あらすじ」タグアーカイブ

海外ニュース、見出し、ホワイトカラーシーズン5、FBI捜査官ピーターの無罪を証明できるか?(ネタバレ注意)|メンタリスト、リグズビーとバン・ペレットは誓いを立てるか?|6歳の少年がクルーズ船、カーニバルビクトリー号のプールで溺れる4847

海外ドラマ

  1. ホワイトカラーシーズン5、FBI捜査官ピーターの無罪を証明できるか?(ネタバレ注意)

    >ホワイトカラーシーズン4でニールの父親が議員を殺害し、その場に居合わせたピーターが犯人になってしまいました。
    ニールの父親は、ピーターに罪をなすりつけたようなものでした。なんとひどい父親でしょうか?
    ニールは父親を信じていたのに。そしてピーターも同様です。シーズン5が日本でレンタルが始まるのは来年になることでしょうね。

    Exclusive White Collar Sneak Peek: Can Neal Clear Peter’s Name?

    画像
    ニール・キャフリー画像
    ニールはピーターに刑務所で面会することになりました。
    前回のシーズンの最後で、パレット議員の殺害容疑で逮捕されました。
    僕のせいだとニールは刑務所でピーターに誤ります。しかし、ニールは父親に自白させることができるでしょうか?
    それとも証拠を覆すことができるのでしょうか?
    アメリカでのホワイトカラーシーズン5は木曜日放映です。

    関連リンク
    ホワイトカラー、シーズン5、あらすじネタバレ、感想、ピーターの出世

  2. メンタリスト、リグズビーとバン・ペレットは誓いを立てるか?

    >メンタリストを見ていると人の行動パターンからいくつも予測できるものがあります。特に、どうとでも解釈できる内容を話しあたかも相手の心、思考を読み取ったかのように演技することもできるみたいです。
    それには、言葉巧みに相手を信じこませるテクニックが必要です。

    The Mentalist: Did Rigsby and Van Pelt Finally Say “I Do”?

    断続的なロマンチックな展開を見せたシーズン5のあと、リグズビーとグレース・バン・ペレット(背が高くモデル並みの容姿の女優)は他のカップルから刺激を受けて最終的に結婚することになりました。

    前回の記事、メンタリスト、レッドジョンの決着

海外の事件

6歳の少年がクルーズ船、カーニバルビクトリー号のプールで溺れる

>船のプールで溺れるという悲劇な事故です。

事件とは関係ありませんが、クルーズ船に乗って、世界一周旅行をした人の話を聞くときに、この話をする人は時間的にも資金的にも非常に恵まれた人なんだなと感じます。
飛行機でいけば、世界一周など数日で終わってしまうようなものです。それを船でゆっくりと長旅をしながら世界を見て回るのです。

Boy, 6, drowns while swimming in cruise ship pool

カーニバルビクトリー号の航行中、6歳の少年が10歳の兄と一緒にプールで遊んでいる最中に溺れ、死亡しました。
溺れたのは事故であり、危険な遊びが原因ではありません。

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 PS4版も発売されます。発売されるとPS4も品切れとなるかもしれませんので、早めにご購入が賢明です。

バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、あらすじ感想ネタバレ、平丸のプロポーズ、アニメ化決定、最高と亜豆プロポーズ、編集吉田氏「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」

バクマン12巻〜20巻(最終巻)まとめ、あらすじ感想ネタバレ、

バクマンについて紹介します。平丸のプロポーズ、アニメ化決定、最高と亜豆プロポーズ、
吉田氏の名言「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」
などいろいろとおもしろい内容が多い。

バクマン12巻、感想ネタバレ

  1. 順位が上になり連載が決定する。
  2. アシスタントが漫画家、白鳥さん。
  3. それぞれが作品を発表。

今回の内容はほっとしました。とりあえず、連載となりました。
ドラマを作るための要素として常に言われている事件がバクマンのお話にきちんと盛り込まれています。これがストーリーを面白くさせるコツらしいです。

バクマン13巻

この13巻が20巻中で最も面白い。理由は平丸先生と少年ジャンプ編集者吉田氏のやりとりが面白い。

  1. 読みきりのエントリーで2本目の連載を狙う
  2. 吉田氏、平丸先生と蒼樹先生の恋の進展、
  3. ライバル出現か?

バクマン14巻

  1. 新人賞に応募した新人作家との対決、
  2. 新人作家七峰透の作家の秘密
  3. アンケート結果は、
  4. あせる七峰

バクマン15巻

平丸先生と吉田氏のやりとりシーンは面白い。

  1. 七峰にアンケート投票で勝った亜城木
  2. 同窓会で特別の道を歩むことを再認識した2人。
  3. マンガの中に登場するキャラクターpcpをまねた犯罪に苦しむ秋人、しかし自分たちの作品に自信を持ち、元気になって仕事に専念できるように復活する。
  4. 平丸先生のアシスタントになる。

バクマンの感想、早く読みたいと思って15巻を読みました。読んでみるとあっさり対決が終わってちょっと残念なストーリー展開。平原先生の連載が決まったシーンが感心しました。

バクマン16巻、新人とベテラン

  1. 新妻エイジの権限
  2. ベテラン作家たちの持ち込みの中に川口太郎の元アシスタントもいた、50歳の売れない作家
  3. 岩瀬の落ち込み、

バクマン17巻,七峰の再登場

  1. 漫画のアイデアを量産するシステム対作家と編集者の二人三脚の対決
    マンガを量産する会社ができたとして、きちんと原稿料が会社の従業員に支払われる額であれば、今後のマンガの世界はシステム化、細分化されたものとなるでしょう。
  2. 佐々木編集長、少年ジャンプを異動
  3. 新しい読み切り「王道バトル」漫画を考える亜城木

バクマン18巻,余裕と修羅場

  1. 新妻エイジと亜城の読み切り対決、
  2. 平丸先生と蒼樹先生の婚約、
  3. コミックの販売部数で差が開く、なぜ?
    コミックで売れるマンガ、週刊連載のほうが人気があるマンガはあります。
    ストーリーが一話読みきりでない場合は、コミックでまとめて読んだほうが話がわかって読みやすいことがありますので、週刊連載を読むよりはコミックの発売を待って読みます。

編集者吉田氏の心に残ったセリフ

「妻の次に幸せにしなければいけない人間がいるような気がしてきた」

平丸のプロポーズを考えてるときの台詞。
編集者吉田の、今までおだてて平丸に漫画を描かせていたことに対する罪悪感から出た台詞だろうか。

バクマン19巻

・アニメ化決定
・最高と亜豆との関係がネットでばれる
・亜豆はラジオで二人の関係を認め、告白する。最高も電話でラジオ出演することになる。

バクマン20巻、最終話

・亜城木のマンガ、リバーシのアニメの声優に亜豆が選ばれる
・リバーシは人気絶頂で連載終了
・そして、フェラーリに乗って白馬の王子となる最高はプロポーズ、お姫様の亜豆とキスで終了。

バクマンを読んだ感想

最高たちの目標はアニメ化、そして、最高たちの結婚ですが、アニメ化と結婚までがあっさりと終わりました。
まあ、ハッピーで良かったです。脇役のキャラクターたちをもうちょっと描いて欲しかった。
平丸先生とか白鳥ジュン(アシスタントのその後)とか。

その後の最高とあずきさんの二人は、結婚して幸せになるのか、読んだ後になって非常に疑問に思いました。うまくいかないでしょう。
まあ、マンガなのでどうでもよいのですが、、、

いわゆる、メールのみの文通での男女交際みたいなもので、けんかもほとんどしないし、デートもないし。
しかも、かたや声優アイドルで人気漫画家。
いそがしくて、結婚しても自宅にいてもほとんど顔を合わせることのない生活がこれから続くわけですから、現実の場合は別居婚か通婚とか、数年後にすれ違いから離婚という感じでしょうか。

少年マンガだけど、未来が悪夢になるような結果と思えてならなくなりました。

蒼樹先生

登場の当初は、すごく嫌な性格の女性でした。わがままそうで、他人のことなど構わないという性格。
それが、じょじょに、かわいらしい性格の女性に変わってきました。
特に平丸先生とのやりとりはほんわかしました。

関連リンク

バクマン。11巻の感想
作画担当 小畑健先生の作品:ヒカルの碁 15巻,17巻 感想ネタバレ、佐為サイが消えた15,17巻

バクマン実写映画

2015年に公開予定のバクマン。の実写映画のキャスト情報
真城最高役の佐藤健さん、高木秋人役の神木隆之介さん、ヒロインの亜豆美保役はモデルの小松菜奈さん

chicken soup for the soul(心のチキンスープ)の感想あらすじ、翻訳、ねたばれ|「子犬売り出し中(足に障害のある子犬を飼うことにした少年は、)」、「ハグ大好きな裁判官」、「かわいそうなボプシー」(消防士になることを夢見た難病の少年)、「一度に一つずつ」わずかでも何か役に立つというお話、ask, ask, ask

chicken soup for the soul(心のチキンスープ)の感想あらすじ、翻訳、ねたばれ

翻訳、感想、あらすじネタバレを含みます。

以下は、英語版を読んだ感想、翻訳です。
日本語版は読んでいませんので、間違った解釈、翻訳を含みます。

ここから、心のチキンスープの翻訳です。
続きを読む