タグ別アーカイブ: 中国

中国と韓国が羨ましい、金の亡者、嘘のテロ行為|米ロ、ウクライナ問題、お互いのメンツを保ちつつ収束する

国家間の問題というのは、一筋縄ではいきません。お互い、生死を分けて国家の利益を取り合うわけで、みんな仲良くなどと言っているとそのうち自分の取り分まで取られてしまいます。そこで、頭の良い国は、まず自分の取り分をきっちり抑えてから、残りを他の国に与えます。そして、頭の良い国は、取り分をコントロールするのです。そうすれば、自分の国が不利益になることはありません。
この頭の良い国がアメリカで、不利益になるのが日本、東南アジア諸国です。
 アメリカはいかに正しいことを言っているようであっても、自国の優先しか考えていません。トヨタ自動車がアクセルとブレーキを運転者が踏み違えていたのにかかわらず、自動車に取り付けられたCPUの誤作動によって、ブレーキを踏んでも自動車が止まらないとしたリコール問題。アメリカの敵、恥を知れ、とまでトヨタ自動車は罵られました。一方、アメリカ国内の自動車メーカーGMはエンジンを始動する点火スイッチの不具合を10年以上放置したとされる問題があっても、大きく糾弾されていません。あれ?何この静けさは、てな感じです。理由は、トヨタ自動車が売れすぎて、トヨタ自動車を排除したかったからです。トヨタが外国の企業だからです。GMはアメリカ国内メーカーですから、非難しません。「恥を知れ」ともいわれません。アメリカとはこういう国なのです。自分大好き人間国家なのです。一種のわがまま国家です。こういう国と日本は同盟を結んでいるのです。ほんとに必要な同盟かとも思えてきます。もともと歴史的に日本とアメリカは仲が良かったわけでもありません。江戸末期に不平等条約を結ばれていますし、明治時代、ハワイがまだアメリカの州になる前の独立した国家のときでも日本はアメリカに敵対しました。つまり、日本とアメリカは思想的に異なる国家同士です。そう考えるとなんだか納得がいくような気がします。たぶんイギリスのほうが日本は似ているのではないかとも思えます。やはり、国王が統べる国同士のほうが思想が合うのではないでしょうか。
国というのは自国の企業、国民が繁栄すれば良くて、外国、外国人が利益を出すのは許さない、というものなのです。そのために、領土問題、資源問題では、戦争になってでも奪いあう現在です。日本は平和すぎて、他国と争い奪い合うというハングリー精神が少なすぎます。戦争放棄は結構ですが、競争はいつの時代も生死問題です。だからこそ、外交において、相手の弱みを握り、取引を重視するのです。駆け引き、ポーカーフェースです。

前回の記事、韓国パク大統領、反日が・ん・ば・れ

中国、韓国問題

中国と韓国が羨ましい

日本は、中国、韓国と領土問題でもめています。以前はなにも問題のなかった領土問題ですが、ココ数年で突然ヒートアップしてきました。もともと日本の領土であるとお互いが認識していたのに、資源がでてくると突然自分の領土だと主張し始めたのです。
日本政府は外交が下手で、取引もできません。そのため、他国に自国領土内への侵入を許す結果となりました。そのうち、中国は尖閣諸島へ上陸し、実効支配を進めるものと思われます。好き勝手にできる中国と韓国が羨ましいとお思います。日本であれば、国内、世界から非難されてしなう行為が中国と韓国では許されてしまうという不条理です。

皮肉を込めて、好き勝手ができる中国と韓国が羨ましい。

嘘を発表しても平気な精神

ありもしない嘘を世界に向けて発信しても誰からも咎められない精神と国民性が羨ましいと思いました。
日本なら、嘘をつけば社会的にも精神的にも責められてしまいます。例えば、STAP細胞の小保方さんと同じように。

中国は、「南京で30万人虐殺」とドイツで講演しました。30万人といえば、ちょっとした都市に匹敵する人数です。誰も人数を数えたこともないし、それだけの数の人が殺されてしまえば、いったい死体は何処に埋められていて、誰がそれだけの数の死体を埋めたのでしょうか?やっぱり旧日本軍がわざわざ埋めたのでしょうか?
どんなに戦争中でも民間人を故意に殺害することは重罪ですし、占領後に人が必要なはずですから、人材は貴重な財産です。最初から虐殺目的の戦争でなければ、わざわざ、大量に殺害する理由はありませんが、旧日本軍は虐殺のために戦争を起こしていません。
続きを読む

海外ニュース見出し、ホワイトカラーシーズン5、裕福な家庭の家の息子が寄宿制学校を抜けだして15年後に|パーソン・オブ・インタレスト(シーズン3)のメンバーの誰かが死ぬのか?海外ドラマ|フランス革命ならぬ中国革命が起こるか?

ハリウッドニュース

海外ドラマ、ホワイトカラーシーズン5(国内はシーズン4)

>ネタバレを含みます。
Exclusive White Collar Sneak Peek: Neal’s New Case Is a Blast From Elizabeth’s Past

世界は、ホワイトカラーのドラマで衝突しようとしています(意味不明)
木曜日のホワイトカラーシーズン5のエピソードで、裕福な家庭の家の息子が寄宿制学校を抜けだして15年後に現れ、国際捜査の後で偽装?死亡しました。これは思わぬ展開では?
エリザベス(シャアの声のピーターの奥さん)はこの息子の家庭教師をしていたことがありました。彼は14歳で消息不明となりました。
(リンク先にエピソードの予告があります。)

パーソン・オブ・インタレスト(シーズン3)のメンバーの誰かが死ぬのか?

>ネタバレを含みます。国内はパーソン・オブ・インタレストはシーズン2がレンタルです。

Person of Interest Bosses: The Battle with HR “Will Not Come Without Loss”

パーソン・オブ・インタレストのチームのメンバーの一人がいなくなってしまうのでしょうか?
前回のドラマは錯乱状態であり、火曜日のエピソードエンドゲームで3つのエピソードが絡む内容でした。(意味不明)
メンバーの死を暗示し、ケビンチャップマン演じるファスコ刑事に最も注目していました。しかし、いくつかの疑問点もありました。

エブゼクティブプロデューサーのジョナサン・ノーラン氏は
「我々は、通常番組ついての計画に関しては口を閉ざしています。でも私達は視聴者が、これらのキャラクターに親近感を持っていることを知っています。そこで、彼らに何が起こるのかを警告するだけにするようが良いと思いました。そこには、紆余曲折があり、でも私達はこれらのエピソードを予告し、もう少しだけ前面にアプローチスべきだと思いました。」
と述べました。
ノーランはファスコが死ぬという表現をやめ、誰かが終焉を迎えるというような言い方にしました。(意訳)
「私達は誰かの死を見ることは嫌いです。私達は、出演者が演じる役柄を楽しんでもらいたいと思っています。楽しさには、始まり、中間、悲しみ、終わりがあります。」
(途中略)

中国記事

フランス革命ならぬ中国革命が起こるか?中国が社会統制強化へ

>中国の一党独裁体制も崩壊間近でしょうか?漢民族主体の統制が崩れるかどうかが今後の中国の政権、中国の国家体制の鍵となるのでしょう。

中国が社会統制強化へ、弾圧強化につながると懸念も
「国営新華社が三中全会の閉幕に際して発表した声明は、国家安全委員会を通して社会論争を効果的に回避、もしくは終了させ、治安を改善するために、国家安全保障システム、並びに国家安全保障戦略を改善するとしている。」

「新華社が発表した声明は、憲法と法規を支持し、司法機構の運営を改善すると明記。ただ反体制活動家の間では政府による弾圧が強まるとの懸念も出ている。」

海外ニュース(見出し)中国、広州の空港で、13歳の少女が客室乗務員になりたくてキャンプ生活|サウスカロライナ州、川で指輪をなくして40年後にみつかる

 

  1. Guangzhou Baiyun中国、広州の空港で、13歳の少女が客室乗務員になりたくてキャンプ生活
    13-year-old girl in China won’t leave airport, wants job as a flight attendant

    Read more:

    中国、13歳の少女が客室乗務員になりたくて広州の空港の付近で、キャンプ生活をしていました。
    リオ・シキさんは空港のそばにいて、警察に連れて行かれましたが、空港に戻りたいと主張しました。
    彼女は採用されたくて、ネットで古着の中国サウスエアラインの乗務員の制服を着ていました。

  2. サウスカロライナ州、川で指輪をなくして40年後にみつかるLost ring returned after nearly 40 years

    画像
    指輪
    ダイバーのブライアン・トビンさんが、サウスカロライナ州の川で、指輪を見つけました。それは指輪をなくして40年が経っていました。指輪には、イニシャルRLPと1974年と刻まれていました。そして、チャールストン大学ととの名前が表示されていました。
    トビンさんは、大学の同窓会に連絡し、二人の卒業生が判明し、一人は女性でした。
    トビンさんは、ロバート・レバン・フィリップスさんという指輪をなくした人の名前を見つけ、彼の息子と連絡をとりました。
    ロバートさんは、未来の奥さんと一緒に川でボートに乗っていたときに川に指輪を落としてしまったようです。
    彼は指輪をなくした当時ひどく悲しんでいたと言うことです。
    その指輪は彼の成功の証でした。

「アップルは我々を差別」中国、連日の批判報道

中国の新聞・テレビが、アップルのサービスが悪いとして、連日、批判の内容を報道しているようです。
「中国の消費者だけが差別的な扱いを受けている」というものらしいのですが、よそ国の企業よりもまず自国の企業のサービスを改善させる方が先でしょうけど、他国を不平等に無差別に非難し自国の有利に働くようにすることが先の中国のやりかただから、こうなってしまうのでしょうか。

日本に対してひどい排日行動をするくらいなんでもないのですから、よその国の会社のサービスが多少悪い程度でも、国あげて批判報道するくらいなんでもないのでしょう。あきれたものです。

「アップルは我々を差別」中国、連日の批判報道