重力が異なり、重力の変化で床に積もった砂の積もり具合から二進数の信号で解読すると座標を示していた。
興味を持ったクーパーはその地点に行くとそこは秘密のナサの研究だった。
そして宇宙のある場所に向かうためにパイロットになるよう進言された。
出演 アンハサウェイ

続きを読む

邦画 南極料理人 料理人の話が面白い 感想ネタバレ

邦画 南極料理人

料理人の話が面白い 感想ネタバレ

邦画は見ないことにしています。日本の映画を見ない理由は貧乏臭くて辛気臭いからです。せこくて意地の悪そうなキャラが多く見ていて気持ちが悪くなり、後味が悪いからです。

恋愛映画は別です。

今回は朝日新聞の記事 感想でたまたま見かけて面白そうだから見ました。すごい偶然です。
まさに映画の感想により、視聴者が増えたわけで、私自身も映画やドラマの感想を書いて見たくなる人がいてくれたりあの映画は面白かったとかつまんないとか論じ逢えると楽しそうです。

今回の映画は南極の観測所の日常です。
まさに日本映画の貧乏臭さと辛気臭い雰囲気が漂い、ハリウッド映画の華々しさとは対極です。

そこが邦画の面白くない雰囲気が漂っていて邦画を観たらつまんないイメージが定着してしまっている感じです。
続きを読む