Append」タグアーカイブ

Blender2.91 外部ファイルからオブジェクトの読み込みAppend

外部ファイルからオブジェクトの読み込みAppend処理

Blendファイルのオブジェクトを読み込む。他のスクリプトで、オブジェクトを全部削除してから処理をするため、別ファイルのオブジェクトを読み込めると作業が減って便利。

file_path:フルパスでBlendファイルを指定する

inner_path:タイプ、ここではオブジェクトobjectを指定した。マテリアルの場合はmaterial等になる。

object_name:オブジェクトの名称、できるだけ作成時に重複しない名称がよい。

以下のスクリプトは読み込んだオブジェクトのスケールを縮小した。

import bpy
import os
 
 
# 既存要素削除
for item in bpy.data.meshes:
    bpy.data.meshes.remove(item)
 
        
file_path = '/Users/toshiromaseda/Documents/blender/model/テスト、研究モデル/Neko/Neko_simple_001.blend'
inner_path = 'Object'
object_name = 'Neko'
 
bpy.ops.wm.append(
    filepath=os.path.join(file_path, inner_path, object_name),
    directory=os.path.join(file_path, inner_path),
    filename=object_name
    )

bpy.context.scene.cursor.location=(0.0,0.0,0.0)
# 指定オブジェクトを取得する
#arg_objectname='Neko'
selectob = bpy.data.objects[object_name]
selectob.select_set(True) #2.9
bpy.ops.transform.resize(value=(0.37,0.37,0.37)) # 図形を変形