起業」タグアーカイブ

50歳を過ぎて独立起業

人生100年と言われている。早期退職をして、55歳くらいで隠居生活をするには早すぎる。退職金をたくさんもらっても、何もせずに人生を終わるほど退屈なことはないと思う。

50代の再就職率は極めて低い。それは50歳が老人扱いだから、体力的にも精力的にも無理できないことは本人も周囲の人たちもわかっている。そうなると以下にその人が優秀であっても再就職は極めて難しい。親会社にいれば子会社、関係会社に天下りもできよう。しかし、平社員で終わった人が関係会社に再就職しても邪魔扱いだろう。

そんな扱いを受けるくらいならいっそ独立して会社を起こしたほうがまし。とも思える。

しかし、これまた大変な決断でもある。そもそも独立したとしてまともに仕事が受けられるかどうかである

おそらく起業直後は一人だけ。すべてを自分一人でしなくてはならないだろう。面倒な書類作成から立案、営業、通常業務、請求書、帳簿の作成などなど。

いかに会社員が楽かというのがわかるというものである