カテゴリー別アーカイブ: 書籍、本の感想紹介

買った本 超訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

買った本 超訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
              エスタ-・ヒックス,ジェリ-・ヒックス,奥平 亜美衣
              ¥ 1,620

引き寄せの法則を現在実践中だ。
要するに気の持ちようであり、笑う門には福来るである。
続きを読む

買った本 人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)

買った本 人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)
              ラルフ・ウォルドー・トライン,吉田利子
              ¥ 756

ピンタレストを見ていてたまたま見つけた。
ヘンリー・フォードが読んだとか書かれていてので買った。

引き寄せの法則と似ている。

購入した書籍、図解でわかる暗記のすごいコツ|たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門

購入した書籍、

図解でわかる暗記のすごいコツ
知っている内容がほとんどだけど、こういった暗記方法は定期的に読むことが大事だと思う

野菜だより 2019年 03 月号 [雑誌] ¥ 1,050

NHK趣味の園芸やさいの時間 2019年 02 月号 [雑誌] ¥ 896

たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門
シンプルでわかりやすい。応用には向かないが忘れた頃に見るべき書籍

買いたがる脳、感想|ここらで広告コピーの話をします。|グーグルはこの方法で成功した。「私たちの働き方とマネジメント」グーグル会長エリック・シュミット著、感想

ここらで広告コピーの話をします。小霜和也著

ここらで広告コピーの話をします。の中で気になった言葉

P42
広告コピーとは価値が最大化されるように商品を「定義付け」するものである

P49
企業や商品の価値を最大化するのはタグラインである

P67
(意訳)
広告コピーとは
ターゲット(消費者)が価値を感じる状況を言葉で創りだす
こと

P257
(意訳)
どれだけ相手を喜ばせるかで報酬が決まる
スポーツ選手の年収が高いのはそれが理由

ここらで広告コピーの話をします。、感想

この本を読むまでは、
広告コピーとは奇をてらった文章のことで、商品が注目をあびることだと思っていました。
いわゆる面白いCMを考えることだと。
でも実際は、商品の価値を最大化するために文章、言葉、フレーズを考えることなのだとわかりました。
商品を作った側、開発した側は、その商品の特徴ばかりを強調し、実際にその商品を使う側、消費者の気持ちをわかっていないかもしれません。また消費者はその商品をどのように使うのかわかっていないかもしれません。
そんな時に、広告コピーにより、商品を定義付けして、消費者にこの商品がどのようなものであるかを認識させることができます。

買いたがる脳、デイビッド・ルイス

買いたがる脳の中で気になった言葉

明示的記憶:具体的に説明できる内容の記憶であるが、変化しやすい
暗示的記憶:潜在的な記憶で内容を説明できない記憶

購買行動を決めるのは暗示的記憶である

買いたがる脳、感想

 商品を購入するとき、自分の意志で商品を買っている場合もあれば、実は広告やお店の雰囲気で買っていることがあるということがわかりました。いわゆるコンビニに行くとつい購入する予定ではないものも買ってしまったという例が該当すると思います。それは、人間の中の暗示的記憶がそうさせている場合もあるらしいのです。
そのため、企業は多くのCMをテレビやラジオ、雑誌に掲載し消費者に購入させようとしています。つまり、知らず知らずのうちにどの商品を購入するのか洗脳されているみたいです。
 また、印象操作も行われていて、同じ少女が写った写真で、一方が高級住宅地、もう一方が貧民街の場合、高級住宅地で撮影した写真に写った少女は成績も良いという印象があり、逆に貧民街で撮影した写真に写った少女は同じ人物でありながら、平均よりも成績が悪いという印象を持たれたそうです。
これは、商品を販売する場合にも当てはまり、高級品を売るのに、安っぽいレイアウトで販売すれば、購入率は下がり、安っぽいものでも豪華なレイアウトにするとなんだか高級品を買ったかのように消費者は錯覚するということです。
 人間の心理は面白と思いました。
 

グーグルはこの方法で成功した。「私たちの働き方とマネジメント」グーグル会長エリック・シュミット著、感想

感想

グーグルというITの巨人がどのようにして社員を育て企業文化を育んできたのかを紹介した本です。
検索エンジンというインターネットに無くてはならない検索サービスからスマートフォンのOSアンドロイドやグーグルマップなどのサービスを多角的に展開するグーグルは多くの社員を採用してその社員、スマート・クリエイティブをどのように管理、マネジメントしていったのか。
続きを読む

オー・ヘンリーミステリー傑作選(1)、感想あらすじ、ネタバレ

オー・ヘンリーミステリー傑作選(1)、感想あらすじ、ネタバレ

オー・ヘンリーといえば、ウィットに富んだユーモアのある小説を書く小説家として有名です。特に「最後の一葉」はアニメとかドラマの原作になったりするので小説は読んでなくとも内容を知っている人は多いとおもいます。
彼の短篇作品のすべてが日本で翻訳されて出版されているわけではないそうです。オー・ヘンリーの短編小説のうち日本で紹介されている割合は約3割程度で、残りはまだ翻訳されて出版されていないそうです。
彼の作品の特徴は、泥棒や詐欺といった職業を持つ主人公が登場しますが、根っからの極悪人ではなく改心したり人情を持っている人物たちです。そのため小説を読んでいて良い意味で読者の予想を裏切ってくれますが読んだあとに気持ちが暖かくなる部分があります。
まるで、こころのチキンスープみたいな短編小説です。(チキンスープの和訳、内容あらすじ紹介はこちら、ただしネタバレがあります。)
続きを読む

ピクサー流創造するちから、エド・キャットムル著、感想コメント|映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと、シド・フィールド著、感想コメント

ピクサー流創造するちから、エド・キャットムル著、感想コメント

ピクサー流創造するちから、概要、要約

ピクサーというCGアニメーション会社が生まれた経緯が最初に説明され、スティーブ・ジョブズが買収しそしてディズニーに買収される経緯も書かれています。
また、トイ・ストーリーがどのようにして製作されていったのか、スタッフたちの状況などが書かれていてCGアニメの制作に興味のある人には関心のある内容だと思います。
続きを読む

中国嫁日記のかきおろし日記「月とにほんご」、感想、ねたばれ

中国嫁日記のかきおろし日記「月とにほんご」、感想、ねたばれ

 中国嫁日記といえば、40代のおたく作家が20代の美人で中国人と結婚し、その生活を4コママンガで紹介した日記ブログです。
取り柄のないおたく、中年、独身の男が、彼女を作るのは至難の業です。
そんな中、20代の若くてきれいな女性と結婚できた男性は賞賛に値するし、その男性の奥さんが中国人というのも興味がそそられます。
 彼らの生活はどんなもので、お金目当てで結婚したのか、二人は愛し合ったのか、これからも彼らは仲良くやっていけるのかと心配したくもなります。

以下は、感想ネタバレを含みます。

日本語学校に通う奥さんと日本人のだんなさんの生活や、月さんの日本語学校のできごとが紹介されています。

後半は、中国人が困っていると思われる日本語について文章を交えて解説されています。
日本人でも改めて、日本語と漢字の意味を勉強できるないようになっています。

読んでて奥さんの月さんは非常に勉強熱心だというのがわかります。
日本人でも区別できない日本語の表現について学ぼうする姿は、日本語を母国語とする自分にとっても参考になりました。

外国人と結婚した人は大変ですね。ダーリンは外国人という本もありました。こちらは、奥さんが日本人でイラストレータか漫画家だったと思います。映画かドラマにもなりました。

ちなみに、この40代のだんなさんの中国嫁日記ではない方の作画を見ました。4コママンガの方がおもしろいです。
やっぱり、マンガは作風によって上手くいく場合とそうでない場合があることがわかります。

ナルトの感想
ワンピースの感想

似顔絵入門、小河原智子著、読んで描いて

似顔絵入門、小河原智子著、読んで描いてみます。
マンガのキャラクター作成に活かしたくて、読んでます。

似顔絵は、
輪郭をもっと注意深く観察して、顔全体の特徴をとらえようと思いました

いままで、目、鼻、口といった部分パーツに関心が集中していたようで、全体のバランスを考えていませんでした。

この本は、似顔絵のモデルとなった人の写真も掲載されているので、どのようにデフォルメされて似顔絵になったのか、変化がよくわかります。

結局のところ、かきたい人の特徴をどう掴み、どのように表現するのかが難しく、その表現の掴み方を知りたくなります。
ここが難しいとこ、です。

すぐに、どんな俳優の顔でも書けるようにはなりませんが、ヒントをつかめそうです。

シナリオの虎の巻、著 新井一、感想

シナリオの虎の巻、著 新井一、感想

体型的に、シナリオの書き方を説明する本ではなくて、読んでいると講義を受講しているようなかんじを受けました。

そのため、シナリオの教科書というより、読み物として読んで、そのなかから、シナリオを書くためのヒントを探ればよいとおもいました。

そうすると、
シドフィールドの本が今のところシナリオの教科書として一番です。しかし、少し固い内容でもう少し柔らかな方が良いともおもいました。

他のシナリオ感想

シナリオ勉強中、 買った本 シナリオの書き方、8日間でシナリオが書けてしまう。

シナリオ勉強中、
買った本、
シナリオの書き方、8日間でシナリオが書けてしまう。

感想
主人公の[困ったちゃんキャラクター]を登場させるアイデアに感心しました。
つまり、主人公のライバル、敵、でも良いし、または主人公が苦手なキャラクターでもよいので、困ったちゃんキャラクターをストーリーに登場させることで、主人公が動きだすそうです。