タグ別アーカイブ:

基本情報技術者試験 受験してきたよ2回目。2017年4月16日春

基本情報技術者試験 受験してきたよ2。2017年4月16日春

 また基本情報技術者試験の季節になりました。
さきに言い訳をしておくと、勉強する気がしなくて、ここ1ヶ月は昼休みに30分だけするようになりました。この昼休みの時間に午後対策のC言語を勉強してきました。しかし、なかなか解けません。難しいです。アイフォンアプリをSWIFTで作っていますが、基本情報技術者試験みたいなアルゴリズムは使わないし、使うとしてももっと自分がわかりやすいアルゴリズムにするので、試験勉強のようなややこし目もコードは書かないです。
試験だからわかりにくい問題なんですよね。
仕方ない。

試験当日

天気は曇り時々晴れ。寒くは無いけど、太陽が出ていないと寒かったので、ジャケットみたいなものが必要だった。
でも午後は逆に半袖のほうが過ごしやすい。
調整が難しいですね。

日曜日

AM8:00出発 車
AM8:15分、図書館の駐車場に着いた。すでに開門してました
昼食におにぎり二個とペットボトル500mlを持って行きました。
続きを読む

基本情報技術者試験対策 勉強法 2015年4月から2018年4月

基本情報技術者試験 合格するコツはなにか? 2015年4月から勉強開始2017年4月〜10月、2018年4月

現在2015年、基本情報技術者試験に向けて中年40代が勉強中です。学生の頃に情報処理2種だった基本情報技術者試験です。
学生の頃は問題を読んでさっぱりわからず、すぐに諦めてしまいました。その頃はインターネットがなくて調べるのが面倒くさくて図書館で調べることもしませんでした。
その後、40代になり再度挑戦することにしました。現在の年齢は、四捨五入すると50歳です。
続きを読む

心のチキンスープの和訳Chicken Soup for the soul、感想|贈り物(たまたま同じバスに乗り合わせた乗客の心通う贈り物です) The Gift(英語)、Risking リスク(障害のおそれ)

Chicken Soup for the soul(英語版) 心のチキンスープの和訳、感想

英語版Chicken Soup for the soulを翻訳、要約したものです。勘違いをして訳しているところがあります。間違った意味に訳しているところもあるかもしれません。

Chicken Soup for the soul(英語版) 心のチキンスープの和訳、感動のストーリー(1)A Brother Like That:彼がしたように、(2)Follow Your Dream :夢を追い続けろ、あなたの夢に続け

次のお話は、たまたま同じバスに乗り合わせた乗客の心通う贈り物です

「贈り物 The Gift」

 老人が花束を持ってバスに乗っていました。
バスには、数名の乗客がいました。

バスに乗っている女性の一人が老人の花束をときおり見つめていました。
その様子に老人は気づきました。

老人はバスから降りる時に、花を見ていた女性に

「花がお好きなようですね。私の妻がきっとあなたにもらって欲しいと思っているでしょう」
といって
自分が持っている花束を女性に渡して、バスから降りました。

花束を受け取った女性はちょっとびっくりしたようです。

そして、老人は墓地の中に歩いていきました。

<感想>
彼は、亡き妻に会いにって今日の報告をうれしそうにするのでしょう。

次のお話は童話みたいなお話です。

Risking リスク(障害のおそれ)

2つの種が春の肥沃な大地の中にそれぞれまかれていました。

1つ目の種は言いました。
「早く成長したいわ。根っこを地面深く伸ばして栄養を吸い取りたい、そして、地球の地層から芽を突き出したいわ。春の訪れを告知するようにバナーみたいに蕾を広げたい。
私は、太陽のあたたかみを顔に浴びたい。そして、花びらに朝の祝福を受けたいわ。」
そして、種は成長しました。

2つ目の種は言いました。
「とっても心配だわ。地面に根を伸ばせば、どんなことがおこるかわからないわ。私が硬い土壌に芽を伸ばせば、私のデリケートな芽がダメージを受けるかもしれない。もし、蕾を開けば、かたつむりが食べるかもしれない。もし私が花を咲かせれば、小さな子供が私を地面から引っこ抜くかもしれない。安全だとわかるまで私はじっと待っているわ。」
そして、彼女は待ちました。

鳥がやってきて、餌を探すために地面をつつき始めました。そして、2番めの種を食べてしまいました。

教訓

リスクや成長を拒むものは、人生に翻弄されるだろう。

チキンスープの関連リンク

chicken soup for the soul(心のチキンスープ)の感想、翻訳、ねたばれの和訳、直訳のまとめ