タグ別アーカイブ: イギリス

海外ニュース見出し、イギリス秘密情報部員ギャレス・ウィリアムズ氏の奇怪な死はスパイ機関によるもみ消しか?|ウォルマートは感謝祭では従業員にターキーディナーをサービスする

海外ニュース、イギリスなど

イギリス秘密情報部員の奇怪な死はスパイ機関によるもみ消しか?

Mystery Still Surrounds Bizarre 2010 Spy Death in London

イギリスの警察は、2010年の21歳のイギリス情報調査員の死について、なぜバッグの中で死体となって発見されたか解明できていないと認めるも、スパイによるもみ消しの存在を否定しました。

ギャレス・ウィリアムズ氏はイギリスの秘密情報部の暗号解読の仕事をしていました。
2010年8月23日、彼のアパートの浴室で、ダッフルバッグの中から死体で発見されました。

当時の警察は、彼の死がスパイと関係するものではないとし、事実関係については不明だと発表しました。
ウィリアムズ氏は国家安全保障局にスカウトされ、世界クラスの情報調査員、天才と上司から認められていました。

事件から3年の調査でも、いくつかの重要な疑問は解決されていません。

疑問として、彼のバスタブに指紋が残されていないこと、殺害の動機が不明です。
警察は、夏の暑い時期にアパートのヒーターが最大に設定されており、MI6がウィリアムズ氏の死後、警察に8日間にわたって連絡をしてきたことを発表しました。

ウィリアムズ氏の家族は、当時の上司に対して、彼が出社しなかったときに何故調査しなかったのか失望したと話しました。

ウォルマートは感謝祭にターキーディナーを従業員にサービスする

>コメントには、感謝祭くらい家族でディナーを取りたいという意見がありました。商売に必至ななのは日本だけではないようです。というよりも感謝祭やクリスマスがおそらく1年で一番の稼ぎどきであり、1年の利益の半分以上をこの時期に稼ぐからという理由もあるのでしょう。日本でもお正月くらいゆっくりしたいという従業員の声で三が日はお休みにするところも増えました。無理して商売する必要もないわけです。

Walmart to Give Workers Turkey Dinner on Thanksgiving

加工食品やディスカウントの洋服であふれた通廊は、感謝祭を祝うのにふさわしい場所ではありませんが、少なくともウォルマートの従業員はターキーの料理(マッシュポテト、ロールとパイ)を味わうことができそうです。
夕方、夜勤などの勤務になるウォルマートの従業員が対象です。休日に働く従業員の数は約百万人にものぼります。ブラックフライデーセールが感謝祭の日に昨年よりは2時間早い夕方6時から今年はスタートします。

すべての従業員が感謝祭に働くことを熱望しているわけではありません。
ある投稿では
「感謝祭は家族の時間だ」
という意見がありました。

ある意見は
「感謝祭ではほとんどのお店が閉まっています。私は、ウォルマートが多くの街で代表的な存在だということを知っています。みんながウォルマートが閉店するクリスマスに生きようとしています。私はシングルマザーで、感謝祭の日に息子と一緒に過ごせないことが非常に心が痛みます。」
と述べています。

ウォルマートの接客販売担当者は、
「少数意見もありますが、感謝祭はとってもエネルギッシュな日でワクワクします。」(意訳)
と話しました。

海外ニュース(翻訳)、イギリスのスコットランドヤード、6年前に誘拐された幼児の調査を再開

イギリスのスコットランドヤード、6年前に誘拐された幼児の調査を再開

幼児の誘拐や行方不明は、結果がどうあれ、あきらめずにずっと調査を進めてもらいたいものです。
誘拐された本人に誘拐された記憶が薄れていても、親は忘れずに探し続けています。なにか情報で誘拐された幼児の行方のきっかけとなることがあるでしょう。
Madeleine McCann May Still Be Alive, Scotland Yard Concludes

イギリス警察は6年前に失踪した小さなマデライン・マッキャンちゃんの調査を開始し、彼女が生きていると信じています。

スコットランドヤードは重要な容疑者の取り調べをした後で、新しい調査を始めました。マデライン・マッキャンちゃんがいなくなったのは2007年ポルトガル、彼女が3歳の時で、彼女の両親が友人と一緒に近所のレストランで食事をしているときでした。彼女の失踪により、国際的な追跡のきっかけとなるはずでしたが、2008年7月にポルトガル警察は調査を棚上げしました。

イギリスの刑事は新しい証拠と目撃情報を集め新しい調査を開始しました。彼らはマデライン・マッキャンちゃんがまだ生存していると信じています。

マデライン・マッキャンちゃんの両親のケートさんとゲリーさんは新しい調査が始まったことは大きな一歩であると話しました。

ヨーロッパの国に38人の容疑者がいることをスコットランドヤードが確認しています。そのうちの12人はマデライン・マッキャンちゃんがいなくなったときにポルトガルにいたイギリス人でした。しかしすべてがイギリスに住んでいるわけではありません。

刑事はマデライン・マッキャンちゃんの失踪に関係あるとにかかわらず調査を進める予定です。マッキャンの両親の友人のすべてが38人の中に含まれているわけではありません。

マデライン・マッキャンちゃんの両親は暖かく調査に協力してくれました。何が起こっても前に進む大きな一歩であり、正義のために誘拐事件を解決する責任があります。

事件の調査の間、イギリス警察はポルトガルの調査、UKの法律関係官庁、特別調査からの資料を確認しました。刑事主任のアンディ・レッドウッドさんはこの事件を解決するための特別な役割であると話しました。

新たな視点でこの事件を調査する可能性を与えられました。我々は新しい調査によって事件の解決の糸口をつかみます(意訳)
ポルトガルの警察は2008年に調査を中止しました。イギリス警察は新しい調査によって再出発をしました。

マデラインちゃんの両親は彼女の10歳の誕生日5月12日に印をつけました。

花粉アレルギーと闘う方法(海外の場合)|娘に強制的に妊娠させた母親が逮捕、イギリス

 

花粉アレルギーと闘う方法   

 A 24-Hour Guide to Fighting Allergies
http://abcnews.go.com/Health/24-hour-guide-fighting-allergies/story?id=18997231#.UXqAuYKP5uj

花粉シーズン到来で、あなたは、抗ヒスタミン剤を思い浮かべたでしょう。your first instinct might be to pop an antihistamine.

それも悪くありません。
“If you have allergies, one of the best things you can do is start medications early, even before your symptoms kick in,”
あなたにアレルギー症状があるなら、あなたにできることの一つは、早く、薬を服薬することです。症状が出始める前に。
そして重要なことは、あなたのアレルギーが引き起こされるようなことを避けるようにして、一日のルーチンを調整しましょう。

<朝>
窓を開けずにカーテンを開きましょう
朝の時間帯は、草木の花粉がたくさん飛び交います。窓を開けて花粉が室内に入らないようにします。

家の中では、エアコンをつけましょう。季節の変わり目にはエアコンのフィルターを掃除するのを忘れずに。

また、天気予報をチェックしましょう。花粉が多いのか少ないのか、乾燥するのかしないのか。花粉量が多いときはできるだけ室内にいましょう。

帽子、サングラス、花粉をブロックするものを着用しましょう。

<午後>
ヨーグルトに含まれるカセイ菌がアレルギーの症状を和らげてくれます。
はっきりしたことはわかっていませんが、研究者がその理由を調べています。

また、休憩を取るようにしましょう。ストレスが増えることで、アレルギーの症状が重くなることがあるそうです。

ランニングやウォーキングができるなら、気分転換にお勧めです。でも、アレルギーの症状が重いようならば、室内のジムで運動してください。

<夜>
衣服、クツを脱いで、シャワーを浴びて、花粉を髪の毛や体から洗い落としましょう。

サーモンを食べましょう。ドイツの研究者が、オメガ3脂肪酸が花粉症の症状を緩和してくれるそうです。

毛の長い犬と猫をベッドから追い出しましょう。犬や猫についた花粉であなたが症状を引き起こすことがあります。

寝る前に薬を飲みましょう。抗ヒスタミン剤により、寝やすくしてくれるでしょう。睡眠をとることで、快適に翌日に仕事を始められます。

娘に強制的に妊娠させた母親が逮捕、イギリス   

海外にも恐ろしい人がいます。自分の養子の娘に、子供を受胎させました。
なんとも愛情のない悲しい事件です。

幼児虐待で、虐待を受ける子供は、暴力をふるう親でも、この親を慕うそうです。それが、なんともかわいそうでなりません。

American woman jailed in UK for forcing daughter, 14, to get pregnant

Read more: http://www.foxnews.com/world/2013/04/29/uk-woman-jailed-for-forcing-14-year-old-daughter-to-get-pregnant-with-donor/?test=latestnews#ixzz2RtgDGwWS

アメリカ人女性が娘に強制的に妊娠させた罪でイギリスで逮捕されました。アメリカ人女性は、自分の娘に、他人の精子を使って、強制的に妊娠させました。理由は赤ちゃんが欲しかった。でも、自分が妊娠できず、養子にできなかったからだそうです。

 娘は、14歳で流産し、17歳で母親がインターネットで購入した精子で妊娠しました。このとき彼女はバージンでしたが、母親の強制的な態度にとてもおびえていました。
母親は身元をあかしていません。娘と赤ちゃんのプライバシーを守るためだそうです。
娘は2年間、7回も強制受精を強いられました。母親は、娘が受胎するように、強制的にダイエットやレモンやライムを使い酸性にして膣洗浄をしていました。

16歳で妊娠したとき、娘は健康員に嘘の話をしました。少年と一夜を過ごし、その彼は外国へいったと。
彼女は、母親が子供育てたがっていると話しました。

母親は、すでに、3人の子供を他の国で養子にしていました。二人は結婚したときに、離婚して一人を養子にしたのです。

母親が4人目を養子にしようとするときに問題があり、彼女は狂乱するようになり、養子だった娘に赤ちゃんを妊娠させようとしました。

母親は、5年の刑期を言い渡されました。
母親は、家族、子供たちと隔離されています。

裁判所の公表では、娘は、母親のことを愛しているので、今回の件を許すと話しているそうです。でも、彼女は関わりたくない、母親を拒む勇気が無いとも話しています。

娘には、同じ世代の友達がいません。母親が妊娠するように言われたときショックだったと話しています。

「でも、私が妊娠すれば、母は、私をもっと愛してくれる。」そう思ったそうです。