タグ別アーカイブ: オー・ヘンリー

オー・ヘンリーミステリー傑作選(1)、感想あらすじ、ネタバレ

オー・ヘンリーミステリー傑作選(1)、感想あらすじ、ネタバレ

オー・ヘンリーといえば、ウィットに富んだユーモアのある小説を書く小説家として有名です。特に「最後の一葉」はアニメとかドラマの原作になったりするので小説は読んでなくとも内容を知っている人は多いとおもいます。
彼の短篇作品のすべてが日本で翻訳されて出版されているわけではないそうです。オー・ヘンリーの短編小説のうち日本で紹介されている割合は約3割程度で、残りはまだ翻訳されて出版されていないそうです。
彼の作品の特徴は、泥棒や詐欺といった職業を持つ主人公が登場しますが、根っからの極悪人ではなく改心したり人情を持っている人物たちです。そのため小説を読んでいて良い意味で読者の予想を裏切ってくれますが読んだあとに気持ちが暖かくなる部分があります。
まるで、こころのチキンスープみたいな短編小説です。(チキンスープの和訳、内容あらすじ紹介はこちら、ただしネタバレがあります。)
続きを読む

chicken soup for the soul(心のチキンスープ)の感想あらすじ、翻訳、ねたばれ|「子犬売り出し中(足に障害のある子犬を飼うことにした少年は、)」、「ハグ大好きな裁判官」、「かわいそうなボプシー」(消防士になることを夢見た難病の少年)、「一度に一つずつ」わずかでも何か役に立つというお話、ask, ask, ask

chicken soup for the soul(心のチキンスープ)の感想あらすじ、翻訳、ねたばれ

翻訳、感想、あらすじネタバレを含みます。

以下は、英語版を読んだ感想、翻訳です。
日本語版は読んでいませんので、間違った解釈、翻訳を含みます。

ここから、心のチキンスープの翻訳です。
続きを読む