マダラ」タグアーカイブ

ナルト最終巻72巻のネタバレあらすじまとめ、ナルトとサスケの運命は、ナルトとサスケ最終決戦とナルト 外伝 最終巻72巻の後の物語

少年ジャンプ、ナルト最終巻72巻のネタバレあらすじ、ナルトとサスケ最終決戦

ナルト72巻の結末は!!ナルトとサスケの運命が決まります。
血の繋がりはなくとも、ナルトは過去の生まれ変わりで、サスケを兄弟愛で守ろうとします。
忍者火影物語、ナルトのお話はここで完結です。
忍者というと古臭い、手裏剣だけを投げるというイメージですが、ナルトに登場する忍者たちはチャクラを使う忍者です。チャクラとは人間の生命エネルギーであり、各個人が持つ特別な力です。
このチャクラは個人差があり、ナルトは特にチャクラの量が多くしかも体内に九尾を封印しており、この九尾からもチャクラを供給することができます。そのため、一般的な忍者が持つチャクラの数倍の大きさと量を持ち、より強力な忍術を使うことができます。

IMG_0768
ナルトの連載はすでに終わってしまい、あとはコミックが発売される(2月4日)のを待つばかりです。結末が非常に気になるところです。
ナルトの息子がボルトとは。うずまきナルトなので、ラーメン、食べるもの系の名前かと思いましたが、日向ネジ、うずまきというのもあってボルトになったのでしょうか。
続きを読む

ナルト68巻、感想ネタバレ、轍(わだち)、まだまだ続く戦い(2014年3月4日発売)

ナルト68巻、感想ネタバレ、轍(わだち)、まだまだ続く戦い

ナルト67巻はこちら

ナルト68巻の感想ネタバレを含みます。

ナルト画像

ナルト68巻表紙

マダラと十尾の人柱力となったオビト、マダラとの戦いはこの68巻でも終わりません。まだ続きそうです。
今回は、ナルトとオビトの対話が多く、ナルトの説得で動揺するオビトの描写が多かったと思います。
続きを読む

ナルト66巻、感想ネタバレ、十尾との最終決戦、マダラとの戦争は終わるか

ナルト66巻、感想ネタバレ、十尾との最終決戦、マダラとの戦争は終わるか

ナルト64巻、感想ネタバレはこちら
ナルト65巻、感想ネタバレはこちら

以下、ナルト66巻のネタバレを含みます。
・初代火影、2代目、3代目、4代目の火影達が、十尾を封じ込める
・五影達は大蛇丸の助けを得て綱手の治療を受ける
・マダラは輪廻転生で再び、生き返ろうとするが、、、

初代火影、2代目、3代目、4代目の火影達が、十尾を封じ込める

 穢土転生によりよみがえった初代火影、2代目、3代目、4代目の火影達が戦場に到着した。伝説と呼ばれる忍者達だった。
 そして手始めに十尾を封じ込め、十尾の攻撃を封印術の中に閉じ込めた。マダラは余裕を持ってか、初代火影柱間の分身には目もくれない。初代火影の分身が封印術の各所に入り口を設け、十尾を倒す戦術にうつる。
そして、サスケも登場し、あろうことか自分が火影になると発言し、周囲を驚かせる。

五影達は大蛇丸の助けを得て綱手の治療を受ける

 傷ついた五影達のもとに大蛇丸が駆けつけた。綱手は下半身が引き裂かれる重傷を負いながら、自分自身と他の影達の治療をカツユを使って治癒し続けていた。しかし、綱手自身が重傷のために、なかなか治療が終わらずにいた。
そこへ、大蛇丸が治療の手助けをする。
 治療が終わった五影達は、現在の戦況の報告を受けつつ戦場へと向かう

マダラは輪廻転生で再び、生き返ろうとするが

 カカシとオビトは二人の異次元空間の中で闘っていた。そして、カカシと戦い傷ついたオビト(偽マダラ)が現実世界に現れたのを見て、マダラは輪廻転生の時期だと図る。オビトはもう使い物にならない。
 
 マダラは状況を見て、オビトを操り輪廻転生の人柱にしようとした。オビトが術を実行し終わればマダラが本当に生き返ることになる。連合はなんとか、マダラとオビトを止めようとした。
そのとき、4代目火影が術を使い、オビトに致命傷を負わせる。そこで、4代目火影ミナトは、オビトがかつてナルトが産まれるときに襲撃した犯人であることを悟る。まさか、弟子が自分を襲い、里を壊滅させようとした過去の忌まわしい事件に荷担しているとは思いたくなかったと思わせる表情だった。

 そして、この戦争は終わったかに見えた。しかし、オビトはマダラをさえもだまし、十尾の人柱力になろうとしていた。十尾の顔がオビトの顔になろうとしていた。
(コミックを読んでいるだけでは、最後のシーンがちょっとよくわかりませんでした。オビトは致命傷の傷を負っているので、死んでしまっては、人柱力になれないのではないかと思いました。実際どうなっているのか次の話が気になります。)

次回ナルト67巻へと続きます。

ガンダムハコビジョン、スマートフォンの映像をクリアプレートに反射させ、フィギュアと重ねることで不思議な映像体験を楽しめるハコビジョンシリーズ第2弾に「機動戦士ガンダム」が登場!


【FIRST DOWN ファーストダウン】 カラーバリエーション豊富 ファイバーダウンジャケット 軽量.在庫あり
ファイバーダウンを使用しているので、よりダウンに近く、暖かいです。ブロックキルトを使用しており、シンプルながらもデザイン性は高いです。

ナルト65巻、あらすじ感想ネタバレ、初代から4代火影が穢土転生で復活、初代火影柱間とマダラの幼少時代

ナルト65巻感想ネタバレ

 今回の65巻は、マダラとナルトたちの戦闘のお話からちょっと離れて、サスケが初代火影に忍びとは何か?について問いかけ、その回答で自分の迷い、これからサスケ自身がどうすべきかについて決めようと判断します。

 サスケはもともと、兄イタチを死に追いやったのが、木の葉の里であると思っていました。しかし、イタチは木の葉の里を、弟を守るために死んでいきました。
 サスケは、イタチが無理強いされて、命令に従ったと思い、木の葉の里、長老たち、ひいては木の葉の里の忍びたちすら憎むようになっていました。
 穢土転生でよみがえったイタチから改めて当時の話を聞いたサスケはそれでも自分がどうすべきか悩んでいました。
 そして、とうとうその答えを初代火影から聞くことができるのです。
 
 
 以下、ナルト65巻のネタバレを含みます。

・サスケは初代火影に問いかける

 大蛇丸たちは、うずまき一族の神社を訪れそこで死神のお面を手に入れ、南賀ノ神社へ向かう。そして地下室に入り、屍鬼封尽しきふうじんの死神を憑依させた。そして、死神の腹を割き、過去に封じ込めた霊と大蛇丸の腕が開放される。通常の人間なら死ぬところであるが、大蛇丸は他人の体に乗り移る術を知っているので、人工生命のゼツに乗り移る。
 そして、大蛇丸は、穢土転生の術をかけ、初代から4代目までの火影たちを復活させる。
 
 サスケは初代火影に問いかける。
 「里とは?、忍びとは?」
 
 (過去のお話の紹介)
 火影初代、2,3代目と大蛇丸の腕が屍鬼封尽しきふうじんに食われるお話はこちらナルト14巻、16巻です。
 火影の4代目ミナトが屍鬼封尽しきふうじんに食われるお話はこちらナルト53巻です。(ナルトの母も命を亡くしました)
 
 

・初代火影とマダラの幼少時代

 柱間はサスケたちに話を始める。
 
 昔、まだ木の葉の里が設立されていない時代、まだ火影とよばれる称号も存在しない頃、千手一族、うちは一族、他の一族たちは戦いを続けていた。幼少の千手柱間とうちはマダラは、偶然、川で石を投げて遊んでいて知り合うようになる。
 互いに、一族、兄弟を戦闘で失う悲しみを抱えていた。そして、お互いがどんな境遇なのかも知らずに理想の社会を作ることに共感し合っていた。千手とうちは敵対していたのだった。二人が成長してからも千手とうちは敵対し、何度も戦いが続いた。あるとき、二人の戦いに決着が付くとき、マダラは柱間にある条件をつきつける。
 扉間か柱間の命と引き替えに互いの一族が協力するというものだった。すると柱間は弟扉間の命を奪うのではなく、自分の命と引き替えにしようとクナイを自らの腹に突き刺そうした。その本意を悟ったマダラは柱間の手を止め、一族が協力することを約束する。
 ここに、千手とうちはの協力関係が成立する。そして、火の国と手を組み、木の葉の里の設立に二人は奔走する。
 

 

・初代火影の想いとマダラの想い

 柱間は初代火影に、マダラを推薦しようとしたが、扉間ほか他の部族はマダラに賛成しなかった。そして、うちは一族ですらマダラに賛成する者がいなかった。マダラは、今後、うちは一族が虐げられるのではないかという危惧を抱いていた。
 
 

・伝説の戦い

 マダラは木の葉の里を抜け出て、里を襲うようになった。柱間とマダラは、それぞれの力を出し切り、そして柱間がマダラを倒す。
 
 

・うちはサスケは自分の道を決める

 初代火影の話を聞いたサスケは、死んだ兄イタチが守ろうとした木の葉の里を無にすることはできないと決め、マダラを倒すことに決める。そして、初代火影から4代目、そして、サスケ、大蛇丸と共に、ナルトたちとマダラのもとに向かう。
 
 ナルト66巻へ進みます。
 ナルト66巻、感想ネタバレ、十尾との最終決戦、マダラとの戦争は終わるか

 それはそうと、イタチがかけた催眠状態からカブトは催眠からまだ目が覚めてないんでしょうかね。(その後、なるとのストーリーが進行し登場します)
 

他のナルトの感想あらすじネタバレ紹介

ナルト64巻のおさらいはこちら
ナルト66巻、感想ネタバレはこちら

ナルト63巻、偽マダラの正体、五影たち全員が瀕死の重症を負う、感想ネタバレ

ナルト63巻、感想ネタバレ、偽マダラの正体、五影たち全員が瀕死の重症を負う

ナルト62巻の感想ネタバレ、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」2012年10月4日木曜発売
ナルト61巻の感想ネタバレ、、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い

週間少年ジャンプナルトNARUTOコミック63巻の内容、感想

  • 偽マダラ、トビの正体はカカシの友人オビト
  • 五影たち
  • マダラ、オビト vs ナルトたち

偽マダラ、トビの正体はカカシの友人オビト

ナルトたちは、カカシの写輪眼のカムイで異次元空間にナルトの分身を送り、トビのお面を破壊することに成功した。
仮面の下には、カカシの同僚オビトだった。
しかし、オビトは死んだはず。岩の下敷きとなって。

岩の下敷きとなって死んだと思われたオビトは、マダラに救われたのだった。
過去のオビトとカカシ、リン、ミナトのお話のナルトコミック

<過去>
右半身を失ったオビトだったが
マダラによって、人工細胞を用いて、一命を取り留めた。

なぜマダラは生きていたのか?

マダラは死の間際に、輪廻眼を開眼した。
その力から、十尾の抜け殻を口寄せした。この十尾の抜け殻を使い、初代火影の千住柱間の細胞を培養し、チャクラを得て長年生きながらえていた。だが、死期も近かった。そして同じうちは一族のオビトを助けたのも裏があった。

怪我を治すオビト

オビトの怪我は重く、しばらくマダラの隠れ家の洞窟で養生することになる。

あるとき、カカシたちに危険が迫ったとオビトに知らせがある。
オビトは、完治していないながらも、カカシたちを助けに行く。
カカシたちのもとにたどり着いたときに見たものは、カカシがリンを殺すところだった。
周りの雰囲気から、リンは、敵の手にかかり、洗脳されているらしかった。

リンの死により我を失ったオビトは、カムイを開眼する。
それと同時に、カカシの写輪眼も開眼し、カカシは気を失う。
逆上したオビトは、敵を全滅させる。

オビトは、またマダラの隠れ家に戻り、リンのいる世界を作るために、マダラの計画に協力することにした。

五影たち

<現在>
オビトとナルトたちの戦闘中に、本物のマダラが参戦した。
本物のマダラは、五影たちと戦っていたはずだった。
五影たちのことを聞くと

「無事ではあるまいな」

という返事だった。

五影たちは、全員が瀕死の重症を負っていた。
火影の綱手は、ナメクジのカツユを口寄せし、他の影たちを、自分のところに集めるように指示する。
しかし、綱手自身も大木の下じきとなって、下半身が分断される重症を負っているはずだった。

「まだ救える。」

綱手はそう言って最後の力を仲間たちのために使おうとする。

感想

つい、先が早く読みたくて、とうとう週間少年ジャンプを買ってしまいました。
ナルト64巻へ、感想ネタバレ

ちなみに、ナルト67巻は2013年12月4日(水曜日)発売です。

ナルトに登場するキャラクターを描こうと練習

どのキャラが一番書きやすいか

漫画の主人公は髪型、服装、持ち物などが特徴的なので、下手に描いても書きやすくなっています。
 うずまきナルトやはたけカカシ、うちはサスケは描きやすそうです。

ーー

ナルト62巻 感想ねたばれ、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」、イタチの別れ、2012年10月4日木曜発売

ナルト62巻 感想ねたばれ注意、「皹ひび」2012年10月4日木曜発売、にせマダラ(トビ)の正体は?イタチの別れ

ナルト61巻、感想ネタバレはこちら
ナルト60巻の感想寝た晴れはこちら

今回のナルトはいろいろと大きくストーリーが進行しました。しかし、まだまだ肝心の部分がはっきりしません。
マダラが強すぎて、いったいどうやってマダラに対抗できるのでしょうか。
九尾のナルトは偽マダラと闘っています。五影を助けるのは誰でしょうか。やっぱりナルトなのでしょうか

以下は、ナルト62巻の感想とネタバレを含みますので、まだ62巻を読んでいない方はご注意ください。

(1)イタチとカブトの結末(大蛇丸の復活)

 禁術イザナミによってカブトを催眠状態にしたイタチ。穢土転生を解除すれば、イタチも現世から消える。イタチは戦争を終わらせ、忍びの世界を救うために、カブトに穢土転生の解除を命じる。
穢土転生により、あの世に戻る前に、真実をサスケに告げる。イタチはサスケに里へ戻ることを望んでいた。
しかし、サスケの復讐心は消えなかった。
 そこへ、水月たちがあらわれ、秘密の巻物をサスケに手渡す。その巻物を見たサスケは、大蛇丸の力が必要となり、大蛇丸を復活させる。大蛇丸はサスケの頼みに応じる。
 そして、サスケは「すべてを知る人物」に大蛇丸と共に会いに行く。
Mr.ITACHI ordered Mr.KABUTO to release EDO-TENSEI-JUTSU.
Mr.SASUKE ant Mr.OROTIMARU go to meet person who knows everything.

(2)五影とマダラの戦い(強大すぎるマダラの力)

 

最強の忍者と呼ばれ、伝説的な強さを持つマダラの前に、5人の影たち五影の力は全く歯が立たなかった。
ほぼ全員が捨て身になってマダラと闘う。巨大すぎるチャクラと強大な威力を持つ忍術に今の五影では太刀打ちなどできなかった。マダラに対抗できるのは初代火影の千住柱間だけだった。
 しかし、ここであきらめるわけにいかなかった。いかにうちはマダラが強くとも、あきらめは、人類の滅亡を意味した。

 マダラが攻撃を仕掛けてきた。そのマダラの攻撃を綱手が防いだとき、ちょうどそのタイミングで、マダラの穢土転生が解除されそうになる。穢土転生が解除されれば、マダラの魂は天に帰り(地獄か?)、マダラが消滅する。皆そう思った。

 綱手はチャクラを使い果たしたが穢土転生が解除された思い気を抜く。しかし、マダラの穢土転生は解除されなかった。そして、マダラが綱手に攻撃を加え、綱手が攻撃を受けるかと思われた。が、かろうじて逃げ切った。

 穢土転生の解除により魂が自由になった元恋人のダンが霊化の術で綱手に乗り移って攻撃をかわしたのだった。ダンは綱手のかつての恋人で戦死した。今回の戦争により穢土転生で、カブトによりこの世に呼び戻されていた。

 精神の中で再会を喜ぶ二人だった。わずかな時間であったが、二人は、想いを寄せる。綱手は、ダンや弟ナワキの夢だった火影になることで、二人の夢を叶えようとした。そして、ダンは綱手を励ます。
Mr.MADARA is most powerful ninja. Five KAGE ninjas did not fight him. He is strong. But Never give up.

 

(3)にせマダラとナルト、カカシたちの戦い(徐々にわかる偽マダラの正体)

 偽マダラのトビに苦戦するナルトたち。トビはたくみに攻撃をかわす。
しかし、カカシがトビの時空忍術の弱点を見破る。
つまり、カカシのカムイとトビの時空忍術が同じ次元空間を使用するものだった。
それは、カカシの左目の写輪眼の持ち主だったオビトと関係があるように思われた。
トビの目とカカシの左目とは同じ写輪眼の関係をもっており、時空間がつながっているのだった。
 はたして、偽マダラの正体は誰なのか?オビトと関係があるのか、それともマダラと関係のある人物弟なのか。

そして次の63巻は、2013年の1月の発売かな。そのまえにワンピースが発売されますね。ナルトはつぎで偽マダラの正体がはっきりするのでしょうか?

ますますおもしろく、また、謎も追加された62巻でしたので63巻も待ち遠しい。早く内容が知りたくて週刊少年ジャンプを毎週買おうか悩んでしまいますね。

ナルトの他の感想ネタバレ

ナルト63巻、感想ネタバレへ
NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ「兄弟、共闘!!」
NARUTOナルト60巻の感想ネタバレ 八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決

ナルトの画像

20121008-061451.jpg

マダラ画像

ナルトが実写化されるとしたら、誰が演じるか

ドラゴンボールの実写、北斗の拳の映画の実写化等があり、結局、興行収入、作品の出来もひどいものとなりました。作品がひどかった原因は、監督、脚本家たちが、原作の漫画をほとんど読んでおらず、彼らが原作を評価していないことです。映画バイオハザードは監督自身がゲームのバイオハザードをプレーしその面白さを十分に知った上で、映画バイオハザードを撮影したと聞いています。また、脚本に関して、著作権を管理するカプコンが数回に渡り、脚本の修正、チェックをできる契約にしたことも映画バイオハザードが成功した理由でもあります。

ナルト役は誰?ヒナタはグラビアアイドルか

では、もし仮に、なると実写化されるとすると、誰が演じるのがよいでしょうか?
日本人か外国人か、というのがまず課題として浮かびます。
忍者ですので、日本の文化、日本人が演じるのが適していそうですが、髪が金髪の日本人は似合いそうにありません。
かと言って、外人というのも難しいものです。
ナルトについては、ちょっとあとで考えましょう。

ヒナタについては、グラビアアイドル系からFカップ以上を入れたいところです。

ナルト:日本人OR外国人
サクラ:日本人
サスケ:日本人OR外国人
カカシ:外国人
ヒナタ:グラビアアイドル
手綱:外国人


ナルト61巻 感想ネタバレ、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い、ナルトの出番なし

ナルト61巻 感想ネタバレ、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い

61巻は、ナルトの出番はありません。主人公の出番のないお話です。

他のナルトの感想ネタバレ
ナルト59巻、感想ネタバレ本者の「うちはマダラ」登場(2012年2月3日発売)
ナルト60巻、感想ネタバレ、八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決、人柱力
ナルト 62巻 2012年10月発売

今回で三つの展開になりました。

一つは、火影の綱手たち、五影と穢土転生によりこの世に蘇ったマダラとの闘い。
二つは、主人公であるナルトと偽マダラの闘い
三つは、今回で明らかになった、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い。

61巻は主に、五影とマダラの闘い、イタチたちとカブトの戦いのなります。
今回の主人公は、イタチとサスケです。

以下ネタバレを含みますので、ご注意ください。

(1)イタチ・サスケと蛇仙人カブトの戦い。

カブトはいつの間に取得したか蛇仙人の術を会得していた。
ナルトがカエル仙人の術を会得したと同様に、カブトも仙人モードが使えるようになった。
 ある意味で最強の忍者である。
そして、大蛇丸の力を取り込んだからか、蛇の口から分身を出して、さらにその口の中から分身を出すというゲロゲロ気持ち悪い。

イタチとの戦闘中に語られるカブトの過去。
<ここから過去>
カブトは、孤児として孤児院に引き取られる。
その孤児院は財政的に厳しく、資金繰りに困っていた。
そして、孤児院のマザーは元暗部、根の出身であった。

Mr.KABUTO was an orphan. The orphan asylum’s mother supported him. But The orphan asylum do not have money.

あるとき、ダンゾウがマザーに暗部の仕事の依頼をしにきた。
マザーは、すでに忍びから抜けたことを告げるが、引き下がらないダンゾウ
そして、孤児院に援助をする約束の代わりにダンゾウの仕事を受けることにした。
また、ダンゾウは根に子供を要求し、カブトが志願した。

Some day, Mr.DANZO came to ask mother to research about other country.
Mother tried to reject his job, as She wanted money for her orphan asylum, so she accepted it.

カブトは、他の里の情報を木の葉の里に伝えるスパイとして働いた。
あるとき、カブトは敵に襲われ、敵を倒す。
その敵は、かつての孤児院のマザーだった。
しかし、マザーはカブトのことを覚えていないのだった。
これこそが、ダンゾウの仕組んだ罠だった。
その後、カブトは大蛇丸の誘いに乗って、大蛇丸の仲間となる。

<ここまで過去>

写輪眼のイタチとサスケをもってしてもカブトを生け捕りにすることは難しかった。
カブトは、巧みにイタチたちの攻撃をさけている。
そして、イタチの最強忍術イザナミが発動する。うちは最強の忍術、イザナギとイザナミ。
このイザナギとイザナミはどちらも写輪眼を喪失するも最強の術を発動するのだった。
 イタチは、イザナミを使いカブトに術をかけた。
そして、カブトに穢土転生を解除させようとする。
次回、ナルト62巻は、穢土転生の解除です。

(2)五影とマダラの戦い

 初代火影である千住柱間の孫である綱手は、柱間の治癒能力の一部を受け継いでいた。
綱手は、通常の戦いでは戦闘に参加しないバックアップ型の医療忍者である。
しかし、マダラを前にして、忍法創造再生によって、治療忍者ではなく、攻撃型の忍者に戦術を代えてマダラに挑む。
しかし、マダラの圧倒的忍術と穢土転生による不死復活の術によって、五影は苦戦していた。
 
There is not the hero in this 61 volume. Naruto does not appear. Another heroes appear in this 61 volume
Mr. MADARA is powerful ninja and he has many skills.

ナルト62巻へ続く、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」2012年10月4日木曜発売

ナルト以外の忍者マンガは

ナルトは忍者をテーマにしたマンガです。しかも世界でも大人気です。日本の漫画は、特にヨーローッパ、フランスで人気と言われています。コスプレなんかも日本同様に話題になったりして、日本人の体型では似合わないキャラを欧州の人が演じると、まさに実写版になったります。

ナルトの他にもおもしろい忍者まんがあります。

伊賀の影丸

横山光輝先生原作です。
江戸時代が舞台となり、伊賀の忍者の首領である服部半蔵の部下、主人公影丸が敵の忍者と戦う忍者物語です。

横山光輝先生の作品はバビル2世、鉄人28号、魔法使いサリーなどがあります。

忍者ハットリくん

藤子不二雄先生原作です。
忍者モノですが、シリアスものではなくて一種の現代を舞台としたギャグマンガです。
ハットリくんが東京にでてきて、三葉家に居候するストーリーです。
スマップの香取慎吾により実写化もされました。


【58%OFF】TOTO『ウォシュレットアプリコットF3A』TCF4731AM #NW1 ホワイト 瞬間式 自動開閉 温…


UGG アグ ベイリーボタン 5803 ムートンブーツ 正規 SALE 通販 2013 FALL

SONY FM/AMポータブルラジオ、携帯電話に充電もできる手回し充電FM/AMラジオ。夜間や停電時に便利な高輝度LEDスポットライトを装備。


2014年ダイアリー ルーズリーフリフィル A4 30穴 在庫あり
96ページ、日付入り、(2014年1月~2015年3月)
2015年3月までの15か月分ダイアリー
年間計画表、プランニングテーブル、ライフプラン、
月間ダイアリー、統計4頁、ノート43頁、アドレス4頁、資料編、

ナルト59巻の感想ネタバレ、本当の「うちはマダラ」登場(2012年2月3日発売)

ナルト59巻の感想ネタバレ(2012年2月3日発売)

NARUTO59巻の感想やネタバレを含みます。未だコミックを読んでいない人は注意してください。
NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ mangaマンガ 「兄弟、共闘!!」2012年7月27日発売

穢土転生の先代水影と戦う土影と風影

穢土転生で蘇った先代水影に対向する風影たち忍者軍団。
しかし、先代水影の術にほんろされてなかなか封印できないでいた。一方、ナルトの分身たちが、前線の各戦場へ向かっていた。

・本当のマダラ登場
戦況は、 敵の変装を見破るナルトの能力によって、優勢となった。しかし、カブトは、穢土転生によってうちはマダラを生き返らせた。
マダラが生きていれば、穢土転生はできないはずだった。ということは、うちはマダラはすでに死んでいたことになる。
では、いままでマダラと言っていた仮面の男は誰なのか?

本物のマダラは、風影や土影の前に現れた。うちはマダラは万華鏡写輪眼をもち、様々な攻撃を繰り出してきた。
さらに、うちはマダラの能力は、伝説と呼ばれた六道仙人並みの力を発揮し、もはや通常の忍者の能力では次元が違う戦いであった。

うちはマダラの攻撃によって土影は重傷を負った。
しかし、土影は傷つきながらも戦おうとする。
戦況は一気に変わってしまった。

五影勢揃い

火影の綱手と雷影は、天送の術で、土影たちのもとへ駆けつけようとした。しかし、天送の術は、物を運ぶ事を主の目的としていたため通常の体をした人間を送るためのものではなかった。しかし、雷影は強靭な肉体をしており、火影の綱手は怪我の再生能力を持っていた。そこで、無理矢理、雷影と火影を送ることになった。
 そして、五影たちがそろい、本物のマダラと決戦の時がきた。

敵の人柱力と闘う

本体のナルトは、マダラのにせものとわかった男トビと激突する。
仮面をかぶって顔を隠したにせマダラは、人柱力たちの眼に写輪眼、輪廻眼を移植していた。
人柱力たちは、見たものを互いに意志として通じ合っていた。

一人が見たものが残りの全員にも伝わるようになっていた。そのために、背後から攻めようとしても他の人柱力が見ていると、背後をとられて見えないはずの敵が見えると言うことになっていた。

九尾のチャクラをまとっているナルトですら、なかなか敵の相手を倒すことはできなかった。
しかし、人柱力たちが、

ナルト60巻へ続く

<感想>

トビと呼ばれるマダラの正体は、誰でしょうか?
予想としては、マダラの弟と思っています。
しかし、マダラの弟が既に死んでいたとしたら、もしかするとマダラの子孫かマダラの弟の子孫ということかと思います。
いったい、ニセのマダラの正体は誰でしょうか。
 まずは、人柱力を倒して、ニセのマダラのお面をはぎ取るところからでしょう。

NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ mangaマンガ 「兄弟、共闘!!」2012年7月27日発売

ガンダムハコビジョン、スマートフォンの映像をクリアプレートに反射させ、フィギュアと重ねることで不思議な映像体験を楽しめるハコビジョンシリーズ第2弾に「機動戦士ガンダム」が登場!


【FIRST DOWN ファーストダウン】 カラーバリエーション豊富 ファイバーダウンジャケット 軽量.在庫あり
ファイバーダウンを使用しているので、よりダウンに近く、暖かいです。ブロックキルトを使用しており、シンプルながらもデザイン性は高いです。


ニューウイング背カン 【CARS カーズ】 帝人コードレ ランドセル 7078 6年間保障在庫あり
即日発送!A4サイズ対応(A4クリアファイル対応)のゆったりサイズ