タグ別アーカイブ: メガソーラー

北朝鮮のミサイル発射は通常の訓練 |FBI、人質救出作戦の演習中の捜査官の犠牲|太陽光発電、計画の一部見直し

FBIは、人質救出作戦の演習中の捜査官の犠牲に追悼した。  

FBI mourns loss of agents in hostage rescue training
http://edition.cnn.com/2013/05/20/us/virginia-fbi/index.html?hpt=hp_t3

FBIは、金曜日、バージニアビーチ海岸からはなれた場所でのトレーニング中に、二人の特別捜査官を死亡させたことについて追悼しました。

亡くなった捜査官は、Christopher Lorek and Stephen Shawさんです。

報道官は次のように説明しました。

人質救出チームは、非常に危険を伴うものであると認識し、トレーニングや演習について安全に努めています。私たちの心は、彼らの奥様、お子様、彼を失ったことで深い悲しみを持つ人たちと同じ気持ちです。彼らは、いつでもFBIの仲間です。

二人は、ヘリコプターから船にロープを使って乗り込む際に死亡しました。

ヘリコプターは悪天候により、操作が難しい状況で、捜査官は、船の上ではなくて海に落下しました。風が強かったのは確かですが雨が降っていたかは不明です。

死因について、捜査官はおぼれたのではなく、海に落下した衝撃によって死亡と見られています。

 特別捜査官Christopher Lorek、41歳、1996年にFBIに入隊(?)しました。彼には、妻と11歳と8歳の娘がいました。特別捜査官Stephen Shaw、40歳、2005年にFBIに入隊し、妻と3歳の娘と1歳の息子がいました。

北朝鮮のミサイル発射は通常の訓練  

North Korea fires more projectiles into the sea off its east coast, South says

http://edition.cnn.com/2013/05/20/world/asia/north-korea-weapons/index.html?hpt=hp_t3
北朝鮮は月曜日に複数のミサイルを東海岸から離れた海に発射しました。韓国が発表しました。
平壌に対して、挑発的行動を慎むよう提言しました。

しかし、北朝鮮、平壌は、通常の軍事訓練であると説明しました。
韓国軍は、もう少し分析する必要があるとしています。

ミサイルは、短距離ミサイルか新しい種類のロケット弾かもしれません。
北朝鮮は、土曜日、日曜日、そして、月曜日にも発射しました。

短距離ミサイルの飛距離は、ソウルやワシントンに届きません。このようなミサイルは3月にも発射されました。

核弾頭は誰が、なにを持っているのか?

エスカレートする非難

韓国大統領は、北朝鮮は挑発的行動を増長すべきでは亡いとはなしました。

先週、北朝鮮は、アメリカ国民のKenneth Bae氏を重労働に服役させ、特別な囚人とすることを発表しました。北朝鮮名は、Pae Jun Hoは、11月に逮捕されました。北朝鮮は、彼が、情報を収集していたと話しました。アメリカ及び家族は彼は、ツアーガイドだと説明しました。

北朝鮮は、世界でも弾圧的システムを持つ国の一つだと思われています。
Human rights groups estimate that as many as 200,000 people are being held in a network of prison camps that the regime is believed to use to crush political dissent.
人権権利団体は、
20万人ものひとびとが、囚人キャンプネットワークの中で、縛り付けられていると
見積もっています。政府は、政権に反対したものを弾圧していると信じられています。

先週以前は、韓国、アメリカに対して、北朝鮮の脅威が鎮まろうとしていました。

アメリカと韓国は、キム政権がムスダンと見られる長距離ミサイルの発射を計画していると心配していました。

北朝鮮のミサイルの能力は、?
月曜日の韓国の発表では、今後も北朝鮮はミサイルを発射する恐れがあるとしました。

短距離か長距離かのミサイルを北朝鮮が発射するだろうと韓国は述べました。
韓国は、北朝鮮が、長距離ミサイルを開発しているか、まだ開発できないでいるだろうと推測しています。

あるジャーナリストは、この種の短距離ミサイルで心配することはないと話しました。北朝鮮は関心を集めたいだけだ。

韓国は、そう遠くないうちに、韓国が標的になることを心配しています。

(途中まで)

太陽光発電、計画の一部見直し  

メガソーラー 苫東で半減、八雲は断念へ ソフトバンク、18万キロワット減
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/467451.html

太陽光発電の計画の見直しが必要となりそうです。
そもそも太陽光発電で、火力、水力、原子力と同等の電力を確保できないというのは周知の事実のはずで、太陽光発だけを推進している計画はほとんどが、環境詐欺といえるでしょう。
もうすこし、現実的な発電に計画とお金を投入した方が、住民のためになるでしょう。

One of Solar power generation projects of Softback company was failed, Hokkaido power plant company rejected that applications.
I think solar power generation projects will not increase a few years. Its reason is low power and High cost and needing any maintenance. If typhoon comes, then solar power system is broken. So people do not use electric products.

引用しています。
「ソフトバンクが建設を見送るのは、苫東の安平地区(胆振管内安平町)の2カ所と八雲町の民有地で計画していたメガソーラー。3カ所での最大出力は計18万キロワット。」